(出典 img.footballchannel.jp)



 ユヴェントスに所属するイタリア人DFダニエレ・ルガーニは同クラブと新契約を締結するようだ。7日にイタリアメディア『カルチョメルカート』が報じている。

 同選手は以前からチェルシー移籍が噂されており、指揮官のマウリツィオ・サッリ監督との再会が濃厚とされていた。サッリ監督にとってルガーニはエンポリ時代の教え子であり、その能力を高く評価しているようだ。

 しかし、ルガーニはユヴェントスにより新契約を提示された模様。2023年までクラブに残留することができる長期契約だという。同選手自身も残留を希望している一方、英移籍にも魅力を感じており今夏の移籍市場までには結論を出すと伝えられている。

ルガーニはユヴェントスと新契約を締結するようだ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)