Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    対戦したイニエスタについて中村は「やっぱり素晴らしい」と舌を巻く

     川崎フロンターレ元日本代表MF中村憲剛は、20日に行われたJ1リーグ30節のヴィッセル神戸戦で元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと対戦したことを「幸せに思う」と振り返りつつ、「負けたくない」とライバル心を燃やしていた。

     の中で行われた一戦は序盤からしい打ち合いとなり、川崎イニエスタを起点とした神戸の攻撃に手を焼くと、前半だけで3点を失う苦しい展開となった。しかし、2-3で迎えた後半に猛攻を仕掛けて3得点を奪い、5-3と逆転勝利を収めた。

     この日はボランチに配置された中村は、イニエスタと近い距離プレーする機会が多かった。試合後、憧れの存在と言していた世界的名手との対戦を振り返った。

    素晴らしい選手であることは間違いなかった。だけど、バルサの時とは周りの選手が違う。周りによって変わってくるスタイルでもあるから。ただ、一選手としては、プレー精度、ビジョン、観点はやっぱり素晴らしい

     中村は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス世界最高峰の選手と共闘していたバルセロナ時代と同じパフォーマンスを、イニエスタ神戸で発揮することは難しいことを摘しつつ、としての実に舌を巻いていた。

    「彼と同じピッチに立てたことを幸せに思う」と、バルサファンとして長きにわたり応援していたイニエスタとの競演に喜びを表した一方、「でも、同時に負けたくないっていう気持ちもあるから」と、あくまでJリーグの舞台を戦うライバルとしての意識が沸き上がったことも強調していた。

     イニエスタ川崎の選手について「いいサッカーをしており、個人の質も高い」と絶賛しており、この日幾度となくチャンスメイクした中村の姿も、強い印として残ったに違いない。


    Football ZONE web編集部・達也 / Tatsuya Jofuku)

    川崎MF中村憲剛(左)、神戸MFイニエスタ(右)【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】憧れのイニエスタと競演した中村憲剛 「幸せ」と並ぶ「負けたくない」ライバル心】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    Gazzetta dello Sport』は20日、「ACミランはしばらく緊縮財政を余儀なくされるかもしれない」と報じた。

    ヨーロッパリーグへの出場停止を言い渡されていたものの、その後裁判によって処分の撤回を勝ち取ったミラン

    オーナーのリー・ヨンホン氏が債務返済を滞らせたことで追放され、エリオット・マネージメントが経営を引き継ぎ、より安定した資本を手にしたためだ。

    しかし、先日報告されたミランの経営状況では、依然として厳しい財政を余儀なくされていることが判明した。

    2017-18シーズンの損失額は1億2600万ユーロで、さらに今後の事業計画でも「年21.7の成長率」という標が設定されていたという。ユヴェントスでも年12%であったことから、これはかなり難しいものだった。

    その中心的な役割を果たすのは中国でのビジネスであったが、その2017-18シーズンの利益は見込みの9000万ユーロ(およそ115.8億円)に全く届かず、606000ユーロ(およそ7800万円)にとどまっていた。

    現在欧州サッカー連盟UEFA)はミランに対する監視を強めており、今後の詳しい事業計画の提出をめるかもしれないという。

    もしそれが認められなかった場合、罰や登録選手数の制限、あるいは補強や人件費増加の禁止に至る可性もあるとのことだ。

    ミラン、数年は「緊縮財政」を避けられず?最悪では補強禁止処分も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ミラン、数年は「緊縮財政」を避けられず?最悪では補強禁止処分も】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/21(日) 11:02:35.45 ID:CAP_USER9.net

    <明治安田生命J1:川崎F5-3神戸>◇第30節◇20日◇等々力

    のファン・マヌエル・リージョ監督(52)は、首位の川崎フロンターレに一時は2点差をつけながら、後半20分から3連続失点を喫し、日本での采配2戦目で初黒星を喫した
    試合後は「1試合で3点取って、勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった」と悔しさをあらわにした。

    リージョ監督は会見で「川崎Fは順位的にいいシーズンを過ごしている。どれだけ相手にとって、ゴールから遠いところでボールを持つ状況を作るか、やれることを構築して臨むのがゲームプランだった」と説明した。
    そして「立ち上がりは、チームとしては非常に良く入ることが出来た。前半から70分までは、我々のゴールの遠いところでボールを奪えた。3-1まで盛り返してくれたのも、それを証明するだろう。
    ただ、決していいシーズンを過ごしていない中、勝っている状態で2点目を失ったのが難しくした」と振り返った。

    その上で「自分のゴールより遠いところでプレーする」という自らのコンセプトを実現するためには「それなりに多くのボール、パスを回さなければいけない」と説明。
    「どうやって体力をマネジメントするかの難しさが出た。70分くらいまではボールを支配することで、ゴールを守る方法は達成できた。
    ただ、やはりそれに値するゴールという結果が伴わないと、フラストレーションがたまっている中、プレーしているのでプレーの低下につながる」と敗因を分析した。

    質疑応答で「目指しているサッカーの、どの程度までいっているか」と質問が飛ぶと、リージョ監督は「例えば、1度100に到達しないと、そこからの距離を測るのは難しい、
    成長しているとは思うが、どの程度までいったかを判断するのは難しい」と語った。

    17年のJ1王者・川崎Fの印象を聞かれると「当然、私たちを上回った対戦相手であることは理解していた。足元もいい選手が多い。
    両サイドバックが高い位置でプレーできるのは、そういう選手がそろっているから。インサイドハーフが中のポジションに入り、2トップと上がったサイドバックが、どのポジションでプレーできるかを考えることが出来ていた。
    中村(憲剛)や大島(僚太)から、サイドを切り崩す選手にいいボールがいくことは把握していた」と相手の能力の高さをたたえた。

    その上で「アンドレス(イニエスタ)も長く走り、三田(啓貴)もマークのズレがあり、古橋(亨梧)を下げるなど変化の必要に強いられた。そういった状況の中で2点目を取られ、試合全体の体力のマネジメントできず、
    どちらかというと殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった。エンドラインまでかなり深く切り込めるチーム、走り続けることが出来るチームと、そういう展開になってしまったのは残念」と悔しさをにじませた。

    今後については「唯一出来るのは続けていくこと。精度を高めたい」と語った。【村上幸将】

    10/21(日) 0:30配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00367933-nksports-socc&pos=4

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    つづく


    【【Jリーグ】<ヴィッセル神戸>リージョ監督、川崎Fは「殴り合ってはいけない相手」 イニエスタ「質の高い選手が揃っている」】の続きを読む

    このページのトップヘ