(出典 www.soccer-king.jp)



 フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』は8日、2018年バロンドール補選手30名を発表した。アトレティコ・マドリードフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンも名を連ねたが、同選手は2018 FIFAワールドカップ ロシアを制したフランスから選出されるべきとの見解を示している。スペインマルカ』が9日付で伝えた。

 ロシアW杯王者にいたフランス代表チームからは、グリーズマンの他にMFエンゴロ・カンテチェルシー)、GKウーゴ・ロリストッテナム)、FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、MFポール・ポグバマンチェスター・U)、DFラファエルヴァラン(レアル・マドリード)が選出された。『マルカによれば、グリーズマンは、世界最高の選手は世界一チームから選ばれて然るべきと考えているようだ。

世界で最も素晴らしい選手は、世界で最も素晴らしいチームから選ばれなければならない。とにかく、たちは世界王者になったんだから、世界最高のチームの一員であると信じているよ。違う意見や判断もあるだろう。でも、フランスの選手がバロンドールくべきだと思うね」

 グリーズマンはこのようにり、自身や同胞の受賞をアピールした。投票ジャーナリストによって行われ、受賞者、最終順位は12月3日に発表される。はたして、グリーズマンの思いは届くだろうか。

ロシアW杯を制したフランス代表のグリーズマン [写真]=Quality Sport Images/Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)