(出典 livedoor.blogimg.jp)



6歳で見つけた生きると、始まったプロ入りへの闘い

 ロシアワールドカップW杯)後に、スポーツ専門サイト「The Players’ Tribune」に出ていたロメル・ルカクインタビューは衝撃的だった。

 ベルギー代表のエースストライカープロになると決意したのは6歳の時だったそうだ。母親いつもの食(パンミルク)を用意している時に、奇妙な行為に気づいた。牛乳を混ぜていたのだ。牛乳を買うお金が足りないため、でかさ増ししていたという。それに気づいた間、「パチンとを鳴らされたように」少年ルカクを覚まし、自分の生きるを見つけた。

 サッカーを観るのが楽しみだったのに、倹約のためにケーブルテレビ契約っ先に切られた。やがてテレビそのものが映らなくなり、電気のない部屋でを過ごした。UEFAチャンピオンズリーグもない、プレイステーションもない、電気もない……6歳のルカクプロ選手だった父親に聞いた。

プロになったのは何歳だった?」

 父親16歳と答えると、ルカク少年16歳プロになり、アンデルレヒトで活躍し、この生活から抜け出すことを決意する。

それからはどの試合も「決勝戦」だった。幼稚園サッカー公園ゲームも、すべて全で敵を叩き潰しにいった。少年期の遠征試合、同世代より大きなルカクの体格を見た相手チームの親たちからクレームがついた。本当に同年齢なのか? そもそもベルギー人なのか? ルカクは身分明書をつきつけた。ルカク父親を持っておらず、アウェーまで応援には来ていない。一人で大人たちに立ち向かわなければならなかった。そして、「こいつらのガキを殺す。潰す。お前らは泣いている子供に乗せて帰宅することになる」と心に決めたという。

 記事ではこの後もルカクの壮絶な告白が続くのだが、日本代表はよくこんな男とW杯で戦っていたものだと思った。

 ヨーロッパや南には、ルカクと似た環境からのし上がった選手は少なくない。日本にもそういう選手はいる。少年期の逆や屈辱をエネルギーに変え、サッカーにぶつけて上り詰めていく。


ルカクを突き動かしたサッカーが大好きな気持ち

「リバウンド・メンタリティー」という言葉をにするようになった。日本代表選手の多くが挫折を経験していて、そこから立ち上がる精を持っていたという。

 リバウンド・メンタリティーは傾聴合体したものだそうだ。人の意見にを傾けるのと、自分の考えを強く押し出すのは矛盾しているようだが、自己を客観視できる冷静さと、大いなる情熱はどちらも欠かせない要素なのだろう。自分の中で会話し、状況を整理して進むべきを見出すと言えるかもしれない。

 ルカクの場合、情熱の根本に怒りがあった。けれども、怒りだけが情熱を形成していたとは思わない。なぜなら、サッカーボクシングなど個人の格闘技とは異なるチームゲームだからだ。情熱だけで突っ走ってもたぶん上手くいかない。

 ルカクゴールゲッターだが、周囲を使うことも上手い。意外と「が」というタイプではないのだ。エゴの強いストライカーという人種の中では、むしろエゴイストではない方かもしれない。

 怒りとともにプロになると決意する前から、ルカクサッカーが大好きだった。6歳から大好きなサッカーへの向き合い方は変わったかもしれないが、もともとサッカーが好きという気持ちがある。それも原動に違いなく、上手くなりたいという気持ちがサッカーへの理解を深め、チームメイトと協調する大切さも学んでいったに違いない。

 プロアスリートにとって、気持ちの強さは才以上の財産だ。その根が楽しさであっても怒りであっても。


西部 / Kenji Nishibe)

ロシアW杯では、日本代表の前に立ちはだかったベルギー代表FWルカク(右)【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)