(出典 img.footballchannel.jp)



フットボール折りの代理人として知られるミノ・ライオラ氏が顧客であるフランス代表MFポール・ポグバ(25)のマンチェスター・ユナイテッド退団を否定した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のバレンシア戦後、かん口令が敷かれたことを明らかにするなど、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執報道が加熱するポグバ。来年1月の移籍市場バルセロナが獲得に興味を示していると取り沙汰されるなど、ユナテッド未来が揺らぎつつある。

しかし、ライオラ氏によれば、ポグバの移籍はないという。イタリアRai Sport』のインタビューポグバについて問われると、次のように返答した。

「彼についてあまり話をしたくない。彼はセンシティブな時期を過ごしているが、マーケットに出てない」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)