(出典 amd.c.yimg.jp)



スペインが特集 26億円で加入したビジャレアルFWモレノが不名誉な1位

 リーガ・エスパニョーラでは、ここまでジローナのウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニが8ゴールで得点ランキングトップを走る。ピチーチ(得点王)争いの勢図に変化が起きているが、その一方で有選手たちの“ゴール欠乏症”が顕著となっている。スペインマルカ」が特集している。

 トップクラブストライカーが苦悩している。記事では得点王争いの有選手がゴールから遠ざかっている点を摘。そこにはアトレチコ・マドリードスペイン代表FWジエゴ・コスタレアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマウェールズ代表FWギャレス・ベイル、そしてバルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスというビッグネームが含まれる。

 ピックアップされたFWのなかで、現時点で最も長く得点が続いているのはビジャレアルスペイン人FWジェラール・モレノだ。今クラブ史上最高額の2000ユーロ(約26億円)を投じて獲得したレフティーは、開幕のレアル・ソシエダ戦でゴールを決めたが、それ以降は沈黙。702分間も得点が続いている。

 それに次ぐのがアトレチコのコスタだ。今年1月チェルシーからアトレチコへ念願の復帰を果たして即座に活躍したが、今季は開幕から581分間ノーゴールという不振に陥っている。

 今レアル・マドリード移籍の噂も囁かれたバレンシアスペイン代表FWロドリゴも、モレノと同様に開幕戦でゴールを決めて以降、423分間ゴールから遠ざかっている。


バルサレアルFWも不振のチーム

 彼らに続くのが、レアルバルセロナの二大クラブプレーするクラックたちだ。レアルベンゼマ369分間、ベイル357分間もゴールがなく、4試合連続得点という不振に陥るチーム徴するかのようなパフォーマンスとなっている。年間50得点を保していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(→ユベントス)の不在を埋めることができていないとの批判も噴出している。

 バルセロナスアレスも、ここまで3得点を決めているとはいえ、直近328分間はゴールがない時間が続いている。

 第8節を終えてセビージャが首位に立つなど、例年とは異なる様相を呈しているリーガ・エスパニョーラ。悩めるストライカーの奮起に期待したい。


Football ZONE web編集部)

リーガ有力FW陣を襲う深刻な「ゴール欠乏症」【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)