(出典 portal.st-img.jp)



 バルセロナは、リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルトフィルミーノの獲得を狙っているようだ。イギリスデイリースター』が3日に伝えている。

 同によると、バルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜補として、フィルミーノの獲得を考えている模様。現在31歳のスアレスは、昨シーズンリーグ戦33試合に出場し、25得点を記録。リーガ・エスパニョーラ制覇に大きく貢献したものの、ベテランの域に突入している。

 現在27歳のフィルミーノはホッフェンハイムでプロデビュー2015年リヴァプールへ加入した。昨シーズンリーグ37試合に出場し、15得点を記録。ブラジル代表として2018 FIFAワールドカップ ロシアにも出場した。

バルセロナ移籍が噂されるリヴァプールのフィルミーノ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)