(出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



 日本代表は24日、AFCアジアカップUAE2019準々決勝でベトナム代表に勝利し、準決勝進出を果たした。バルセロナクラブ公式HPで、シント・トロイデンの日本代表DF冨安健洋を称賛した。

 日本代表は21日、AFCアジアカップUAE2019 決勝トーナメント1回戦でサウジアラビア戦と対戦。冨安がアジア杯日本代表史上最年少記録となる20歳77日でのゴールを決め、1-0で勝利した。バルセロナの公式サイトは、冨安を「バルサに所縁のある選手」として紹介している。

 同サイトは、冨安がバルサアカデミー福岡校に3年間在籍していたことを紹介。当時から将来の日本代表を担う選手として、高く評価されていたと伝えている。

 バルサアカデミー福岡校でテクニカルディレクターを務めたイバン・パラシオ氏が、冨安の印象をコメントした。

「彼は控えめで真面目な選手だった。既に日本より高いレベルリーグプレーできることを証明していた。完璧で多才な選手だ」

 また、パラシオ氏は2011年スペインのコスタ・ブラバで行われたMICトーナメントの思い出を語った。

「彼はその大会で素晴らしいゴールを決めたんだ。サイドラインでチームメイト全員と祝っていたら、相手チームキックオフしようとした。主審がそれを止めてくれたんだ。それがなければ、相手は無人のゴールシュートを決めていただろう」

バルセロナの公式HPで紹介された日本代表の冨安 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)