(出典 football-tribe.com)



ジェズスにPK蹴らせずマフレズに託すも、大きくを外しゴール奪えず

 プレミアリーグ第8節の注カードだったリバプールマンチェスター・シティの一戦が現地時間7日に行われ、お互いが持ち味を出し合った展開の末にスコアレスドローに終わった。この試合の後半、決勝点を奪うビッグチャンスとなるPKで、シティジョゼップ・グアルディオラ監督キッカーにMFリヤド・マフレズ名した。

 UEFAチャンピオンズリーグCL)で1勝1敗、プレミアで6勝1分と全く同じ成績で突したリバプールとシティ。首位攻防戦として大きな注を集めた一戦で、両クラブはそれぞれしいプレッシングからのスピーディーな攻撃と、巧みなポゼッションを展開する一進一退の攻防を見せた。0-0のまま推移するなか、後半40分にはペナルティエリア内でシティMFダビド・シルバスルーパスを受けたドイツ代表MFレロイ・サネが、リバプールDFフィルジルファンダイクのファウルを受けてPKを獲得した。

 このビッグチャンスに、当初はブラジル代表FWガブリエル・ジェズスがPKを蹴ろうとしたが、グアルディオラ監督はこれをフランス代表DFバンジャマン・メンディを介して制止。マフレズに蹴らせるよう示を送った。ところが、そのマフレズを外してしまい、シティは決勝点を奪うチャンスを逃してそのままタイムアップとなった。

 英地元マンチスターイブニング・ニュース」によると、グアルディオラ監督は試合後の記者会見で「トレーニングセッションで彼のPKを毎日見ていて、彼をとても信頼していた。これは彼にとっていい経験になり、次回はゴールに入るだろう」とコメント。また、「ガブリエルはPKを蹴りたがっていて、彼に謝ったんだ。あれは私の決断だった」と続けた。

 得失点差で首位の座をキープしたものの、リーグ戦5連勝を逃したシティ。同勝ち点でチェルシーリバプール、勝ち点差「2」アーセナルトットナムが追う混戦模様の序盤となっているなか、勝負を左右するPKキッカーをが務めるかは今後も注を集めそうだ。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督(左)、FWジェズス(右)【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)