(出典 img.footballchannel.jp)



VARから助言を受ける主審に「続けよう」とノーファウルアピール

 バルセロナは現地時間9日、ホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第27節ラージョ・バジェカーノ戦で3-1の勝利を収めた。この試合中、バルサ主将のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが主審に対して見せた“ある行動”が反響を呼んでいると、スペイン紙「マルカ」が報じた。

 リーグ戦で首位を快走するバルセロナは前半24分に先制点を許すも、同38分に元スペイン代表DFジェラール・ピケが同点ゴール。後半にはメッシのPKとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの得点で逆転勝利を挙げた。

 注目を集めているのは1-1で迎えた前半43分、メッシが敵陣で突破を試みたシーンだ。スペイン代表DFジョルディ・アルバからパスを受けたメッシは、ペナルティーエリア手前からドリブルを開始した。ダブルタッチで相手2人の間をすり抜けてエリア内へと侵入し、3人目をかわしたところで相手MFジアネリ・インブラと交錯。こぼれたボールをDFジョルディ・アマトが突き出してラージョ・バジェカーノは難を逃れた。

 メッシはその交錯時にバランスを崩して尻餅をついた。これを受けて、一部のバルセロナの選手がメレロ・ロペス主審にPKを要求。主審は耳に手を当ててVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)と交信する仕草を見せたが、結局プレーはそのまま続行された。

 なぜ、主審は「オン・フィールドレビュー」(ピッチ脇のモニター)で映像を確認しなかったのか。

 リーガの国内中継を担当する地元テレビ局「モビスター」の番組「El Dia Despues on Movistar Plus」が、公式ツイッターでその直後のシーンを国際映像では見られなかった別角度からの映像も加えて公開した。それによると、立ち上がって歩き始めたメッシが左手を胸の前で横に振りながら、主審に向かって「(映像を)見るな。続けよう、続けよう」と言っているとみられる姿が捉えられていた。それに対してロペス主審も、親指を立てて応えていた。

「偉大な行為」「最大のフェアプレー」と称賛の嵐

 この投稿に対して、アトレチコ・マドリードなどリーガの多数のチームで指揮経験のあるアルゼンチン出身のホルヘ・ダレッサンドロ氏は、「ありがとう。これは偉大な行為と称されるでしょう……フェアプレー」と称賛のコメントを残している。その他にも「最大のフェアプレー」「言葉も出ない。神だ」「バルサのことは嫌いだけど、こういう行いが、我が人生の最高のプレーヤーメッシだと証明する」「それを言える唯一の選手」など、多くの賛辞が寄せられていた。

マルカ」紙も、「サッカー選手がPKではないと主張するのは珍しい。それこそが、バルセロナ主将が素晴らしいということ」と綴っており、メッシが見せた偉大な振る舞いはクラブの垣根を越えて称賛の声を集めている。(Football ZONE web編集部)

バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)