(出典 afpbb.ismcdn.jp)



12日のCL16強PSG戦に向けGKデ・ヘアが勝利期す「僕らは何かを勝ち取るチーム

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンPSG)と対戦する。守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは「僕らは何かを勝ち取るチーム」とPSG戦の勝利を期している。

 ユナイテッドは9日、プレミアリーグ第26節のフルハム戦で3-0と勝利。これでオレ・グンナー・スールシャール氏が暫定監督に就任して以降、11試合負けなしとなっている。

 一方、PSG1月23日に行われたクープ・ドゥ・フランスフランス杯)ラウンド32のストラスブール戦(2-0)でブラジル代表FWネイマールが負傷交代。9日にはリーグ第24節ボルドー戦(1-0)でウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニも負傷交代し、12日の試合では両者の出場が危ぶまれている。

 とはいえ、デ・ヘアはフランステレビ局「テレフット」に対してPSGが下馬評で有利と主張。そのうえで「非常に激しいゲームになる。彼らが本命だけどが、僕らはやる気に満ちているし、みんなこの試合で勝ちたいと思っている。非常にタイトな試合になるだろうね」と意気込みを語った。

 またデ・ヘアはFAカッププレミアリーグ、CLの3つのタイトルを獲得するチャンスが残っていることに対して、「僕らは何かを勝ち取るチームだ」と強調。「(フランス代表MF)ポール・ポグバが僕たちには欠かせない。(フランス代表FW)アントニー・マルシアルは止められない。そして僕ら全員が決勝に出ようと努力している」と良いチーム状況を明かした。

 PSG戦ではチームメイトの活躍だけでなく、守護神であるデ・ヘアの働きも不可欠。ビッグセーブを連発し、チームを勝利に導くことができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・ユナイテッドGKデ・ヘア【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)