no title

 1月某日、マンチスターの“赤い劇場”のほど近く、約100年前に建てられた巨大な元倉庫がエメラルドグリーンに染まった。ニューバランスイギリスマンチスター市内で新スパイクの発表イベントを開催。会場にはFURON(フューロン)を愛用するセネガル代表FWサディオ・マネ(リヴァプール)が登場した。

 今回発表されたのは、新たにアップデートされた『FURON V5 PRO』 と新色を纏った『TEKELA(テケラ)1.0 PRO』。ともにカラーエメラルドグリーンが採用されている。イベントの主役であるマネは、ステージに登壇し愛用するFURONについて「僕の要望にすべて応えてくれて感謝している。僕のスピードをより上げてくれるからね。ピッチでとても自信を持てるし、このスパイクにすごく満足している。これからもニューバランスとのパートナーが楽しみだね」と話して会場を盛り上げた。

 FURONは「圧倒的な加速性能をテーマにしたゴール前で決定機を狙うストライカー向けモデル」。今回のアップデートでは軽さやフィット感、そして加速性能がさらに磨かれた。プロダクトマネージャーのロブ・シェルドンさんは「さらに軽く、スピードを生むシューズを作ることにこだわりました」と解説する。

ソールプレートから中心部を取り除くことで重量を軽くしたことが重要なポイントです。この工夫のおかげで無敵の加速力が生み出されます。また、アッパー表面を一体化した構造にしたこともシューズの重量を軽くし、さらに足を入れた時に抜群のフィット感をもたらしてくれます」

「FURONが合うのは、止められない勢いのあるスピードパワーを兼ね備え、精確なシュートを決められるような選手です。サディオ・マネがまさにイメージ通りの選手です。サディオは密に協力してくれて、我々がシューズに捧げる技術や工夫も理解してくれています」

 マネ本人はスパイク選びについて、「まず軽さを重視します。そして快適さも重要です。軽くても、快適でないとうまくシュートを打つことができないからね」と明かし、「FURONの全てが気に入っているよ。特に軽いところ、シュートを打つ時などにスピードを与えてくれるところが好きだし、とても快適だ」と愛用するスパイクについて力説した。

 新型FURONと新色TEKELAは、日本で2月15日(金)に発売される。シェルドンさんは、「世の中には素晴らしいスパイクが多く、たくさんの選択肢があります。日本の若者にはニューバランスが掲げる“Fearlessly Independent”(独自性を貫く存在)であって欲しい。FURONとTEKELAには提供できるものがたくさんあります。ぜひニューバランスを選んで、試して、私たちが注ぎ込んだイノベーションや技術を楽しんでほしいです」と若き選手たちにアドバイスを送った。

 そしてマネも「スキルのある選手やスピードのある選手に勧めたいね」と愛用のFURONをオススメ。「日本の若者たちには、『一生懸命に練習をすること』を伝えたい。サッカー人生では何かを犠牲しなくてはならないかもしれないけど、諦めないで頑張ってください」と日本のユース世代にエールを贈った。

マネがニューバランスの新スパイク発表会に登場 [写真]=New Balance


(出典 news.nicovideo.jp)