(出典 nordot-res.cloudinary.com)



ベナティアは積極補強のアル・ドゥハイルに期待「ACL制覇という目的を達成できる」

 今冬の移籍市場で、日本代表MF中島翔哉ポルトガル1部ポルティモネンセからカタール1部アル・ドゥハイルへ移籍したのは、記憶に新しいところだろう。時を同じく、モロッコ代表DFメディ・ベナティアも新天地をアル・ドゥハイルに求めた。欧州のビッグクラブからもオファーが届いていたベナティアは、クラブ公式サイトでその理由を明かしている。

 イタリア王者ユベントスプレーしていたベナティアの下には、プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドを含め、複数のクラブからオファーが届いていたという。だが、31歳のDFは、戦いの舞台を欧州から中東に移すことを決断した。

 これまでバイエルンローマユベントスといった欧州の名門を渡り歩いてきたベナティアは、「アル・ドゥハイルとの交渉は長期にわたった」と語り、決断が簡単ではなかったと説明。そして「ドーハにいることが、私にとっても、私の家族にとっても、最善のことだと思う。アル・ドゥハイルで多くの目標を達成したい」と、新天地での意気込みを語った。

 アル・ドゥハイルは今冬、ベナティアや中島を積極的に獲得。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇という目標の下に、クラブが補強を行っていることも、ベナティアの心を動かした要因の一つだという。「クラブはルイ・ファリアという素晴らしい監督と契約した。日本人の中島との契約も良いものだ。そして、もともとクラブにいる選手たち。これらが集まることで、ACL制覇という目的を達成できると思う」と述べている。

イスラムの世界で子供を育てたかった」と家族を優先に考えた決断だと説明

 だが、ベナティアカタールへ行くことを決めた最大の理由は、別にあるという。マンチェスター・ユナイテッドなどのオファーを袖にして、中東のクラブへ移籍したことから、批判も受けたという。だが、自身の判断を受け入れてほしいと、その理由を明かした。

「ドーハに来たことで、モロッコでは批判的な記事が出ているのも目にした。でも、みんなに僕の決断を理解してほしい。イスラムの世界で子供たちを育てることが、僕にとっても、僕の家族にとっても最善だったんだ。UAEサウジアラビアクラブに行くこともできた。でも、アル・ドゥハイルがベストだったんだ。中東では多くのモロッコ人選手もプレーしている。モロッコ代表のエルベ・ルナール監督も、僕のことをよく知っている。もし彼が私のことを『代表にふさわしくない』と感じれば、その判断は受け入れるよ」

 モロッコ代表でのキャリアも懸けての決断だったことを明かしたベナティア。批判をしっかり見返すことができるかどうかは、中島らとともに迎える2019年パフォーマンスに懸かってくる。(Football ZONE web編集部)

ベナティアがアル・ドゥハイル移籍を選んだ理由とは?【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)