Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 football-tribe.com)



    失速するチームを救う“救世主”候補にD・スアレスやバネガの名前も浮上

     今シーズン、公式戦22試合無敗など活気に満ちたスタートを切ったウナイ・エメリ監督率いるアーセナルだが、年末年始のリバプール戦(1-5)やウェストハム戦(0-1)の敗戦を含めて、ここ数試合は期待外れの内容を見せてしまっている。そこで気になるのが、1月の移籍市場をどう活用するか。英紙「デイリーミラー」は、1月にアーセナルが契約する可能性のある5人の選手を取り上げている。

     過去数週間、最もアーセナルと密接な関係にあると言われているのが、バルセロナスペイン代表MFデニス・スアレスだ。エメリ監督との関係性やプレースタイル、北ロンドンへの移籍を切望していることから、移籍の可能性が最も高いと見られている。ネックとなっているのは、バルセロナが完全移籍を望んでいること。まずは2019年夏までのレンタル移籍を目指すとされているが、果たして成立するのだろうか。

     次に可能性が高いとされるのが、バイエルンコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだ。14年ブラジルワールドカップで世界を驚かせた男は、最近になってアーセナル移籍の噂が取り沙汰されている。ただし、彼の加入は元ドイツ代表MFメスト・エジルが他クラブへ放出された場合になりそうだ。また、バイエルンスポーツディレクターであるハサン・サリハミジッチ氏は、「ハメスの動向は夏に決定が下される」と語っており、この発言が正しければ、アーセナルが1月に獲得できる可能性はなくなってしまう。

     二人の可能性には劣るものの、徐々に名前が挙がり始めているのがセビージャアルゼンチン代表MFエベル・バネガだ。バネガはセビージャバレンシアでエメリ監督と共闘している。さらにウェールズ代表MFアーロンラムジーが移籍濃厚となっていることから、攻撃的MFとしてプレーできるバネガに白羽の矢が立つ可能性があるとしている。

     その他には中国の大連一方でプレーしているベルギー代表MFヤニック・フェレイラカラスコチェルシーも熱視線を送っているとされるカリアリのイタリア代表MFニコラ・バレッラの名前が挙がっている。

     エメリ監督は強化のため、1月中の補強を希望しているとされる。だが、クラブは1月の選手補強はレンタル移籍でのみと考えている模様だ。果たしてシーズン後半戦で、ここに取り上げられた選手たちが、アーセナルの一員としてプレーする姿を見ることはあるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バイエルン・ミュンヘンMFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナル逆襲の切り札に!? ハメスら「1月に契約する可能性のある5人」を英紙特集】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペインマルカ』が報じた。

    育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。

    また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。

    モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。

    とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。

    さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が将来を濁した。スペインマルカ』が報じた。

    ムバッペは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦にフル出場。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共にハットトリックを成し遂げ、9-0の爆勝劇を演じた。

    着実にスターダムを駆け上がるムバッペは試合後、長らくレアル・マドリー行きが取り巻く将来について問われると、次のように言及。否定せず、あらゆる可能性に含みを残した。

    「すごく良い気分だよ。でも、フットボール界で何が起こるかなんてわからない」

    「他のことを考えるタイミングじゃない。まだ2021年まで契約があるのだからね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ムバッペ、将来を濁す 「フットボール界で何が起こるかなんて…」】の続きを読む

    このページのトップヘ