(出典 www.soccer-king.jp)



 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、自身のパフォーマンス批判する人達に憤慨している模様。スペインマルカ』が8日に報じている。

 リーガ・エスパニョーラ第8節が7日に行われ、バルセロナはアウェイバレンシアと対戦し、1-1で引き分けた。これにより、バルセロナリーグ戦4試合で未勝利となった。

 この試合で失点に絡んだピケは、批判する人達に対して次のように怒りをあらわにした。

調子が悪いことを、喜ばしく思っている人達がたくさんいる。はそのことを知っている。そうやって日陰に隠れて楽しまず、太陽でも浴びて楽しむべきだ」

バレンシア戦の失点シーンは確かにミスだ。しかし、ミスを待ち望んでいる人達はレアル・マドリードアトレティコ・マドリードサポーターだけではないんだ。テレビメディアもそうだ。悪い調子をすぐに上げてみせるから、彼らは足下をすくわれるだろう」

 8月スペイン代表引退を表明したピケ。インターナショナルウィーク中に調子を上げることができるだろうか。

ピケが自身のパフォーマンスを批判する人達に憤慨 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)