(出典 image.news.livedoor.com)



英紙で自身の役割に言及 「僕は全くセルフィッシュではない」

 チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールは今季プレミアリーグで12得点をマークし、キャリアハイである2016-17シーズンの16得点に迫る勢いでゴールを重ねている。マウリツィオ・サッリ監督やジョゼ・モウリーニョ元監督などから、より多くのゴールを求められてきたというが、本人はアシストも含めたトータルでのチームへの献身を心がけているとの持論を展開している。

 英紙「ザ・タイムズ」のインタビューに応じたアザールは、今季からチームを率いるサッリ監督の哲学に感銘を受けているという。

「彼はオールド・マンだが、彼のやり方は僕が考えるフットボールと同じものだ。僕らがボールを持っている時には、自由が与えられている。それは僕だけではなく、ストライカーにも、右サイドのウィリアンやペドロ(・ロドリゲス)も同じで、より多くの動きが求められるんだ」

 ポゼッション志向のサッリ監督のサッカーは、モウリーニョ元監督やアントニオ・コンテ前監督の時とは異なるスタイルだが、アザールにとっては好印象で、好ましいスタイルの一つだと言及している。「まだ彼のコンセプトを学んでいるところ」とした一方で、サッリスタイルでのプレーに充実感も抱いているようだ。

 そうしたなかで、自身が担う役割については、監督たちから求められるものと考えが異なる部分もあるという。アザールはこのようにも語っている。

「僕は全くセルフィッシュ(自己中心的)ではない。そうなれば世界最高の選手になるうえでの欠点になってしまうかもしれない。モウリーニョやコンテ、今のサッリと監督たちは僕にシーズン40、50点取ってほしいと思っているみたいだけど、それは僕にできるだろうか? 確信はない。おそらく彼らは僕ならできると考えているようだけど、僕は自分自身のことをよく知っている。僕にできるとは思っていない。もちろん、トライはするけどね」

「他の選手が得点するためのパスを出すのも好きなんだ」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)といった世界トップに君臨する選手は、年間50得点を決めた実績を持つ。あらゆる名将が、アザールにもそうしたポテンシャルがあると確信し、実現を期待しているようだが、本人は異なる見解を持っているようだ。

「僕も“スター”になりたいとは思うけど、僕だけじゃなく、他の選手が得点するためのパスを出すのも好きなんだ。僕の目標はチームの勝利を助けることだからね」

 “未来のバロンドール”と期待されて久しいアザールだが、自らのスタイルを崩すことなく世界最高への道を突き進んでいる。(Football ZONE web編集部)

チェルシーのMFエデン・アザール【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)