(出典 www.golaco.club)



アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、同郷人のバロンドール獲得を熱望している。スペインマルカ』が、『フランスフットボール』での発言を基に伝えた。

フランスフットボール』は8日、『2018バロンドール』の補者30名を発表。ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドバルセロナFWリオネル・メッシクラブで圧倒的な実績を残す常連に加え、ロシアワールドカップ(W杯)を制したフランス代表からは5名が選出されている。

その中でも有補の1人であるグリーズマンは、対期間にヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップW杯を獲得。しかし、W杯ゴールデンボール(最優秀選手賞)、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞といった個人賞を、全てレアル・マドリークロアチア代表MFルカ・モドリッチに獲得されており、フランス代表からの選出でないことに度々苦言を呈してきた。

最後にして最大の個人賞であるバロンドールに関して、『フランスフットボール』のインタビューに応じたグリーズマンは、「バロンドールフランス人が勝ち取らなければならない」とコメントW杯優勝の中心選手としてプライドを示している。

サッカー界最高の栄誉を手にするのはどの選手か。発表は12月3日に行われる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)