(出典 f.image.geki.jp)



 サッカーに関する様々な歴史や記録などを扱っている国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は11月27日〜30日に、2018年に活躍した選手を表彰。各賞の受賞者を発表した。

 レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチはIFFHSの2018年世界ベストプレーメーカーに選出。レアル・マドリードではチャンピオンズリーグ優勝、代表ではロシアW杯の決勝に進出し、これまでにUEFA年間最優秀選手賞とザ・ベストFIFA男子最優秀選手賞を受け取っていた。

 90カ国のサッカー専門家の投票によって決まる同賞を受賞したモドリッチは、12月3日に発表されるバロンドールでも有力候補になっている。

 なお、同選手に続いてリオネル・メッシバルセロナスペイン)、エデン・アザールチェルシーイングランド)、ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・Cイングランド)、ネイマールパリ・サンジェルマンフランス)、ポール・ポグバマンチェスター・Uイングランド)、クリスティアーノ・ロナウドユヴェントスイタリア)などが名を連ねていた。

 また、最優秀GKはベルギー代表GKティボー・クルトワ(レアル・マドリードスペイン)が受賞。さらに世界のトップリーグで活躍するストライカーに贈られる「THE WORLD’S BEST TOP DIVISION GOAL SCORER」は、メッシが34得点で4度目の受賞を果たした。また、ブラジル代表FWジョナス(ベンフィカ)もメッシと同数のゴール数を記録しており、共に賞を獲得している。

 IFFHSが発表した各賞の受賞者は次の通り。

ベストプレーメーカー
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリードクロアチア代表)

ベストスコアラー
リオネル・メッシバルセロナアルゼンチン代表)
ジョナス(ベンフィカブラジル代表)

■最優秀GK
ティボー・クルトワ(レアル・マドリードベルギー代表)

■最優秀代表監督
ディディエ・デシャンフランス代表)

■最優秀クラブ監督
ジネディーヌ・ジダンレアル・マドリード

 12月1日12時50分、「ベストプレーメーカー」を「最優秀選手」と誤って記載していたので修正いたしました。

2018年個人賞を総ナメする勢いのモドリッチ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)