(出典 image.news.livedoor.com)



記者会見でバラック氏発言について問われ持論展開 「同じ監督の下でも新たな刺を得られる」

 現地時間13日に行われるUEFAネーションズリーグオランダ戦を前に、記者会見に臨んだドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリード)が、ヨアヒム・レーブ監督について「上をしていく心がけのあることを何年も明してきた」とコメント。退任が望ましかったというミヒャエルバラック氏の言葉に対し、恩師を擁護した。

 2006年から現職にあるレーブ監督は、ロシアワールドカップW杯)開幕前に、ドイツサッカー連盟(DFB)と2022年まで契約を延長。その後、チームW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退という屈辱を味わったが、DFBは指揮官続投を決定した。

 これについて同代表OBのバラック氏は、ドイツ公共放送「ドイチェ・ヴェレ」(DW)のインタビューで、「他の多くの人と同じように、彼が続投すると聞いて驚いた。彼のようにこれほど長く一つのチームを率いていると、物事が機しなくなる。いつかはそれを認めなくてはならない」と、レーブ監督は退任すべきだったとの見解を示した。

 記者会見でバラック氏の発言について問われたクロースは、「常に様々な意見があると思う。数々の大きな成功を収めた後が去る時期だと言う人や、悪い時期を過ごしたから、もうこれ以上続けられないと言う人もいる」とコメント。長年同じ監督の下で取り組んできたので今度は新たな刺を、という意見もあるだろうとしつつ、「同じ監督の下でも新たな刺を得られることはあるよ。その監督が自を行っているならね。レーブ監督はそれをしてきたと思う。らはレーブ監督となら、正念場を乗り切っていけると確信している」とを込めた。


「レーブ監督指揮官として、絶えずレベルアップしている」

 さらにクロースは、「バラックは(監督を)交代すべきだったと思っているようだけど、もしかしたら、自分が後任になりたかったのかも……。分からないけどね」と冗談を飛ばすと、「レーブ監督は上をしていく心がけのあることを何年も明してきた。それはいいことだと思う」と、指揮官に信頼を寄せた。

 バラック氏はレーブ監督による長期政権の危険を案じたが、クロースは異なる意見で「の初めての代表戦は2010年だったけど、レーブ監督指揮官としてどう変わってきたかを見てきた。絶えずレベルアップしている。練習方法も、がけも、チームの戦術についても、今では2010年とまったく違うレベルにある。それはポジティブなことだと思う」とし、一人の監督チームを長く揮していても停滞などないとっている。


Football ZONE web編集部)

(左から)ドイツ代表MFトニ・クロース、同代表OBのバラック氏【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)