(出典 juventus-journal.com)



Corriere dello Sport』は10日、「レオナルド・ボヌッチは、ユヴェントスを離れたことが間違いだったと話した」と報じた。

昨年ユヴェントスを退団し、同じイタリアセリエAミランへと移籍したボヌッチ。しかし多くのトラブルに見舞われ、最終的には1年で古巣に復帰することを決断した。

ボヌッチはこの動きについて以下のように話し、自分はユヴェントスでなければベストを発揮できないとったという。

レオナルド・ボヌッチ

の夢は、ビッグクラブ導者になることだ。願わくばユヴェントスでね。

それはなぜか。自分からベストを引き出そうとしてきた様々な監督の側にいて、観察してきたからだ」

(アッレグ監督については?)

々は熱い議論を交わしてきたよ。しかし、知的で成熟した人間というのは、それでも手を握って同じ標に集中していくものさ。

監督による贈り物は、彼らの知性である。それは、ユヴェントスのような重要なクラブのドレッシングルームを管理することを許してくれる資質だ」
(忘れたい試合はある?)

全に忘れてしまいたいものは、2回チャンピオンズリーグ決勝だね。カーディフで、々は優勝できると信じていた。記憶していることが辛いよ」

の復帰やクリスティアーノ・ロナウドの加入とは関係なく、このクラブは重要なメンバーを作り上げた。欧州最高レベルにある2~3クラブと競争でき、チャンピオンズリーグに勝てるようなね。

ユヴェントスに戻ってきたこの4ヶ、いろいろな物事が起こった。それはの誇りを傷つけ、個人的なレベルで影を受けるものだった。

長い間外から見ることで、は『ユヴェントスを離れたことは正しい決断ではなかった』と気づいた。

なぜなら、このシャツを着て戦うことによって、初めて自分のポテンシャルは発揮できるからだ。ピッチ内でも、ピッチ外でもね。

アニェッリ会長の代理人とともに、はとてもラッキーだった。ここに帰ることができたのだからね。

そして、それこそが自分のめる一のものであったと気付いたんだ」
ユーヴェでなければベストが出せない…ボヌッチ、昨年の退団を後悔


(出典 news.nicovideo.jp)