(出典 amd.c.yimg.jp)



イギリス『エクスプレス』はマンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)の居座り意思を報じた。

2018年1月にアーセナルから加わり、クラブ最高給の週給50ポンド(約7200万円)を受け取るサンチェス。だが、アーセナル時代のような輝きはない。現在も負傷離脱中であり、コンディション不良が相次ぐ状況も相まって、インパクトを欠いたシーズンを過ごしている。

そうした日々のなかで、ベルギー代表FWロメル・ルカクイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードら自身と同じ前線の選手が今シーズン途中から立ち上げのオーレ・グンナー・スールシャール体制下で存在感を発揮。サンチェスの立場は日に日に危うくなっている。

そのため、ユナイテッドは今夏の補強資金をより充実させるべく、クラブ屈指の高給取りであるサンチェスの放出を視野に入れ始めているという。ただ、ある情報筋によれば、サンチェス本人に現時点で退団の意思はなく、ユナイテッドにとどまることを希望している模様だ。

なお、そのサンチェスを巡っては以前、パリ・サンジェルマン(PSG)やスペインクラブの関心が取り沙汰されたが、どのクラブも現給与を支払っての獲得に消極的とのことだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)