(出典 www.footballchannel.jp)



ナポリを率いるカルロアンチロッティ監督がレアル・マドリー時代の恩師であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの凄みを語った。

マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーで数々の栄光を掴み取り、今シーズンからユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。新天地イタリアでも圧倒的な攻撃性能を見せつけている。そして、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でも自身8度目のハットトリックを達成。敵地での1stレグを0-2で落としたユベントスだったが、C・ロナウドの活躍により、ベスト16逆転突破を果たした。

かつて率いたレアル・マドリーでそのC・ロナウドと共闘したアンチロッティ監督。『スカイスポーツイタリア』の独占インタビューで、C・ロナウドとほかの選手の違いについて次のように話した。

ロナウドは絶対にあのような類のゲームで失敗しない。ほかにも重要な試合でうまくプレーする偉大な選手がいるが、彼は自分自身で奮い立たせる。それこそが彼のようなチャンピオンとほかの偉大な選手との違いさ」

「私は彼と一緒に楽しい時間を過ごさせてもらった。ほかの者も同じように感じているはずだ。私自身はもう十分に彼との時間を楽しませてもらったよ。(ユベントス?) 彼らはすごく強い。あのアトレティコでも対応が簡単じゃない」

ユベントスは凄まじい印象を残したね」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)