(出典 livedoor.blogimg.jp)



マンチェスター・ユナイテッドが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得を画策しているようだ。スペイン方面の情報をもとにイギリスTEAMtalk』が伝えている。

アヤックス下部組織出身のデ・リフトは、2016年17歳アヤックストップチームデビューを飾った。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバック。さらに、足下の技術や積極的な持ち上がりなど、攻撃面の貢献も著しい逸材だ。

そんなオランダ代表の逸材に関しては、バルセロナマンチェスター・シティユベントスバイエルンリバプールなどのビッククラブが関心を寄せており、争奪戦が繰り広げられている。そんな中、ユナイテッドもデ・リフトに関心を寄せているという。

また、アヤックスは、デ・リフトの移籍金として1億ユーロ(約124億円)を要求しているようだ。しかし、ユナイテッドはデ・リフトの代理人であり、厚い信頼を寄せているミーノ・ライオラ氏のサポートを受けて8000万ユーロ(約100億円)での獲得を画策しているようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)