(出典 lfclab.jp)



伊王者が昨季プレミア得点王獲得を視野と「スカイニュースアラビア」が報道

 セリエA絶対王者ユベントスが昨季のプレミアリーグ得点王、エジプト代表FWモハメド・サラーリバプール)の獲得を視野に入れていると「スカイニュースアラビア」が報じた。移籍金はブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマン)の2億2200万ユーロ(約277億円)に次ぐ、歴代2位の2億ユーロ(約250億円)にも及ぶという。

 2017年夏にセリエAローマからリバプールへ移籍したサラーは、1年目からチームフィットしてゴールを量産。プレミアリーグ記録を更新する32ゴールで得点王に輝いた。今季もここまで17ゴールアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと並び、得点ランキング首位を走っている。

 そんなサラーを狙うメガクラブが現れたようだ。それがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを擁するユベントスだ。

 記事によれば、選手の中でも絶対的存在であるロナウドクラブ幹部がサラー獲得にゴーサインを出しているという。移籍が実現すれば、その移籍金は2億ユーロという巨額になるとも伝えられている。

 ユベントスは昨季セリエAで前人未到の7連覇を達成。今季も23試合を終えた時点で唯一無敗、2位ナポリに11ポイント差を付けて首位を快走している。国内で敵なしの絶対王者はさらなる大型補強を進めることになるだろうか。(Football ZONE web編集部)

リバプールFWサラー【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)