Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、自身の去就について明言しなかった。20日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

     チェルシーとの契約が2019年6月30日までとなっているクルトワ。チェルシーは契約延長を望んでいるものの、いまだに合意には至っていない。来年1月の移籍市場からフリーでの移籍が可能となることから、契約延長をしないのであれば今夏に退団する可能性もあることが報じられている。

     クルトワは自身の去就について「ここ数週間や数カ月で言ってきているように、僕が来シーズンもチェルシーでプレーしているかどうか分かるのは全てW杯が終わってからだ」とコメントし、チェルシー残留を明言しなかった。

     一方で、来シーズンチェルシーがタイトルを獲得するためには、膨大な移籍金をかけて選手を獲得する必要があるかと聞かれると「そうだね、必要だと思う」と応え、次のように続けた。

    「(マンチェスター)シティーや(マンチェスター)ユナイテッドがどのようにお金を使って戦っているのかを見れば分かることだと思う。トップを狙うのであれば、彼らと同じようなことをしなければならない。もちろん、限界はあるだろうけどね」

    「今日の移籍市場は少し狂っているように思う。今ではディフェンスの選手のために8000万ポンド(約120億円)を支払わなければいけなくなっている。これはおかしなことだ。でも、クラブは必要なことをしてくれると思うよ」

     また、今シーズンは5位に終わり来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したチェルシー。しかし、19日に行われたFA杯決勝ではマンチェスター・Uを下し、6年ぶり8度目の優勝を果たし、タイトルを一つ獲得した。今シーズンの出来についてクルトワは次のように語った。

    「僕たちはタイトルを獲ったのだから満足している。それがサッカーだと思う。FA杯のような大きなタイトルを獲れたことは喜ばしいことだ。もちろん、CL出場権を逃したことは望んでいたことではない。ただ、来シーズンに向けてハードワークをして、またトロフィーを獲得できるようにしたい。シーズンの終わり方として、タイトルを獲って終えることはとてもいい終わり方だと思う」

    チェルシーとの契約が来夏までとなっているクルトワ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】クルトワ、チェルシー残留を明言せず「全てはW杯が終わってから」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    日本の対戦国コロンビア、セネガル、ポーランドを分析

     ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで1カ月を切り、各国が登録メンバーを発表するなどムードが高まっている。開催国ロシアの現地メディア「rt.com」でも出場国の現状に注目しており、日本代表が属するグループHは「トップを目指すにはタイトな争いとなる」と予測されている。

     同メディアは「それぞれスター選手を抱えるポーランド、セネガル、コロンビアの間でトップを争うことになるだろう。日本の場合はサッカー協会内のごたごたがあったものの、各チームは攻撃的なタレントを擁し、群雄割拠のグループになる」と紹介。バヒド・ハリルホジッチ前監督を解任し、西野朗監督の下で臨む日本について少々厳しい見立てをしているものの、どこが勝ち抜けてもおかしくないグループと見ているようだ。

     同メディアはそれぞれの国の注目選手を挙げている。ポーランドはFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)が「ベスト16進出のために必要なゴールを奪える世界クラスのセンターフォワード」、セネガルはFWサディオ・マネ(リバプール)が「セネガルで最も脅威を与える潜在能力を持つアタッカー」、コロンビアはMFハメス・ロドリゲス(バイエルン)が「コロンビアフットボール界のゴールデンボーイだ」とそれぞれ紹介されている。

     一方、日本はどう評価されているか。「ハリルホジッチ監督は香川真司(ドルトムント)、本田圭佑(パチューカ)らクリエイタータイプを何度か落選させ、より手堅くフィジカルな存在に頼っていたが、それをメディアから批判された。予選ではその戦略はハマったが、西野監督は名のある選手たちを復帰させざるを得ないだろう」と岡崎慎司(レスター・シティ)らの存在に触れている。


    強力アタッカーたちと対峙する日本のDF陣 「チャンスを制限する必要がある」

     そのなかでキープレーヤーとして挙げたのは、吉田麻也(サウサンプトン)だ。

    「日本の後方を守る吉田麻也は忙しい男となるだろう。グループリーグではレバンドフスキ、マネ、ラダメル・ファルカオ(モナコ)とマッチアップが予測され、ゴール前でのチャンスを制限するため全力を尽くす必要性がある」としている。

     なお香川については「選出された場合は日本の攻撃のクリエイティブ役になるだろう」としている。香川は当落線上であるとしつつも、やはり攻撃のカギを握っていると見られているようだ。

     日本は6月19日のW杯グループリーグ初戦でコロンビア、24日に第2戦でセネガル、28日に第3戦でポーランドと対戦する。


    (Football ZONE web編集部)

    開催国ロシアのメディアは、グループHは「トップを目指すにはタイトな争いとなる」と予測している(写真は3月27日のウクライナ戦)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】W杯躍進のキーマンは? 露メディアが指名「忙しい男となる」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     20日行われた試合で、欧州5大リーグ(リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)は2017-18シーズンの全日程を終了した。そこで今回は、2013-14シーズン以降、ここ5年の間に最も多くのタイトルを獲得した10名の監督をランキング形式で紹介する。欧州トップレベルにおける“タイトルコレクター”は果たして誰になるだろうか。

    *記載したタイトルは直近5シーズンのみ(5月20日時点)

    10位:アントニオ・コンテ(イタリア出身)

    獲得タイトル:4
    <ユヴェントス:2011~2014>
    セリエA/13-14
    スーペルコッパ・イタリアーナ/2013

    <チェルシー:2016~>
    プレミアリーグ/16-17
    FAカップ/17-18

     2013-14シーズンにセリエA3連覇を達成したあと、ユヴェントスを電撃退任。その後、イタリア代表監督を2年間務めて、チェルシーの監督に就任した。昨シーズンはプレミアリーグ初挑戦ながら、リーグ優勝を達成。イングランドに3バック旋風をもたらすなど、大きなインパクトを与えた。

    9位:ジョゼ・モウリーニョ(ポルトガル出身)

    獲得タイトル:5
    <チェルシー:2004~07、2013~15>
    プレミアリーグ/14-15
    リーグカップ/14-15

    <マンチェスター・U:2016~>
    リーグカップ/16-17
    コミュニティーシールド/2016
    ヨーロッパリーグ/16-17

     ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリードで数々のタイトルを獲得してきた“優勝請負人”。マンチェスター・Uの監督就任1年目となった昨シーズンも、3つのタイトルを獲得した。しかし、今シーズンはプレミアリーグで2位。19日のFAカップ決勝にも敗れ、キャリアで最も多くのタイトルを獲得してきた“就任2年目”でまさかの無冠に終わった。

    8位:アーセン・ヴェンゲル(フランス出身)

    獲得タイトル:6
    <アーセナル:1996~2018>
    FAカップ/13-14、14-15、16-17
    コミュニティーシールド/2014、2015、2017

     今年4月、今シーズン限りでの退任を発表。約22年間の長期政権に終止符を打った。無敗優勝(26勝12分け)を成し遂げた2003-04シーズンを最後にプレミアリーグで優勝することはできなかったが、FAカップ連覇など、ここ5シーズンで6つのタイトルを獲得した。

    7位:カルロ・アンチェロッティ(イタリア出身)

    獲得タイトル:7
    <レアル・マドリード:2013~2015>
    コパ・デル・レイ/13-14
    チャンピオンズリーグ/13-14
    UEFAスーパーカップ/13-14
    クラブワールドカップ/2014

    <バイエルン:2016~2017>
    ブンデスリーガ/16-17
    ドイツ・スーパーカップ/2016、2017

     レアル・マドリードでは就任1年目にチャンピオンズリーグ(CL)優勝を達成。同クラブ史上10度目の欧州制覇を成し遂げた。さらに、バイエルンでも就任初年度にブンデスリーガを制覇。欧州5大リーグのうち、リーガ・エスパニョーラを除く4つのリーグで優勝を成し遂げた唯一の監督となった。

    6位:ジネディーヌ・ジダン(フランス出身)

    獲得タイトル:8
    <レアル・マドリード:2016~>
    リーガ・エスパニョーラ/16-17
    スーペルコパ・デ・エスパーニャ/2017
    チャンピオンズリーグ/15-16、16-17
    UEFAスーパーカップ/2016、2017
    クラブワールドカップ/2016、2017

     2016年1月にレアル・マドリードの監督に就任。トップチームでの指導者キャリアをスタートさせると、それから半年と経たずにCLを制覇した。2017年にはクラブ史上初となる年間5冠を達成。今シーズンのCLも決勝まで勝ち上がり、26日に行われるリヴァプール戦に勝利すれば9つ目のタイトルを手にする。

    3位:ルイス・エンリケ(スペイン出身)

    獲得タイトル:9
    <バルセロナ:2014-2017>
    リーガ・エスパニョーラ/14-15、15-16
    コパ・デル・レイ/14-15、15-16、16-17
    スーペルコパ・デ・エスパーニャ/2016
    チャンピオンズリーグ/14-15
    UEFAスーパーカップ/2015
    クラブワールドカップ/2015

     2014年にバルセロナの監督に就任すると、1年目からリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(国王杯)、CLの3冠を達成。ジョゼップ・グアルディオラ監督に次いで、クラブ史上2人目の快挙を達成した。その後もリーグ2連覇やクラブワールドカップ制覇を成し遂げるなど、数々のタイトルをもたらした。

    3位:マッシミリアーノ・アッレグリ(イタリア出身)

    獲得タイトル:9
    <ユヴェントス:2014~>
    セリエA/14-15、15-16、16-17、17-18
    コッパ・イタリア/14-15、15-16、16-17、17-18
    スーペルコッパ・イタリアーナ/2015

     2014年8月にアントニオ・コンテからユヴェントス指揮官の座を引き継ぐと、今シーズンまでにセリエAとコッパ・イタリアの国内2冠を4年連続で達成。欧州5大リーグで史上初となる記録を樹立し、イタライの“絶対王者”としての地位を揺るぎないものにした。

    3位:ジョゼップ・グアルディオラ(スペイン出身)

    獲得タイトル:9
    <バイエルン:2013~2016>
    ブンデスリーガ/13-14、14-15、15-16
    DFBポカール/13-14、15-16
    UEFAスーパーカップ/2013
    クラブワールドカップ/2013

    <マンチェスター・C::2016~>
    プレミアリーグ/17-18
    リーグカップ/17-18

     バイエルンではリーグ3連覇を達成するなど、“1強体制”をさらに強固なものにした。マンチェスター・Cでも、就任1年目はキャリア初の無冠に終わったが、今シーズンはプレミアリーグとリーグカップの2冠を達成。最多勝ち点(100)、最多勝利(32)、最多得点(106)のリーグ新記録を樹立するなど、圧倒的な強さを見せつけた。

    2位:ウナイ・エメリ(スペイン出身)

    獲得タイトル:10
    <セビージャ(2013~2016)>
    ヨーロッパリーグ/13-14、14-15、15-16

    <パリ・サンジェルマン:2016~2018>
    リーグ・アン/17-18
    クープ・ドゥ・フランス/16-17、17-18
    クープ・ドゥ・ラ・リーグ/16-17、17-18
    トロフェ・デ・シャンピオン/2016、2017

     セビージャでヨーロッパリーグ3連覇の偉業を達成したあと、パリ・サンジェルマン(PSG)でも2シーズンで7つのタイトルを獲得した。ただ、PSGの史上命題であったCLでの躍進は成し遂げられず、2年連続でベスト16敗退。今シーズン限りでの退任が決まった。

    1位:ローラン・ブラン(フランス出身)

    獲得タイトル:11
    <パリ・サンジェルマン:2013~2016>
    リーグ・アン/13-14、14-15、15-16
    クープ・ドゥ・フランス/14-15、15-16
    クープ・ドゥ・ラ・リーグ/13-14、14-15、15-16
    トロフェ・デ・シャンピオン/2013、2014、2015

     数々の名将を差しおいて1位に輝いたのは、ローラン・ブラン氏。フランス代表監督を経て、2013年夏にパリ・サンジェルマンの指揮官に就任すると、3年間で11個のタイトルを獲得した。在任中は2年連続で国内3冠を達成したが、CLではベスト8の壁を乗り越えることができず。2016年夏の退任以降は、フリーの状態が続いている。

    (記事/Footmedia)

    欧州の“タイトルコレクター”たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ジダン、ペップではない…欧州5大リーグの“タイトルコレクター”は?】の続きを読む

    このページのトップヘ