(出典 img.footballchannel.jp)



異様な“12分間スピーチ”から始まった就任3年目への疑念

 常勝を義務付けられるマンチェスター・ユナイテッドの監督がどれほどの重圧にさらされるのか、それは決して凡人には計り知れないものだ。しかしそれにしても、最近のジョゼ・モウリーニョ監督の言動がおかしい。

 いつがその始まりだったのか――。顕著に現れたのはやはり、今年3月の“12分間スピーチ”だったと思う。

 昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、スペインのセビージャ相手に2戦合計1-2で敗戦。その直後の定例会見で、これまでの自らの実績とサー・アレックス・ファーガソン監督が2013年夏に退任して以降のユナイテッドの成績を、12分間にわたり延々と説明した。

 あの会見は本当に異様だった。あそこにいたのは英国でも知名度の高い優秀な記者団だ。だからこそ、“ユナイテッド番”になっている。もちろん、あの日モウリーニョ監督が語ったデータは彼らの頭の中に全て入っている。にもかかわらず、ポルトガル人の闘将は“まるで誰も俺が何様なのか分かっていない”と訴えるように、彼自身の栄光の歴史を詳細に、懇々と話した。

 そして昨季プレミアリーグを2位で終え、ロシア・ワールドカップ(W杯)を挟んでプレシーズンが始まると、まだ調整段階だというのに、モウリーニョ監督の言葉が唐突にヒートアップした。

 もちろん、彼らが7月中旬に渡米して参戦したインターナショナル・チャンピオンズカップは、親善試合とはいえ、国内最大のライバルであるリバプールに1-4で大敗するのは気分が悪いだろう。しかし「自分がファンならこんな試合に金を払って観に来ない」「これは私のチームではない。(今日出場した若手は)所詮子供。8月9日の段階では一軍にはいない」「補強したい5人の選手をリストアップして渡している。しかし今の段階ではその中の一人か二人、決まればいい方だ」など、直後の会見で不満を爆発させてしまった。すると当然のように、うるさ型の英国メディアが騒然となった。

英メディアのアンケートで示された衝撃の結果

 プレシーズンに欧州のビッグクラブが、アメリカやアジアで親善試合を行い莫大な副収入を得ることは今や常識だ。しかし、調整段階である以上、主軸となる選手が全て出場することはほとんどなく、出てもシーズン中のパフォーマンスからは程遠い状態だ。ましてやW杯イヤーの今年は、中心選手の休暇からの合流がさらに遅れて、いわゆるリザーブマッチ以下の面子で試合が行われるケースも多い。

 特にユナイテッドの主軸には、W杯3位決定戦まで進んだベルギー代表のFWロメル・ルカクとMFマルアン・フェライニ、イングランド代表のFWマーカス・ラッシュフォードとMFジェシー・リンガード、それに優勝国フランス代表のMFポール・ポグバがいて、看板選手の復帰が大幅に遅れていた。

 しかし、それでも「自分がファンならこんな試合に金を払って観に来ない」という発言はありえない。

 またリバプール戦に出場した若手選手を「キッズ」(子供)と呼び捨て、“全く使えない”という印象を与えるコメントをしてしまったことは、ライアン・ギグス、デイビッド・ベッカム、ポール・スコールズ、ギャリーとフィリップのネビル兄弟など、いわゆる「クラス91」と呼ばれるユース生え抜き選手によって、1990年代から2000年代にかけての黄金期を築いたことを誇りとするユナイテッドファンを少なからず当惑させ、怒らせた。

 それに加え、希望通りに補強が進んでいないという発言は、クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワードとの関係に良い影響を与えるはずがない。

 気の早い英タブロイド紙のなかには、「モウリーニョはすでにマンチェスター・ユナイテッドに嫌気がさしている」「もう次が決まっていて、解任を促進させようと目論んでいる」といった内容の記事さえ出現した。

 さらに英公共放送「BBC」電子版は、こうした異例の発言を連発したモウリーニョに対し、「今季いっぱい、マンチェスター・ユナイテッドの監督でいられるか?」というアンケートを実施。すると、なんと85%もの読者が「今季いっぱい持たない」との見解を示した。

 こうしてモウリーニョに関する報道がエスカレートしたプレミアリーグ開幕直前、闘将の怒りの矛先は自然とメディアに向けられた。

マンCに「勝ち点19」差をつけられた昨季2位の実績強調

「我々は昨季2位のチームだ。それが最近の報道では、まるで降格してしまったチームのようだ。私自身プレミアで3回優勝しているが、昨季の2位は私のイングランドでの業績の中でも大きなものだ」

 確かに英メディアは今季、王者マンチェスター・シティの対抗馬として、昨季CL準優勝を果たし、ブラジル代表GKアリソンを獲得して大きな穴と言われたGK補強を成し遂げたリバプールを一番手に指名した形になっている。一方、補強が思うように進まず、プレシーズンは不調。さらにはW杯で存在感を見せつけたポグバとの確執が噂されるモウリーニョのユナイテッドはすでに優勝争いの蚊帳の外という扱いで、それが前述した「BBC」のアンケート結果にも反映された。

 しかしそんなネガティブな状況でも、昨季4位のリバプールがすでにユナイテッドを飛び越えてしまったかのような報道は、モウリーニョにとって面白くない。この発言の中で闘将が「2位」を連発しているのは、そういう思いが表面化したものだろう。

 しかし、昨季はシティがプレミアリーグ史上初の勝ち点100を記録し、ぶっちぎりの優勝を達成している。2位以下は団子状態。それが実情で、勝ち点「81」の2位を“大きな業績”と持ち上げられても困る。

 もちろん、常勝を義務付けられたユナイテッドが「トロフィーなし」のシーズンを送ってしまったのはまずい。しかし曲がりなりにもリーグ2位となって、強豪チームにとってCL出場権を得られる「最悪4位確保のノルマ」は達成している。

 つまり本当の問題はそこ、成績ではない。

 それでは何がモウリーニョをここまで追い込み、彼がなぜ過剰なほどの自己弁護を重ねるのか。その答えは開幕戦のスタンドにあった。

幸先良く先制も、ざわつき始めたオールド・トラッフォード

 8月10日、2018-19シーズンの開幕戦となったレスターとのホームゲーム。金曜日の夜、他の18チームに先駆けて行われた試合、ユナイテッドは開始早々の前半3分に、ポグバのPKで1点を先制した。

 ところがその後、ポゼッションを高めてゲームを支配したのはレスターだった。ユナイテッドは守備に人数をかけ、攻撃は単発のカウンター。ポグバもFWアレクシス・サンチェスも守りを意識した深い位置取りで、1トップのラッシュフォードさえボールの後方に回って守備に参加する。指揮官の方針が、1点のリードを確実に守りながら試合を進めるというのは明らかだ。

 こうした展開となり試合が膠着すると、本拠地オールド・トラッフォードを埋めた7万5000人のサポーターは集中力を失い、次第にざわつき始める。まるで「棚からぼたもちのような先制点を与えられたのに、なぜ2点目を奪いに行かないんだ」と至るところで囁き合っているようだった。

 前半の終盤、1点リードを突然のように思い出したかのように、一部で有名な「ジョゼ・モウリーニョ」のチャントが起こる。が、スタジアム全体に伝播することなく、尻すぼみのように消えていった。

 後半に入っても試合は1-0のまま。相変わらずの展開で、カウンターからようやく2点目が入ったのは後半38分だった。ゴール後、モウリーニョは必要以上のガッツポーズを作ったが、場内はそれほど盛り上がらない。2-1で白星スタートを飾ったものの、結局はこの手堅い守備的なスタイルこそが、モウリーニョ自身を追い込む元凶なのだ。

 ユナイテッドの伝統は『攻撃的なサッカー』である。直近の黄金期を築き、このクラブのシンボルでもあるサー・アレックスは、現役時代「3点取られたら4点取り返す」と話し、ゴールにかける執念をむき出しにした。それがあの“攻めダルマ”とも言える波状攻撃を生み、幾多ものゴールを呼んだ。しかもここぞというところでゴールが飛び出した。ドラマティックな試合終了間際の決勝弾、同点弾も数多く、本拠地オールド・トラッフォードは「Theater of dream」(夢の劇場)と呼ばれた。

 日本にも、あのスイッチが切り替わるような押し上げとともに始まる怒涛の攻撃に魅せられたファンは大勢いることだろう。全身が総毛立つような超攻撃的サッカー。ところが、その伝統が今や消え去ろうとしている。

確実に低下しているユナイテッドファンの比率

 モウリーニョは全く自分のスタイルを変えるつもりはない。それもそうだ。彼はそのやり方で、華々しい経歴を作ってきたのだから。

「俺のスタイルは知っているはずだ。それでポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリード、そしてまたチェルシーを優勝させたのだ」

 とどのつまり、モウリーニョが手を替え品を替えマスコミに訴えているのは、そういうことだ。「俺は俺のやり方で勝ってきた。それを変える気持ちはない」と。しかしそのスタイルと、サー・アレックスの超攻撃的サッカーに心を奪われたサポーターの相性は、必ずしも良好ではない。優勝すればまだしも、それ以下では彼らは納得しないだろう。

 しかも、同都市の宿敵シティはジョゼップ・グアルディオラ監督の緻密でスタイリッシュなシステムを2年目にして理解し、実践してゴールを量産。歴史的な勝ち点100での優勝を果たした。

 こうした状況で、地元マンチェスター市内でも異変が起きているという。当地に在住のサッカーファンによると、かつては市内で圧倒的だったユナイテッドファンの比率が、確実に下落しているというのだ。しかも、子供のファンがシティに流れているという。

 確かに昨季ルーニーが去って、かつての攻撃的なユナイテッドを象徴する選手が皆無となった。それを裏付けるように昨シーズンの総得点数は68。優勝したシティの106は別格にしても、4位リバプールの84、3位トットナムの74、また6位に沈んだアーセナルの74にも劣る。これでは地元の子供ファンが、ライバルのシティに流れるのも止められない。

 結局モウリーニョの本領は、ポルトや50年間優勝がなかったチェルシー、またはインテルのようなクラブを率い、守備を基本に徹底的に統制して、ジャイアントキリングを起こす、というところにあるのではないだろうか。

 2戦合計6-5でレアルがユナイテッドを破るという、壮絶かつ超攻撃的な結果に終わった対決に感動してチェルシーを買収したとされるオーナーのロマン・アブラモビッチ氏が、04-05シーズンからプレミアを2季連続で制したモウリーニョを解任したのは、その守備的スタイルが原因だったとされる。

 レアルを去った理由も、スーパースター軍団に規律を強いるモウリーニョのスタイルが限界に達したというのが最も一般的だし、13年に出戻ったチェルシーもレアルに負けず劣らずのスーパースター軍団となっており、彼のやり方は3年目に崩壊した。

開幕戦後に露見したポグバとの確執

 確かに超ビッグクラブの監督は困難極まる役職だ。しかも名実ともにイングランド最強で、歴史的な名監督が長年“超攻撃的スタイル”で牛耳ってきたユナイテッドの監督となれば、その重圧は想像を絶する。

 もちろんモウリーニョの履歴は、名門ユナイテッドの監督にふさわしい。しかしそれは表面的に現れた字面を当てはめたもので、サッカー的な純粋な相性となると、これは正反対とも言え、最悪の部類に入るのではないだろうか。

 モウリーニョを成功へ導くには、選手が一体となることは当然ながら、経営陣、そしてサポーターも一丸となって彼のやり方を支持する。そういう覚悟が不可欠だろう。

 もしくは経営陣がクラブの伝統を踏まえ、実績だけでなく、ゴールを量産できる攻撃的サッカーを標榜し、実際にそれを実現できる監督を“次こそは”連れてくることだろう。

 その両極端な二つの選択肢を考えたところで、レスターとの開幕戦後にポグバの「ハッピーでなければ、最高の自分を発揮できない」という発言が、英メディアで大きく露出した。これは明らかに、モウリーニョとの確執を示唆している。

 開幕戦で主将に任命され、先制点を奪い、献身的にモウリーニョのスタイルを遵守してチームを勝利に導いたと見られたポグバだが、どうやらその本心は違うところにあるようだ。

 こうなるとやはり、ユナイテッド再生のためには選手、クラブ、サポーターが一丸となってモウリーニョを支持するという道よりも、早ければ今シーズン中にも、もう一方の道が選択される可能性が浮上すると見る。(森昌利/Masatoshi Mori)

ユナイテッドで3年目を迎えたモウリーニョには疑念の声が絶えない【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)



モウリーニョ監督「マンCは良い選手を買えるが、一流選手は獲得できない」

モウリーニョ監督「マンCは良い選手を買えるが、一流選手は獲得できない」  サッカーキング
(出典:サッカーキング)



(出典 courrier.jp)



わっざー(P6R9)
@wazza_mu10

「デ・ヘアと他のGK誰でも交換できるとしたら?」 記者の質問にモウリーニョが即答(GOAL) - Yahoo!ニュース https://t.co/sUoliYtNCN @YahooNewsTopics

2018-08-19 15:15:38

(出典 @wazza_mu10)

プレミアリーグパブ
@PL_Pub_jp

「プレミアを徹底分析!」「モウリーニョが講師を務めることでも知られる指導者養成コース在籍」「シティ分析チームの元トップの授業なども受けている」「林舞輝さん(@Hayashi_BFC )来日ラストトークイベント」「8… https://t.co/IRlSuvvlMp

2018-08-19 14:30:04

(出典 @PL_Pub_jp)

サッカーを愛する女子〜Yumaki〜
@ja*butland1931

「何もかもが不確実な状況の中でも、真の指導者は出口のありかを知り、そこに至る道筋を示すことができる」(モウリーニョのリーダー論/ルイス・ローレンス)

2018-08-19 14:00:29

(出典 @jackbutland1931)

The Football Spot
@tfb_spot

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言 https://t.co/moMU3O2QiA https://t.co/B3JGyJbs8E

2018-08-19 13:50:03

(出典 @tfb_spot)

ちゃんく@ユナイテッド
@manutd_omiya

モウリーニョ「リヴァプールは驚くほどの投資をしてタイトル獲得を目指す。チェルシーにも良いメンバーがいるし、マンチェスターCもファンタスティックなチームを持っている。続く

2018-08-19 13:43:41

(出典 @manutd_omiya)

しょうさん
@cule_dmcs

「いまバルセロナで指揮をとっているなら、僕は迷わずにスアレスをベンチに座らせるだろう。」ジョゼップ・グアルディオラモウリーニョクロップアンチェロッティシメオネファンファールエメリンゴ

2018-08-19 13:43:38

(出典 @cule_dmcs)

Jリーグ情報ちゃん@町田ゼルビア推し
@jleageuni

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言 https://t.co/xgdIT3ZPxy

2018-08-19 13:30:18

(出典 @jleageuni)

マキシムbot
@xDa_goalkk_001

モウリーニョは煽りのキレが鈍くなったな https://t.co/C1ooXQn4LL

2018-08-19 13:11:36

(出典 @xDa_goalkk_001)

20ミリ頭髪
@shun_baske95

いつものモウリーニョ節が炸裂するぞwwww

2018-08-19 13:08:04

(出典 @shun_baske95)

🇯🇵モリヨシ🇮🇹
@Yosh_Mo

モウリーニョが言うとギャグにしか聞こえん😂 https://t.co/XtzyvbpBs9

2018-08-19 12:56:00

(出典 @Yosh_Mo)

リッキー
@ri*y0830

モウリーニョはあんまり好きじゃないけどユナイテッドを指揮してるモウリーニョは好き

2018-08-19 12:49:56

(出典 @ricky0830)

ういんぐ
@wing238utd

何かモウリーニョさんの試合前会見、ちょっと前と比べるとコメントがずいぶんポジティブになってるな、開幕戦勝てたからか選手戻ってきたからか、それか他にいいことあったんかな

2018-08-19 12:47:46

(出典 @wing238utd)

【保存版】ツイサカ!
@tsuisaka_foot

サッカー年俸ランキング2012監督編1位モウリーニョ レアル2位アンチェロッティ PSG3位リッピ 広州4位ファーガソン マンU5位ベンゲル アーセナル6位ヒディンク アンジ7位カペッロ ロシア8位ビラノバ バルサ9位カマーチョ 中国10位マンチーニ マンC

2018-08-19 12:27:07

(出典 @tsuisaka_foot)

岡 一豊
@_zutoyo

モウリーニョ政権て3年しかもたないな(´Д` )

2018-08-19 12:25:45

(出典 @_zutoyo)

ガルンチョ
@jormunchan

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執(Football ZONE web) - Yahoo!ニュース https://t.co/1INSuDKC3u @YahooNewsTopics… https://t.co/zmio0Sj9dx

2018-08-19 12:16:31

(出典 @jormunchan)

コロ
@kirezy

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執 [Football ZONE WEB] https://t.co/WwpOSgYgAA

2018-08-19 12:11:19

(出典 @kirezy)

nabeyoshi
@nabeyoshi0825

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執(Football ZONE web) https://t.co/Zg6dwppzyF 次は母国を率いる姿を見てみたいな! けどまだクラブでやることはあると思うね!

2018-08-19 11:55:49

(出典 @nabeyoshi0825)

ヨシタカ
@midnight_fenrir

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執 [Football ZONE WEB] https://t.co/QTA5t7BJdG

2018-08-19 11:50:21

(出典 @midnight_fenrir)

ナスた。
@Moonchesteeeer

モウリーニョの発言は何様って感じだけど、しっかり見てるあたり可愛いジジイだよ

2018-08-19 11:50:17

(出典 @Moonchesteeeer)

city🇬🇧
@toureCIty

モウリーニョ滑稽やなぁ

2018-08-19 11:32:45

(出典 @toureCIty)

くさのこ
@kkkkssssnnnn

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執 https://t.co/wT0gFPdIE0 #スマートニュース

2018-08-19 11:32:26

(出典 @kkkkssssnnnn)

ふれ
@riderrider4415

「正直言って無礼」「彼らは“格”は買えない」モウリーニョ、宿敵の人気ドキュメンタリー作品に苦言(SOCCER DIGEST Web) https://t.co/NylZfKpkAd

2018-08-19 11:30:27

(出典 @riderrider4415)

俺太郎🇫🇷
@ore_tarou

じゃあモウリーニョなんて呼ぶなよって言いたいなコレ。モウリーニョ呼んどいて守備的だなんて、寿司屋行ってなんで肉が出てこないんだ! って行ってるようなものじゃんか https://t.co/bmuFVSFrTp

2018-08-19 11:29:17

(出典 @ore_tarou)

ファギーBOT
@wf_tweet

私はもっと満足していただろう。彼が持ってきたのはお酢だったよ!(モウリーニョとの初顔合わせにて)吉田麻也ベンチのサウサンプトンがエヴァートンに敗戦…レスターFW岡崎慎司はベンチ外https://t.co/82ImZm4ax4

2018-08-19 11:01:54

(出典 @wf_tweet)


@ZLsG3VDFosyw3R2

モウリーニョ監督「マンCは良い選手を買えるが、一流選手は獲得できない」 https://t.co/eiklPcopRZ

2018-08-19 10:55:58

(出典 @ZLsG3VDFosyw3R2)

kuba
@analogdura

「モウリーニョ解任」へ運命は動き始めたか マンUとの“最悪な相性”が生む疑念と確執(Football ZONE web) - Yahoo!ニュース https://t.co/FPlKf7TzhP @YahooNewsTopics

2018-08-19 10:54:09

(出典 @analogdura)

らーめんパンダ
@venti_nem_latte

それを裏付けるように昨シーズンの総得点数は68。優勝したシティの106は別格にしても、4位リバプールの84、3位トットナムの74、また6位に沈んだアーセナルの74にも劣る。結局モウリーニョの本領は、守備を基本に徹底的に統制してジ… https://t.co/YTtCkdzSYS

2018-08-19 10:43:24

(出典 @venti_nem_latte)

らーめんパンダ
@venti_nem_latte

モウリーニョがマスコミに訴えているのはそういうことだ。「俺は俺のやり方で勝ってきた。それを変える気持ちはない」と。しかしそのスタイルと、サー・アレックスの超攻撃的サッカーに心を奪われたサポーターの相性は必ずしも良好ではない。優勝すればまだしも、それ以下では彼らは納得しないだろう。

2018-08-19 10:41:17

(出典 @venti_nem_latte)

らーめんパンダ
@venti_nem_latte

モウリーニョは全く自分のスタイルを変えるつもりはない。それもそうだ。彼はそのやり方で、華々しい経歴を作ってきたのだから。「俺のスタイルは知っているはずだ。それでポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリード、そしてまたチェルシ… https://t.co/iPNCT2b9T3

2018-08-19 10:40:16

(出典 @venti_nem_latte)

くめん the Groot
@kumehn

モウリーニョが空くぞ!!!!!!!!全力でいけ!!!!

2018-08-19 10:39:49

(出典 @kumehn)