(出典 img.footballchannel.jp)



チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンが同僚のベルギー代表MFエデン・アザール(28)の去就に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

長らくレアル・マドリー行きの噂で注目を集めるアザール。先日、“憧れの人”ジネディーヌ・ジダン氏がレアル・マドリー監督に再任したことを受け、サンティアゴ・ベルナベウ行きの憶測がより熱を帯びている。

そうしたなか、ウィリアンがアザールの様子について次のように言及。レアル・マドリーに行きたいオーラを醸し出すことなく、チェルシーでのプレーに集中していることを明かしつつ、個人としてさらなる共闘を願った。

「彼はレアル・マドリーの話を何もしていない。ただチェルシーのためにプレーしたがっているだけだよ」

「僕の願いは彼が僕らのところに残ってくれること。彼は素晴らしい選手で、ベストプレーヤーの1人だ」

「彼は友人でもある。共闘したなかでも最高の1人さ。僕らから話せるのは残ってほしいということだけ。以上だ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)