(出典 liverealmadrid.jp)



的緊が原因? ラモスがBチーム21レギオンに怒りの暴挙

 レアル・マドリードは現地時間23日にUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第3節でチェコ1部プルゼニと対戦する。しかし、事前トレーニング中にハプニングが生じたようだ。将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが若手に激怒してボールを蹴りつける行動が話題を呼んでいる。

 ラグビーのように手でパス交換を行う練習中、ボールを持ったラモスに対し、パスカットを試みたBチームカスティージャに所属する21歳DFセルヒオ・レギオンタックルを仕掛け、顔面に接触してしまう。これに苛立った将のラモスは、11歳年下のレギオンボールを蹴りつけた。

 その場は不穏な空気で凍り付いたが、ラモス練習後に自身の公式ツイッター更新し、謝罪と励のメッセージ投稿している。

「そう見えなかったかもしれないが、あれは当たり前の状況だった。だが、言い訳はしない。自分のリアクションはあってはならないものだった。たちは常に全だ。そうだろう、レギオン? 最後にチームで勝利しよう」

 これを受け、レギオンも「常にチームキャプテンとともにある。明日の勝利のために!」と強く返答した。

 英デイリーメール」は「ラモス明らかに精的緊が増している状態にあった」と、将が今回の騒動の引き金となったと摘。英デイリー・エクスプレス」は、後輩ボールを蹴りつけたラモスに対し、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが落ち着かせに歩み寄った舞台裏を伝えている。

 現在レアル公式戦5試合未勝利(1分4敗)でリーグ7位に沈むなど苦戦を強いられているが、ラモス将として人一倍のストレスを抱えているようだ。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)