(出典 img.footballchannel.jp)



黄金期を築き計14個のタイトルを獲得

 現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、かつてスペインの強バルセロナ揮し、4年間で計14個のトロフィーチームにもたらした。グアルディオラ監督は、自身の率いた当時のバルセロナを「人生で一度、現れるかどうかのチーム」だったとった。スペインマルカ」が報じている。

記事では、「非常に才のある選手らが集まり、あれほどまでに璧にシンクロするサッカーチームが現れることは稀で、それが起きた時、サッカー界で史上最高のチームとしてり継がれる」との前置きから、グアルディオラ政権下のバルセロナを紹介した。

 2008年バルセロナ監督に就任したグアルディオラ氏は4シーズンで、UEFAチャンピオンズリーグCL)、クラブワールドカップW杯)、UEFAスーパーカップ、コパ・デル・レイをそれぞれ2回ずつ制覇し、リーグ戦とスペインスーパーカップでは3回優勝を果たした。

 グアルディオラ氏はイタリア「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューで、「CLで2回優勝した時、メンバーのうち7人が、シャビや(アンドレス・)イニエスタ、(ビクトル・)バルデスのようにユースから上がってきた選手だった。みんな7、8歳の時にクラブに加入して、スターになったんだ。クラブは下のカテゴリー揮していた私を信頼してくれたし、素晴らしい選手を買うお金もあった。世界最高の選手もいたしね」と、当時の状況を振り返った。

「あの場に私が立っているシーンを思い出すと…」

 さらに、この経験は「人生に一度、起きるかどうかのこと。あの時々が感じた喜びや、あの場に私が立っているシーンを思い出すと、ノスタルジックな気分にさせてくれる」と述べ、「もし20年経っても々のストーリーられていたら、素晴らしいこと。それはつまり、々が何かを残すことができたということになる」と続けた。

 また、グアルディオラ氏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシサッカー史上最高の選手だとし、同選手を“負けず嫌いの猛”と表現。「ビッグゲームチームが彼をサポートできれば、彼は違いを生み出す」とし、「彼と(ポルトガル代表FW)クリスティアーノ・ロナウドは、10年にわたり毎シーズン50ゴールを決めているんだ。驚くべきことだよ」と、昨季までレアル・マドリードエースだったロナウドメッシが、長年にわたり至高の争いを演じてきたことを振り返っていた。(Football ZONE web編集部)

バルセロナ時代に数々のタイトルを獲得したグアルディオラ監督【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)