(出典 i.ytimg.com)



大きなサプライズだったロナウド退団 レアルで長年共闘のブラジル代表マルセロ

 レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロが自身のYouTubeチャンネルで、今レアルからユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについてった。

 ロナウド2009年から9シーズンにわたってプレーし、通算450ゴールマークリーガ・エスパニョーラを2度、UEFAチャンピオンズリーグを4度制すなど数多くのタイトルクラブにもたらした。

 今オフロナウドイタリアの名門ユベントスへ移籍。ジネディーヌ・ジダン監督の辞任も重なり、“巨人”(レアル称)は一つの時代の終焉を迎えた。2006年からレアルに在籍し、左サイドコンビを組むことが多かったマルセロも、ロナウド退団は大きなサプライズだったと認めている。

の休暇が終わってレアル・マドリードに戻ると、そこにロナウドはいなかった。らにとってそれは驚きだった。らは前に進めないと思ったよ」

 迎えた新シーズンフレン・ロペテギ監督の下で5戦未勝利という不振に陥り、メディアはここぞとばかりにロナウド放出の影摘し、批判を展開した。

 それでもマルセロクラブ以上の存在はないとし、“ロナウド・ロス”から立ち上がらなければならないとしている。

レアル・マドリードは巨大なクラブだ。クリスティアーノ・ロナウドの存在も巨大だが、クラブはどんな選手よりも大きい。レアル・マドリード歴史は堂々たるもので、クリスティアーノ・ロナウドクラブ歴史に多くのピースを加えた。それでもレアル・マドリードは止まることはできないんだ」

 リーガでは7位まで順位を落としているレアルロナウド不在ばかりがクローズアップされている現状のネガティブ空気を跳ね除けることができるだろうか。


Football ZONE web編集部)

レアルDFマルセロ(左)、ユベントスFWロナウド(右)【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)