(出典 portal.st-img.jp)



3連敗で無得点と泥沼の鳥栖 データ上でも厳しい現実

 試合終了後、アウェーまで駆けつけたサガン鳥栖サポーターに挨拶してからロッカールームへと引き下がる際、フェルナンド・トーレスの険しい表情が印象的だった。怒りと落胆を押し殺すのに精一杯であるように映った。チームは開幕からリーグ3試合無得点で3連敗。ルイスカレーラス新体制は、あまりに厳しい船出となっている。

 昨季ロングボールを多用する堅守速攻のスタイルで残留争いを乗り切った鳥栖は、今季スペイン指揮官を招聘し、これまでとは全く逆のポゼッションサッカーシーズン前のキャンプから舵を切った。しかし、開幕戦の名古屋グランパス戦を0-4、第2節のヴィッセル神戸戦を0-1と連敗。10日に行われた第3節のFC東京戦も0-2で落とし、昨季まで武器だった堅守も今季は3試合で7失点を喫している。

 攻撃に重点を置くスタイルに切り替えたため、昨季よりも失点が増してしまうのは仕方のないことだろう。しかし、問題なのは得点を奪えていないことだ。全18チームで唯一のノーゴールとなっており、試合を通しても得点の匂いがほとんどしないうえに、相手陣地で効果的なポゼッションに取り組めていないのも深刻な課題として浮かび上がっている。

 では、具体的に鳥栖の攻撃には何が欠けているのだろうか。データ会社「InStat」の算出した数値を基にすると、対戦相手と比較して顕著に劣っているのは、90分間におけるペナルティーエリア内でのチャレンジ数及び、その成功数だ。

 チャレンジ成功数とは、ボールを受けてから次のアクションに持っていくことができたか否かの基準となり、例えばペナルティーエリア内でボールを受けた後、1対1のドリブル突破を仕掛けてクリアされてしまったとしても、ボールを受けてからドリブルに持っていくチャレンジには到達しているため、成功数にカウントされる。これ踏まえたうえで3試合の対戦相手と比較すると、鳥栖に不足している要素が浮かび上がってくる。

(ペナルティーエリア内でのチャレンジ合計数/成功数)

・第1節
名古屋(26回/15回)
鳥栖(16回/7回)

・第2節
神戸(27回/10回)
鳥栖(17回/4回)

・第3節
FC東京(28回/15回)
鳥栖(19回/10回)

 直近のFC東京戦では多少の改善が見られたものの、それでもここまでは対戦相手に圧倒的な大差をつけられている。さらに鳥栖は、このチャレンジ回数の内訳にも問題点がある。それはトーレスへの依存傾向だ。

トーレス頼りの現状…クエンカに求められる役割は?

 トーレスのペナルティーエリア内におけるチャレンジ回数と成功数は、名古屋戦で(8回/4回)、神戸戦で(4回/2回)、FC東京戦で(10回/6回)となっており、チーム全体の数値の大半をトーレスが占めていることになる。

 つまり、今季の鳥栖はペナルティーエリアでの仕事のほとんどをトーレス一人に託していることになり、対戦相手からすればトーレスさえ封じれば鳥栖の突破口を断つことができるという、極めて対策のしやすいチームとなってしまっているのが現状だ。

 そこで解決策となり得るのが、新戦力FWイサック・クエンカだ。2011年当時バルセロナを率いていたジョゼップ・グアルディオラ監督にも才能を買われ、下部組織からトップチームへ引き上げられたこともあり、パスワークを象徴する“ティキ・タカ”が体に染みついているだけでなく、サイドから切れ味鋭いドリブル突破する打開力も備えている。

 FC東京戦では後半15分に途中投入され、移籍後初出場を飾るも、その1分後にMF高橋秀人が2枚目のイエローカードで退場処分を受けることに。数的不利な状況に追い込まれ、クエンカ自身も守備に比重を置いてプレーすることを余儀なくされた。

 それでも、今後の鳥栖の攻撃陣をけん引する起爆剤となる可能性は十分にある。クエンカに求められるものこそ、上記のデータが物語るように、トーレスに頼り切りとなっているペナルティーエリア内でのチャレンジだ。クエンカが攻撃陣の連係、もしくは個人の突破でペナルティーエリア内に侵入する回数が増加すれば、相手マークも分散し、トーレスの本領を引き出すことにもつながるはずだ。

 トーレスFC東京戦後、デビューを飾ったクエンカに対して「イサックは自分たちにとってキーとなるプレーヤー。本当に重要な選手で、できるだけ早く100%の状態にしてほしい」と、新エースの活躍を心待ちにしていた。泥沼のスタートを切った鳥栖だが、ここから反撃の狼煙を上げることを期待したい。(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

サガン鳥栖は、開幕からリーグ3試合無得点で3連敗と苦しんでいる【写真:Noriko NAGANO】


(出典 news.nicovideo.jp)