(出典 football-tribe.com)



マンUアウェーゴールの差で敗れベスト8ならず「僕たちはパーティーを台無しに…」

 パリ・サンジェルマンPSG)は現地時間6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-3で敗れ、2戦合計3-3ながらアウェーゴールの差で敗退を喫した。フランス代表FWキリアン・ムバッペはそれ以降、よく眠れていないと心境を明かした。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 PSGは敵地で行われたユナイテッドとの第1戦で2-0と勝利し、優勢でホームでの第2戦を迎えた。ところが、開始わずか2分で先制ゴールを奪われると、前半12分に同点に追いついたものの、同30分に再び勝ち越された。2戦合計3-2とリードしたまま試合終盤を迎えたが、後半アディショナルタイム4分の土壇場で、フランス代表DFプレスネル・キンペンベがVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)によりハンド判定でPKを献上。これを決められ、まさかの敗退となった。

 ムバッペはフランステレビ番組「テレフット」のインタビューで、「呆然としている…。言葉も見つからない」と述べ、現在の心境を明かしている。

「正直、(CLは)僕たちの目標だった。それに向けて毎日練習してきた。サポーターも僕たちとともにいた。スタジアムはいっぱいで、ファンは僕たちの後ろで彼らの仕事をしてくれた。本当に魔法のような雰囲気だったのに、僕たちはパーティーを台無しにした。壊したくはなかったが、壊してしまった。

(第2戦で負けてから)眠れていないけど、おそらく他のみんなも同じだと思う。難しい。僕たちはハードワークをしてあのステージにたどり着いたのに、今は敗退。がっかりしている。でも、サッカーはこれからも続く。気を取り直して、今季を終えるよう努力する」

 レアル・マドリードバルセロナ移籍の噂が浮上しているが、ムバッペは「来季もここにいると確信している。それはすでに決まっていたこと。今回の敗退が原因でどんな問題が起こったとしても、そこに僕の個人的なことを入れるのは意味がない」と一蹴。CLで味わった悔しさをリーグ戦での爆発につなげることを誓っている。(Football ZONE web編集部)

ムバッペがCL敗戦後の胸中を明かした【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)