Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 contents.gunosy.com)



    マンUでアシスタントコーチを務めたレネ氏が、若き日のロナウドとの日々を回想

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはユベントスに電撃移籍を果たし、イタリアにセンセーションを巻き起こしている。レアル・マドリードでの9年間で通算451得点を決めた男は、堅守を伝統とするセリエAでもゴールを量産できるのか注目が集まるなか、恩師が規格外の得点感覚とシュート技術を培ったトレーニング法を明かしている。

     イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに登場したのは、オランダ人指導者のレネ・ミューレンスティーン氏だった。名将アレックス・ファーガソンの右腕としてマンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めた同氏は、ゴールマシンとして覚醒する以前のロナウドを指導した。

    「完璧主義者だった。『最高の存在でありたい』と話していたので、私は『ならば戦略が必要だ。ゴールを一番多く決めなければならない』と答えたんだ。彼は常にパーフェクトな得点を決めたがった。エリア外からゴールの隅を狙ったが、なかなか決まらなかった」

     昨季インド1部ケーララ・ブラスターズを率いたレネ氏は、ユナイテッド時代のロナウドについてこう語った。当時、得点力アップのために特別メニューを組んだという。

    「全ては1対1がベースだ。エリアに応じて、3タイプの違う守備を彼につけた。例えば、2番目のゾーンにはGKのポジションを重視してシュート選択を決める。1番目のゾーンではボレーで決めることに重点を置く。他の状況を生み出すために、視野を広げる研究もした」


    ゴールを9つのエリアに色分けしてトレーニング

     レネ氏によれば、常にマーカーと対峙した状態を作り、ゴールからの距離に応じて様々なシュートパターンを磨いたという。

    「ゴールを9つのエリアに分けてそれぞれ色分けした。例えば、黄色ならポストの近くの低いゾーン。シュートの構成を視覚化することが狙いだ。クリスティアーノは指示された色のゾーンにシュートしなければならなかった」

     このトレーニングは効果てきめんだった。レネ氏も「確実に上手くいったよ。ロナウドは常に一番になりたかった。様々な技術をすぐに習得していた」と振り返る。ウインガーだったロナウドが稀代のスコアラーに変貌した裏には、名将ファーガソンの右腕だったレネ氏との特訓の日々があった。


    (Football ZONE web編集部)

    マンU時代の恩師であるレネ・ミューレンスティーン氏が、ロナウドの得点力アップのために特別メニューを組んだという【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドが稀代のスコアラーに変貌した理由 恩師が明かした若き日の特訓とは?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「我々の神」と名将から絶賛されたアラバが恩師に感謝「僕にとって重要な存在」

     バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバは、かつて指導を受けた“ペップ”ことジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)の存在がキャリアに大きな影響を与えたと告白。スペイン人指揮官がバイエルンを去ってから2年が経った今でも、「世界最高の監督の一人」と称賛している。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じた。

     グアルディオラ監督は2013年6月にバイエルンの指揮官に就任。チームを率いた3シーズン全てでリーグ制覇、2度のDFBポカール優勝に導いた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝こそ果たせなかったが、その前のバルセロナではCL制覇も経験している。

     当時、グアルディオラ監督から「10近いポジションをこなせる」「我々の神」などと絶賛されたアラバは、「彼は僕にとって重要な存在だ。僕を新たなレベルに導いてくれた」と恩師に感謝の意を示した。

    「彼の下で、僕は様々なポジションでプレーすることができた。彼は新たなスタイルを持ち込み、僕らはサッカーについて多くのことを学んだし、あの時のプレースタイルは素晴らしかった。CLでは勝てなかったが、当時はとても運が良くなかったんだ。パフォーマンスは最高だった。世界最高の監督の一人だし、もしそうでなければ、僕の出会ったなかで最高だ」

     グアルディオラ監督は現在マンチェスター・シティで監督を務めており、昨季プレミアリーグ優勝を果たすなど大成功を収めた。アラバは「素晴らしい仕事をして、最高のやり方でイングランドでのタイトルを手にした」と述べ、その仕事ぶりを見れば当然のことだと説いていた。


    (Football ZONE web編集部)

    アラバ(右)はかつて指導を受けたグアルディオラ監督(左)の存在が、キャリアに大きな影響を与えたと告白【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】グアルディオラは「世界最高の監督の一人」 元教え子DFが絶賛、プレミア優勝は「当然」】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



    レスターのシュマイケルも後釜候補の一人

     マウリツィオ・サッリ新体制となったチェルシーがアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフ復帰を熱望していると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。ベルギー代表GKティボー・クルトワ移籍が浮上しているなかで、レスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルも候補の一人だという。

     アントニオ・コンテ監督が退任し、新たにサッリ監督を招聘したチェルシー。指揮官と同じく、ナポリからイタリア代表MFジョルジーニョを獲得するなど監督の色が反映された補強が着々と進んでいる。

     その一方で、ベルギー代表MFエデン・アザールにレアル・マドリード移籍の噂が過熱するなど、陣容の大刷新が起こる可能性もある。不動の地位を築いている守護神クルトワもレアルから5500万ユーロ(約72億円)のオファーを受けているとベルギー紙「Het Nieuwsblad」で報じられており、備えとしてのGK獲得も急務となる。

     そこで浮上した驚きの補強候補が、2004年からアーセナルへ移籍した15年までチームの主軸だった36歳のチェフ再契約というプランだ。4度のリーグ優勝と2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝を知る大ベテランに白羽の矢を立てたという。

     ロシア・ワールドカップでも活躍したシュマイケルにも同時に関心を示していると報じられている。いずれもプレミアリーグで実績十分のベテランがチェルシーのターゲットとなっているようだ。


    (Football ZONE web編集部)

    チェルシーがチェフの4年ぶり復帰を熱望している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】守護神クルトワ退団浮上のチェルシー、元チェコ代表GKチェフの4年ぶり復帰を熱望】の続きを読む

    このページのトップヘ