(出典 image.news.livedoor.com)



4戦得点の惨状にペレス会長が獲得を計画とスペイン報道

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、かねてから「レアルプレーするのが夢」とっているチェルシーベルギー代表MFエデン・アザールの獲得を画策しているようだ。スペインAS」が報じている。

 今に絶対的なエースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団した影もあり、ここ2週間のレアルは“ゴール欠乏症”に喘いでいる。9月26日リーガ・エスパニョーラ第6節でセビージャに0-3で敗れると、続く第7節アトレチコ・マドリードとのダービースコアレスドロー。さらに10月2日UEFAチャンピオンズリーグCL)でCSKAモスクワに0-1と不覚を取ると、6日のリーガ第8節アラベス戦にも0-1で敗れ、まさかの4試合連続ノーゴールで未勝利が続いている(1分3敗)。

 この緊急事態に、剛腕で知られるレアル会長は、“救世主”獲得に狙いを定めたという。ターゲットとなっているのは今ロシアワールドカップW杯)で3位となり、迎えた今季もチェルシー素晴らしいスタートを切っているアザールだ。開幕8試合で7得点と、現時点でのプレミアリーグ得点ランクトップに君臨。得点に問題を抱える現在レアルにとっては、アザールは最適な人材と見られているようだ。

 アザールは以前から、レアルからのリクエストがあればベルナベウでプレーしたいと言。7日のサウサンプトン戦(3-0)後にもメディアに対し、「今日をつきたくない。レアルプレーすることは、子どもの頃からの夢なんだ」と話していた。

 アザールの現行契約2020年までとなっており、契約更新の予定はない。これにより、レアルチェルシー額面での交渉が可となり、同レアルの不振がこのまま持続した場合、来年1月に1億ユーロ(約130億円)から1億2000ユーロ(約156億円)の間で獲得、もし状況が一変し“普段どおり”に戻れば、最高8000万ユーロ(約104億円)で契約な来まで待つ見通しだと報じている。

チェルシーで共闘する元レアルFWモラタも移籍を示唆

 チェルシーチームメイトで、元レアルスペイン代表FWアルバロ・モラタは、スペインテレビ番組「クアトロ」のインタビューで「もし彼がレアルプレーしたいと本当に言っていたとしたら、そういうことになるのだろう」と、レアル加入を示唆するようなコメントを残していた。

 チェルシーきを放つアタッカーは、ければ来年1月、遅くとも来には“相思相愛”のレアルにやって来るのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)