(出典 image.news.livedoor.com)



昨季、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプール戦以降、イングランドアンチが増えているレアル・マドリースペイン代表DFセルヒオ・ラモスが15日のイングランド代表戦で再び物議を醸す行為を働いたようだ。イギリスメトロ』が伝えている。

スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグリーグAグループ4のイングランド戦で2-3の敗戦を喫した。ホームで約15年ぶりの公式戦敗戦を喫したラ・ロハの中でセルヒオ・ラモスは、試合終了間際にヘディングによるゴールを記録し一矢報いた。

だが、前半に3失点を喫するなどディフェンスリーダーキャプテンとしてフラストレーションを溜めていた同選手は、後半に相手FWラヒーム・スターリングに対してスタンピングを行った疑惑が浮上している。

メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。

昨季CL決勝でリバプールFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFに対して悪感情を抱くイングランドファンは、セルヒオ・ラモスが退場になるべきだったなどとSNS上で反応し、めて嫌悪感を示した。

◆故意か?
https://twitter.com/Lordy88/status/1051926435210948609

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)