(出典 f.image.geki.jp)



デビュー10周年インスタグラム投稿が波紋「この10年間で多くのことを成し遂げた」

 レアル・マドリードパリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールに対し、移籍金3億5000万ユーロ(約437億円)の超大型オファーを準備したと噂されている。そんななか、ネイマールは古巣サントスでのデビューから10年が経ったことを祝うべく、自身の公式インスタグラムを更新。「僕は夢を実現させるために、可能なことも、不可能なことさえもやるつもりだ」と書き記したことで、レアルへの移籍話が過熱している。スペイン紙「スポルト」が報じた。

 ネイマールにとっては、浮き沈みの激しい1週間だった。サントスでのデビューから10年が経過したことへの喜びとは対照的に、怪我の影響で欠場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではPSGが敗退する失望を味わった。

 また、8日付けのスペイン紙「スポルト」によれば、レアルネイマール獲得を説得するためにPSGに3億5000万ユーロ(約437億円)の支払う用意をしたと報道。レアルの宿敵であるバルセロナに所属していた選手が、レアルへ移籍するのか大きな注目を集めている。

 そんななか、ネイマールデビュー10周年を祝うために自身の公式SNSに過去、現在、未来について言及したメッセージを投稿した。

「すべてがこの写真(サントスでのデビュー)から始まった。誰もが夢見ることを実現したいと思っていた。大きな夢をね。10年、僕は勝ち取り、しくじり、失い、間違い、試みて、台無しにし、後悔した。そして何よりも多くのことを学んだ。僕はこの10年間で多くのことを成し遂げた。多くのものを獲得し、勝利したことを残りの人生でも覚えているだろう。だが、そこから学ぶためにともに残る敗北もあるんだ」

「僕はまだ夢を見続けます。“型破り”が僕のミドルネームだからね」

 また、ネイマールは最後に“夢”に言及したことを書き記したことで、レアルへの移籍話が過熱している。

「神よ、あなたが僕に与えてくれたスキルと僕がサッカーをする時に感じる喜びに感謝しています。説明することはできないが、この“ボール”と呼ばれるものが大好きです。10年が経ったけど、僕はまだ夢を見続けます。そして僕は夢を実現させるために可能なことも不可能なことさえもやるつもりだ。“型破り”が僕のミドルネームだからね」

 新たな夢の実現に動くことを示唆するようなメッセージは、レアル移籍への布石となるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

FWネイマールがレアル移籍を示唆?【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)