(出典 portal.st-img.jp)



 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣のマンチェスター・Uについてった。

 C・ロナウド2003-04シーズンから2008-09シーズンまでマンチェスター・Uプレーしており、幾多のタイトル獲得に貢献した。ユヴェントス23日に行われるチャンピオンズリーググループステージ第3節で、C・ロナウドの古巣であるマンチェスター・Uと対戦する。「マンUとの対戦はにとってとても特別なことだ」と話すC・ロナウドは、古巣との対戦に向けて以下のように意気込みをった。

オールド・トラフォードに戻ってくることはすごく意味のあることで、とても楽しみにしている。マンチスタープレーしていた時のことを思い出すよ。クラブ歴史、勝ち取ったトロフィーリーグなど全てをね。クラブファンからのサポートも素らしかった」

 続けて、C・ロナウドマンチェスター・U時代の“恩師”に対して感謝の言葉を述べた。

「サー・アレックス・ファーガソンのことは決して忘れないね。のキャリアを大きく成長させてくれた。最大限の感謝を述べたい」

 マンチェスター・Uユヴェントスの一戦は、23日の20時日本時間24日の4時)にキックオフを迎える。

古巣との対戦に向けて意気込みを語ったC・ロナウド [写真]=Juventus FC/Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)