(出典 www.golaco.club)



Sky』は24日、「ユヴェントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、ミランでの自分は本物ではなかったと話した」と報じた。

2017-18シーズンの開幕前、ユヴェントスからミランへと電撃移籍したボヌッチ。サン・シーロでいきなりキャプテンも任されるなど期待されたが、チームはそれほど結果を残せず。

さらにボヌッチはわずか1シーズンミランを離れ、古巣ユヴェントスへと復帰することになった。

彼は今回以下のように話し、ミランでのボヌッチは本物ではなかったと語ったという。

レオナルド・ボヌッチ

「僕は成熟したよ。決断を下す時、昔よりも合理的になった。

人生は成長できる経験をもたらしてくれるものだ。ピッチの内外を問わず、私はそれを通して強く生きてきた。

今、僕は言える。以前よりもいい男になったと。あるいは、少なくとも以前の自分とは違うと。

ミランでのボヌッチは、本当のボヌッチではなかったのさ」

ジェノアからミランに移籍したピョンテクについて)

「ピョンテクとミランの全てに幸運を祈るよ。起こったことには関係なく、あれは素晴らしい記憶として残っている。

自分を成長させてくれたという点でね。一人の人間というレベルで。それは、自分が故郷(ユヴェントス)に帰る必要があったという理由でもある」

イグアインチェルシーへと移籍したことについて)

「彼は友人だ。最近もともに夕食を摂ったよ。彼は良くしてくれたし、再び偉大な選手に戻ってくれることを望むよ」
ボヌッチ「ミランでは本当の自分じゃなかった」


(出典 news.nicovideo.jp)