Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/19(土) 21:33:19.11 ID:ul7cBk5w9.net

    「アジア杯・1回戦、日本-サウジアラビア」(21日、シャルジャ)

    サッカー日本代表は、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦に向けて、冒頭15分間をのぞく非公開練習で調整した。

    右臀部(でんぶ)痛を抱えるFW大迫が、復帰に一歩前進した。
    この日もトレーナーを伴い別メニューで調整したが、スパイクを履いてピッチに現れ、ボールを使ったメニューも消化。
    ランニングのペースも上がってきている。サウジアラビア戦の出場は厳しそうだが、着実に復帰へのプロセスを踏んでいる状況だ。

    腰痛のGK東口も引き続き別メニュー、さらにMF青山もウズベキスタン戦で右膝を痛めて全体練習から外れての調整となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000113-dal-socc
    1/19(土) 21:05配信


    【【日本代表】大迫勇也、復帰に一歩前進もサウジアラビア戦の出場は厳しいか】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 pathos ★ :2019/01/19(土) 21:36:49.86 ID:oF7EIqXY9.net

    「クラブにもよるが、選手のパワーは強くなっている。かつて(アレックス)ファーガソンは(デビッド)ベッカムが退団した時、『クラブより重要になったので、売るしかなかった』と言っていた。今やそれは存在しない。このバランスはもはやないんだ。繰り返すが、監督には監督を守る構造が必要になっている」

    「昔が良かったということではなく、そういう時代なんだ。例えば、昔は父が私に新聞を買いに行けと言えば、私は何も言わず行っていた。でも今の子供は『なぜ』と尋ねるんだ。規律の欠如ではなく、新たなメンタリティだよ」

    時代の変化が監督業をも難しくしていると説明したモウリーニョ。マンチェスター・Uでの失敗の理由の一端もそこにあったのかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010020-goal-socc


    【【海外サッカー】モウリーニョ「昔は父が新聞を買いに行けと言えば、何も言わず行っていた。でも今の子供は『なぜ』と尋ねるんだ」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/19(土) 21:31:53.56 ID:ul7cBk5w9.net

    アジアカップ・ラウンド16のサウジアラビア戦を21日に控え、日本代表は決戦の地シャルジャに移動。
    吉田麻也が中東の雄に警戒感を表した。

    F組に入った日本はトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンを下し、3連勝で首位通過を決めた。
    「結果だけ見れば勝ち点9を取れていますけど、全部楽な試合ではなかった」と、吉田が語るように決して容易に3勝を挙げたわけではなかった。それでも「一番いい形で来ているんじゃないかと思う。
    苦しみながらもしっかり勝ちをもぎ取ってきたという意味では、チームを構築するうえで一番いい形」と、グループリーグ3試合での収穫を口にした。

    そして16強では中東のサウジアラビアと対戦する。最後にサウジと対戦したのは17年9月のロシアW杯アジア最終予選。
    その前のオーストラリア戦ですでにW杯出場を決めていた日本は、敵地でサウジのスピード溢れる攻撃に対応できず。0-1で敗れた。

    その時と「お互いに監督もチームも変わっているので、前回の試合を比較材料にするのはちょっと難しい」と参考にはならないと語った吉田。
    しかしながら、サウジは「組織的にしっかりしているし、前線にスピードのある選手たちがたくさんいる。
    裏からの飛び出しが彼らのポイントになるので、そこは警戒しないといけない」と気を引き締めた。

    ウズベク戦で喫した1失点も吉田が警戒する裏への飛び出しからであった。

    「1つは相手のカウンターを受けないようにしっかり攻撃で攻め切るということ。
    そして悪い形でボールを取られないことが大事になってくる」

    一方で吉田は、サウジの弱点として「集中力を欠くシーンが多い」と指摘。
    「前半はすごく集中しているけど、後半に(集中が)途切れるシーンが多いのが中東の国の特長かなと思う。
    手堅く試合をして、もちろん先制点を取れたらベストですけど、0-0でも焦らず後半仕留めるくらいの気持ちでやれたら」と続けた。

    「優勝するまでは、地に足付けて戦わないといけない。
    サッカーなので何が起こるか分からない。一発勝負なので、1つのミスが命取りになる」

    「本当のアジアカップが始まるなという気持ち」。
    決勝トーナメントでは「もっとしびれる試合が多くなるんじゃないかと思いますけど、それをこれから最大4試合できると思うとチームにとっても非常にプラスじゃないかなと思います」と先を見据えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00010010-goal-socc
    1/19(土) 19:46配信


    (出典 soccer-player10.com)


    (出典 i.daily.jp)


    【【日本代表】吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」】の続きを読む

    このページのトップヘ