(出典 www.football-zone.net)



ソラーリ監督解任&ジダン監督復帰が決定 新監督とベイルの関係性は?

 レアル・マドリードは現地時間11日にサンティアゴ・ソラーリ監督を解任し、昨季まで指揮を執っていたジネディーヌ・ジダン氏の就任を正式発表した。選手からの信頼が厚いカリスマ指揮官の電撃復帰はチームに何をもたらすのか。英メディアは不遇のウェールズ代表FWギャレス・ベイルの扱いに注目している。

 前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を置き土産に辞任してクラブを去ったジダン監督だが、わずか10カ月でのスピード復帰を果たした。後任を務めたフレン・ロペテギ前監督はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントスへ移籍した後のチームをまとめ上げることができずに早々に解任。ソラーリ前監督も就任直後にはチームを立て直したが、国王杯(コパ・デル・レイ)とCLで敗退するなど結果を残せなかった。

 主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとフロレンティーノ・ペレス会長の衝突が伝えられるなど、チームは崩壊寸前というなかで、ジダン氏に再建が託された。ペレス会長から直接要請を受け、オファーを快諾したという。

 そこで注目なのは、ジダン新監督とベイルの関係性だ。ウェールズ代表FWはロナウド移籍後のエースとして期待されたが、今季は公式戦34試合で13得点にとどまっている。毎年50得点を挙げてきたロナウドとの比較は酷だとはいえ、厳しい批判は避けられない状況で、ソラーリ前監督の下ではスタメン起用の機会が限られていた。

昨季CL決勝前にジダン監督はベイル売却に賛成していたとの報道も…

 英紙「デイリーメール」は、「ジダン就任がベイルに何をもたらすのか」という特集を組んでいる。しかし、その回答は「おそらくあまりいいとは言えないだろう」というものだった。

 第1次政権時もジダン監督はベイルをローテーションで起用する機会が多かった。そのため、これから始まる第2次政権でもその状況にあまり変化がないのではという見方だ。

 昨季のCL決勝のリバプール戦(3-1)ではジダン監督がベイルをスタメンから外したことが大きな話題にもなった。ベイルオーバーヘッドシュートで決勝点を奪うなど2得点と活躍したが、のちにスタメン落ちの怒りが原動力だった明かしている。

 また、スペイン紙「エル・パイス」ではジダン監督はそのCL決勝前にベイル売却に賛成していたとも報じられている。代わりにエジプト代表FWモハメド・サラーリバプール)やベルギー代表MFエデン・アザールチェルシー)、イングランド代表FWハリー・ケイントットナム)の獲得を目論み、その資金捻出を望んでいたためだ。

 ジダン監督の再登板は悩めるベイルにとっての光明となるか。それとも再び不遇の日々が訪れるのか。カリスマ復帰で訪れる変化に注目だ。(Football ZONE web編集部)

ジダン新監督(左)とベイル(右)の関係性に注目が集まる【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)