(出典 i.ytimg.com)



サッカーの魅力のひとつでもあるフリーキック

ここでは、『sportskeeda』による「ユニークフリーキックスタンスをしている5人の選手」を紹介する。ただ、文字で説明しても伝わりにくいので、動画で見よう。

デイヴィッド・ベッカム

彼なくしてこの特集は成立しない。『Bend It Like Beckham』という映画のタイトルになったほど。

全体練習後にフリーキックを特訓していたというベッカムは、キャリア通算60ゴール以上をプレーキックから奪った。そのうちのいくつかは本当に美しいものだった。

そのスタンスは際立ったものだったが、若手たちがこぞってマネしたために、今ではそれほど独特ではないかもしれない。

例えば、レスターMFジェームズ・マディソンなどもベッカムのようなフォームをしている。

※マディソンがノリッジ時代に決めた一撃は、ベッカムギリシャ戦で決めた伝説的フリーキックと似ていると話題に。

ギャレス・ベイル

サイドバックからコンバートされ、最も致命的なストライカーのひとりになったベイルカットインからシュートに留まらず、フリーキックも習得している。

クリスティアーノ・ロナウドのような異色のスタンスをしているが、ボールの打ち方にはかなりの違いがある。

クリスティアーノ・ロナウド(UEFA.tvの動画再生はYoutube上で)

その才能についてはもはや説明不要のロナウドフリーキックテクニックスタンスは非常に魅力的で、見ていて楽しいものだ。

キャリア通算で50ゴール以上をフリーキックで奪ってきたが、最も有名なゴールはポーツマス戦での一撃だろう。

ロナウジーニョ

彼のボール扱いは比類ないものであり、全くもってうっとりするようなものだった。

人々はフリーキックスタンスにも虜になり、その決定力は口をあんぐり開けて見とれてしまうほど。しっかりとした助走から放たれたボールは時に驚異的な回転でゴールネットに突き刺さった。

ネイマール(動画40秒~、1分45秒~)

フランク・ランパードやジュニーニョのようにきちんとして助走をとる選手たちとは異なり、ネイマールスタンスユニークなものだ。

ボールに対してワイドな位置取りをとるが、蹴る前に正確で短めのステップを踏むことを好む。

「独特なスタンスを持つ5人の名フリーキッカー」を動画で見る!


(出典 news.nicovideo.jp)