Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 img.footballchannel.jp)



    『Mirror』は25日、「リヴァプールユルゲン・クロップ監督は、注目している6つのチームについて話した」と報じた。

    先日行われたチャンピオンズリーグポルトを撃破し、準決勝に進んだリヴァプール。そこで迎える相手はバルセロナとなった。

    それを前にして『DAZN』のインタビューに応えたクロップ監督は、自分が好んで試合を見るチームについて以下のように話したそう。

    ユルゲン・クロップ

    「私は今もボルシア・ドルトムントと繋がっているから、彼らの試合を見るのは好きだよ。

    それ以外にも、3チームあるね。マンチェスター・シティバルセロナ、そしてトッテナムだ。いつも試合を見ている。

    ヴェルダー・ブレーメンも好きだよ。あとはマインツ05さ。

    彼らとは今でも繋がりがある。また、サンドロ・シュヴァルツ(マインツ監督)のプレースタイルは印象的だと思うね」
    チャンピオンズリーグでのバルセロナ戦が近いね?)

    レアル・マドリーとは何度も戦ってきたが、バルセロナとは初めてだ。

    何ができるのかを見てみたいね。バルセロナ戦について素晴らしいことを言うならば、その相手は誰も格上だと思われない点だ。

    チャレンジに対応し、おそらく他とは違ったことをする。魅力的だね。まだ私が何らプランを作っていないとしても」

    【関連記事】UEFAチャンピオンズリーグ、編集部が選ぶ「史上最高の決勝」はコレ

    イングランドが2チーム勝ち残ったね?)

    「おしなべて言えば、いくつかのビッグクラブが大きな変化を遂げている。レアル・マドリーロナウドを売り、バイエルン・ミュンヘンも人を変えた。

    近い将来他のクラブも同じようになるだろう。イングランドトップ4はとてもいい年齢構成がある。もちろん多くのいい選手がいるには理由がある。

    イングランドサッカーはいい。代表チームもいい。トップ6のクラブもとてもいい。しかし、それは将来の保証にはならないけどね」
    クロップ監督が明かす…試合を好んで見る「6つのチーム」とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】クロップ監督が明かす…試合を好んで見る「6つのチーム」とは?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    チェルシーMFに手取りで週給5800万円のオファー レアルは獲得に資金を惜しまず

     来季の王座奪還を目指すレアル・マドリードは、チェルシーベルギー代表MFエデン・アザール獲得に向けて、着々と動いているようだ。英紙「ザ・サン」は、今夏のトップターゲットであるアタッカーに対し、手取りで年俸2000万ポンド(約30億円)のオファーをしたと報じている。

     2012年にリールから加入したアザールは、7シーズンにわたってチェルシーエースとして活躍。かねてからレアルへの憧れを公言しており、いよいよ今季終了後にはスペイン移籍が実現すると報じられている。

     レアルとしてもアザールの獲得は悲願となっていて、資金を惜しまないようだ。この移籍に関して、チェルシーが要求する金額は約1億ポンド(約145億円)と言われている。さらに、アザールへのサラリーを手取りで週給40万ポンド(約5800万円)を用意。年俸に換算すると、約30億円という手厚い待遇で迎えようとしている。

     アザールシーズンが終わるまでは去就について明らかにしない方針だが、すでに大筋で合意していると噂されている。今夏最大の注目株は、最終的にどのような決断を下すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル、悲願のアザール獲得へ前進か 年俸30億円の好オファーで大筋合意と英紙報道】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    フィリペ・コウチーニョ 写真提供:Getty Images

     チェルシーFIFA国際サッカー連盟)からの移籍禁止処分が免除されればバルセロナブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョの獲得に動く可能性があるようだ。スペイン紙『Sport』が伝えている。

     今夏の去就に注目が集まるコウチーニョ。同選手の獲得にはマンチェスター・ユナイテッドパリ・サンジェルマンなどが関心を寄せていた。

     しかし、コウチーニョは今月初めに「イギリスに戻ることはない」とプレミアへの移籍を否定していた。

     そんな中、今回の報道によるとチェルシーが移籍禁止処分を免除されることとなれば、ベルギー代表FWエデン・アザールの後釜として獲得に動く可能性があるようだ。

     果たして、チェルシーは補強できるだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】チェルシー、移籍禁止処分が免除ならコウチーニョ獲得へ?】の続きを読む

    このページのトップヘ