(出典 www.soccer-king.jp)



ベルリン 14日 ロイター] - サッカードイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は14日、マルコ・ロイスが15日の国際親善試合ロシア戦を負傷により欠場することを明言した。

ドイツブンデスリーガ1部のドルトムントプレーするロイスは、今季のリーグ開幕11試合で8ゴールと好調なプレーを見せ、無敗のチームに大きく貢献している。

しかし、レーウ監督はロイスが10日のバイエルン・ミュンヘン戦で軽い負傷があったことを明かし、「明日のゲームではプレーできないだろう」と報道陣に話した。

レーウ監督はロイスが14日のトレーニング参加を見送ることを明らかにし、「月曜日(19日)に向けて調整していけるかを見極めなければいけない」と、UEFAネーションズリーグオランダ戦を欠場する可能性も示唆した。

 11月14日、サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、マルコ・ロイス(写真)が15日の国際親善試合ロシア戦を負傷により欠場することを明言した。10日にドイツのドルトムントで撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)


(出典 news.nicovideo.jp)