(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



シント=トロイデンを率いるブライス監督がアジア杯での活躍に言及

 アジアカップで準優勝に終わった日本代表にあって、最も株を上げた選手と言えばDF冨安健洋だろう。188センチの長身とライン統率力、対人プレーでの落ち着きは20歳と思えぬ貫禄で存在感を示したが、代表活動を終えて所属するシント=トロイデンに合流後初戦となる一戦に向け、地元メディアでも期待が高まっている。

 ベルギーサッカー専門メディア「VOETBAL België」は、「STVV(シント=トロイデン)は力強いトミヤスが復帰してきた」とのタイトルで、現地時間9日に行われるジュピラーリーグ第25節ベフェレン戦の展望を掲載している。

 同メディアは「日本代表のMFであるワタルエンドウ(遠藤航)はアジアカップでの負傷によって、彼の母国でリハビリに取りかかっている。それは彼の家族と過ごす時間でもある」と遠藤らの離脱に触れるとともに、冨安のアジア杯の活躍ぶりについても「タケヒロ・トミヤスは先週末のアジアカップ決勝でプレーし、素晴らしい働きを見せて日曜日にはシント=トロイデン対オイペン戦を観客として見守った」と記している。

 それとともに触れているのはマークブライス監督の“冨安評”だ。

「彼は若くしてかけがえのない経験を手にした。それは彼にとってインパクトの大きいものだったと思うし、彼は今そのメンタルSTVVに注入しなければいけないし、その姿勢でいれば成功するのは確かだろう」

 冨安に対する期待値の大きさを感じさせる。アジア杯期間中には日本の福岡にあるスクールの出身者として、バルセロナの公式サイトでも取り上げられた冨安。将来有望な注目銘柄になりつつある未来のディフェンスリーダーは、ベルギーで今後どのような活躍を見せてくれるだろうか。(Football ZONE web編集部)

冨安のアジアカップでの活躍ぶりについて、地元メディアで大きく報じられている【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)