(出典 pbs.twimg.com)



麗なFK2発を含む3得点と荒稼ぎのネイマール チームも6-1で今季CL初勝利をマーク

 パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間3日のUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第2節レッドスター・ベオグラード戦でハットトリックを達成し、6-1の大勝に貢献した。大活躍のエース海外メディアからも「注を総ナメ」「ネイマールの宴会」と絶賛のとなっている。

 先制点が生まれたのは前半20分。ペナルティアーク後方約20メートル距離で獲得したFKのキッカーを務めたネイマールは、短い助走で右足を振り抜くと、鋭い回転のかかったシュートの上をえた間に急に落ちてゴール左隅に突き刺さった。

 そしてその2分後には、右サイドフランス代表FWキリアン・ムバッペとのワンツーで抜け出し、右足ダイレクトボレーでこの日2点を奪取した。その後チームは3ゴールを奪い、5-1で迎えた後半36分、中央約25メートル距離で再びFKを獲得。ネイマールは前半の一撃とは逆を突いてゴール右を狙い、相手GKが一歩も動けない璧なコースを突き、ハットトリックを達成した。

 スポーツ専門メディアブリーチャー・レポート」は「ネイマールの脅威が注を総ナメ」と伝えれば、フランスレキップ」は「PSGネイマールの宴会」と見出しを打ち、「ネイマールはドリブルやシュートだけでなく、効果的なボールも供給していた」と、得点シーン以外でも存在感を放っていたと触れている。

ブラジル人が今宵ショーを披露した」

 また、フランスメディア「RMCスポーツ」は、選手採点でネイマールに10点満点中9.5点を与え、「このブラジル人が今宵ショーを披露した。彼は10番としての役割も担い、多くのファウルの対となったが、不可抗なFKでそれを正当化した。2分後には追加点を奪い、最後は2本の直接FKでハットトリックを引き寄せた」と称賛した。

 9月18日CL開幕戦はリバプールに2-3で敗れて発進となったPSGだが、エースハットトリックで悲願の欧州制覇に向けて一歩を踏み出した。(Football ZONE web編集部)

華麗なFK2発を含む3得点と荒稼ぎのネイマール【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)