(出典 img.footballchannel.jp)



A代表デビューを果たしたコスタリカ戦に続いて選出 新体制のサッカーは「楽しい」

 保一監督率いる日本代表は、8日から新潟市内に集合し、12日のキリンチャレンジカップパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)、16日の同ウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002/19時35分)に向けて調整を進めている。9月コスタリカ戦でA代表デビューを飾り、2カ連続で招集されたMF堂安フローニンゲン)は、“フィーリング”でプレーできる環境に「楽しい」と笑顔を覗かせた。

 合宿2日の9日は、DF長友佑都ガラタサライ)、DF吉田麻也サウサンプトン)、DF酒井宏樹マルセイユ)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉ポルティモネンセ)が加わり、全23人が集合。合流したばかりの5人を除く18人で、ビブスあり組、ビブスなし組の2チームに分かれ、ハーフコートで8対8のミニゲームも行われた。

 ビブスありチームに入った堂安は、MF柴崎岳(ヘタフェ)とともに2列に入り、持ち前のドリブル突破からチャンスを演出。2本ではMF竿健斗(鹿島アントラーズ)のクロスゴール前に飛び込んで右足のダイレクトボレーで仕留めてみせた。

 パナマ戦ではMF中島MF南野らリオデジャネイロ五輪世代との好連係がったが、堂安も「やっていてすごく楽しい」と笑みをこぼす。


「動いたタイミングでパスが出てくるので楽しい」

「代表では何も言わず分かり合えるプレーがある。短いゲーム形式でしたけど、動いたタイミングでパスが出てくるので楽しい。連係のイメージ? 全にフィーリングですね。ここにボールが来たら、ここに選手がいるだろうという感覚です」

 今シリーズは、ロシアワールドカップ出場組MF原口元気ハノーファー)が選出された。同じサイドアタッカーで強ライバルとなるが、堂安は競争を歓迎する。

「これからが強く、逞しい選手になっていくうえで、ポジション争いとは隣合わせ。全く怯えていないし、気にしていない。いつも通り楽しんで自分のプレーをしたいですね。前回(コスタリカ戦)みんながデビュー戦というで見ているので『よくやった』と言いますけど、としてはもっとやれたプレーがある。そういうところは善していきたい」

 20歳のアタッカーチームの勝利と代表初ゴールを貪欲に追いめる。


Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表MF堂安【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)