(出典 www.soccer-king.jp)



マンチェスター・ユナイテッドでの3年は苦しいシーズンとなっているジョゼ・モウリーニョ監督

リーグカップでは2部相手に敗退するなど、ここ4試合勝ちがない。今夜行われるニューカッスル戦の結果次第では解任されかねないとも伝えられている。

そうした中、ある発言が話題になっているようだ。

フランク・ランパード監督が率いるダービーとのカップ戦では、ホームで戦いながらPK戦の末に敗戦した。『BBC』などによれば、指揮官はあくまでこの試合は引き分けだと口にしたという。

ジョゼ・モウリーニョマンチェスター・ユナイテッド監督

「今季、ホームで負けたのは1つだけだ。ここ7試合で負けたのは、1つのみ。

だが、ホームでのここ3試合は勝てていない。3つともドローだ。

敗戦とは感じていない。とはいえ、勝利の喜びもない。

なので、土曜日の試合(ニューカッスル戦)は勝ちに行くことが大事だ」

ユナテッドホーム戦ここ4試合勝ちがない。その結果はこうだ。

リーグ第3節 vsトッテナム0-3)

リーグ第6節 vs ウルヴス(1-1)

リーグカップ vs ダービー(2-2:PKで敗戦)

CL vs バレンシア1-1)

確かにPK戦による試合結果は、公式には「引き分け」として記録されるが、これは苦しい…。現地では、かつてモウリーニョPK戦について引き分けと口にした監督を嘲笑していたのに…というも。

対戦するニューカッスルも今季未勝利と苦しんでいる。両チームにとって重要な一戦になりそうだ。

モウリーニョ、あまりに苦しい「強がり発言」が話題 それ言うか…


(出典 news.nicovideo.jp)