Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 image.news.livedoor.com)



    ジェノア戦で今季リーグ戦5点 プレミアリーガセリエAで通算400ゴールを記録

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間20日のジェノア戦でゴールを決め、前人未到の記録を打ち立てた。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

     スタメン出場したロナウドは序盤から積極的にゴールを狙った。それが実ったのは、前半18分だった。コーナーキックセカンドボールを左サイドで拾ったDFジョアン・カンセロが切り込んでシュートを放つと、相手DFに当たったボールは不規則な回転でバウンドしてジェノアの守備混乱。そのこぼれ球をロナウドが抜けなく押し込んだ。

     これが今季ユベントスに加入し、セリエAでの5得点となったが、それは一つの大きな意味を持つゴールになったという。マンチェスター・ユナイテッド時代にイングランドプレミアリーグ84ゴールレアル・マドリード時代にスペイン1部で311ゴールを決めてきたことで、この5得点を合わせて400ゴールになった。これは、この3つのリーグに加えてドイツブンデスリーガフランスリーグ・アンを合わせた欧州5大リーグで、通算400ゴールを達成した史上初の存在になったという。

     常に較されるバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、スペイン1部のみで通算389ゴールを決めている。それも素晴らしい記録ではあるものの、複数のハイレベルリーグで常に結果を残し続けるロナウドだからこそ、クローズアップされる記録になったのは事実だ。

     試合は後半に同点ゴールを許して1-1の引き分けとなり開幕9連勝を逃したものの、ロナウドのキャリアにまた一つかしい記録が刻まれるゲームになった。(Football ZONE web編集部)

    C・ロナウドが前人未到の「3カ国通算400ゴール」を達成【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】欧州5大リーグで史上初! C・ロナウドが前人未到の「3カ国通算400ゴール」達成】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-74.fc2.com)



    1 Egg ★ :2018/10/21(日) 08:14:56.92 ID:CAP_USER9.net

    10月16日のウルグアイ戦で2ゴールを決め、サッカー日本代表の新司令塔に名乗りを挙げた南野拓実には、“負けん気の強さ”を示すエピソードがあった。

    サッカー日本代表は、16日に行われた国際親善試合で、FIFAランク5位の強豪・ウルグアイ代表と対戦。激しい点の取り合いの末、4-3で勝って、森保一監督は初陣から3連勝を飾りました。W杯ロシア大会で8強のウルグアイは、ほぼベストメンバーだっただけに、日本の着実な進化を示す1勝となりました。

    この勝利に大きく貢献したのが、MF・南野拓実(23歳、ザルツブルク)です。前半10分、中島翔哉(ポルティモネンセ)からのパスを受けると、ペナルティーエリア内でシュート。ボールはGKの足に当たってからネットを揺らし、先制ゴール! これで南野は、代表で初ゴールを挙げてから3試合連続のゴールとなりました。Jリーグ発足後では、2015年の岡崎慎司以来3人目の快挙です。

    その後、ウルグアイに2度追い付かれた日本ですが、「半端ないって」の大迫勇也(ブレーメン)と、東京五輪代表世代の20歳・堂安律(フローニンゲン)が相次いでゴールを決め、3-2とリード。

    追加点の欲しい後半21分、堂安が放ったシュートのこぼれ球に素早く反応し、4点目を奪ったのが南野でした。その後も追いすがるウルグアイを、4-3で振り切った日本。南野の2ゴールが大きくものを言ったのです。試合後、南野は、

    「チームの勝利に貢献できて、素直にうれしいです。きょう2ゴールできたことは自分にとって自信になる。アジア杯までのサバイバルのなかで、監督にアピールできたのはよかった」。

    また先制ゴールについて、

    「(中島)翔哉があそこで右足でボールを持ったときは狙っていた。ターンからシュートはイメージ通りスムーズにできた」

    と、2016年リオ五輪でともに戦った中島とのコンビネーションを強調。さらに、

    「(気持ちは)いつも通りでした。相手が強いのはわかっていたけど、だからって気負うことはないし」

    と言ってのけたのです。

    今回大活躍した南野・中島・堂安の若手トリオは、本田圭佑・香川真司・岡崎慎司の「ビッグ3」に代わって、日本代表の未来を担う「新ビッグ3」と呼ばれています。

    とくに南野は、代表戦3戦4発の固め打ちで、一躍トップ下の香川を脅*存在になりましたが、

    「まだ早いし、次選ばれることに集中したいし。先のことはあんまりしゃべりたくない。また結果を残さないと代表はない」

    と、あくまで謙虚。しかし、負けん気は誰よりも強いのです。

    南野がセレッソ大阪に在籍していた2014年、W杯南アフリカ大会でMVPに輝いたフォルラン(元ウルグアイ代表)とチームメイトでした。パスを出さずに自らシュートを打つと「なぜパスをよこさない?」と詰め寄られることもありましたが、物怖じせず「うるさい!」とにらみ返したと言います。

    「W杯を戦ったメンバーにすごいリスペクトがある。とはいえ、そのメンバーを脅*存在になって行かないといけない」

    という南野。新司令塔候補の、さらなる進化に期待です。

    10/21(日) 7:02配信 ニッポン放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010021-nshaberu-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<南野拓実> フォルランから「なぜパスをよこさない?」と詰め寄られた際に放った言葉「うるさい!」】の続きを読む



    (出典 trendy-trendy.net)



    レアルロナウド退団で“浮いた”資を利用してビッグオファーが予想されるが…

     プレミアリーグの強チェルシーが、10番を背負うベルギー代表MFエデン・アザールに年俸換算で23億円えの大契約延長を用意しているという。英デイリー・エクスプレス」が報じている。

     アザールは今年のロシアワールドカップで、ベルギー代表の攻撃の中心として3位に躍進したチームを支えた。の移籍市場ではレアル・マドリードへの移籍も取り沙汰されたが、チェルシーに残留。今季のリーグ戦では8試合で7得点と好調なスタートを切った。

     レアルからの興味は周知の事実で、移籍がどれほどになるのかという話題も生まれている。そうしたなか、チェルシーアザールを引き留めるために週給30ポンド(約4400万円)のオファーを準備。これは、年俸換算では1600万ポンド(約234000万円)に上る巨額契約になるという。

     しかし記事では、同時にアザールが新しいチャレンジを欲していることと、レアル行きが彼の言葉で「子供の頃からの夢」であるため、引き留めへの決定打にはならない可性が高いという見通しも報じている。

     レアルは今の移籍市場ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス放出。その移籍1億1200万ユーロ(約145億円)に加え、ユベントスで年俸3000万ユーロ(約40億円)の契約を結んだロナウドの巨額年俸が“浮いた”状況でもあり、アザールに対してビッグオファーを提示することが確実視されている。

     果たしてアザールは、チェルシーからの巨額年俸を受け取ってプレー継続するのか、レアルという新地をめるのか。今から来の移籍市場にかけて、サッカー界の話題の中心的な存在になることは確実だと言えそうだ。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシー、アザールに年俸23億円級の契約延長準備 レアル移籍阻止の“一手”となるか】の続きを読む

    このページのトップヘ