(出典 www.theworldmagazine.jp)



ユーベのアッレグリ監督、レアルからオファーの可能性 英紙や伊紙が報道

 イタリア王者ユベントスは現地時間20日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、アトレチコ・マドリードとの第1戦を敵地で0-2と敗れた。今季はすでにイタリア杯も敗退しているなか、来季の監督人事として“将軍”の古巣復帰が囁かれている。

 ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は2014年夏からチームを率いて5シーズン目に入っている。その間にセリエAイタリア杯は全てのシーズンで優勝し、4季連続の国内2冠を達成してきた。一方で、CLの舞台では決勝で敗れるなどわずかに頂点に届いていない。

 今季はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、CL制覇への機運を高めたシーズンになっているが、16強第1戦でアトレチコに0-2と敗戦。ホームで迎える第2戦では最低でも2-0で延長戦突入、失点すれば3点差以上の勝利が必要な状況に追い込まれた。

 それに加え、英紙「デイリーミラー」やイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、アッレグリ監督が夏にレアル・マドリードからのオファーを受ける可能性を指摘している。レアルは今季開幕をフレン・ロペテギ監督で迎えたが途中解任し、現在は暫定監督から正式監督に昇格したサンティアゴ・ソラリ監督が率いている。その一方で、来季に向けて仕切り直しを行う可能性が小さくないという。

ユーベの副会長ネドベド氏、ジダンの古巣復帰をプッシュか

 そこでユベントスの新指揮官として浮上しているのが、現役時代にトップ下として活躍した元フランス代表の“将軍”であるジネディーヌ・ジダン氏だという。デイリーミラー紙では、マウリツィオ・サッリ監督の去就問題が浮上しているチェルシージダン氏の招聘を狙っているものの、ジダン氏は古巣ユベントスからのオファーを心待ちにしていると報じた。

 またガゼッタ紙は、ユベントス副会長を務めるパペル・ネドベド氏がジダン氏の監督就任をプッシュしているという。ネドベド氏は現役時代、ジダン氏がユベントスからレアルへ移籍したのと入れ替わるタイミングユベントスに加入し、大車輪の活躍を見せた。

 仮にジダン氏のユベントス復帰が実現すれば、レアルでCL3連覇を成し遂げたロナウドとのタッグも復活することになる。アトレチコとの第2戦の結果は、5シーズンの指揮という節目を迎えるアッレグリ政権の行方、後任としてジダン氏の復帰動向に影響を与えそうだ。(Football ZONE web編集部)

ジネディーヌ・ジダン氏【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)