Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    5A4FAF59-A1CA-4A97-A3AE-8E556413A4E2


    1 Egg ★ :2019/01/20(日) 07:48:25.97 ID:0YstOKUB9.net

    [1.19 リーグアン第21節 ニーム0-1トゥールーズ]

     フランス・リーグアンは19日に第21節を行い、日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズは敵地でニームと対戦し、1ー0で勝利した。4日に加入した昌子は初先発でリーグアンデビューを果たした。

     昌子の海外挑戦がスタートした。4日にトゥールーズに加入した昌子は先発入りを果たし、3バックの左で起用される。前半5分には相手の縦パスを素早くカット。そのまま味方にパスを出し、攻撃へとつなげていく。また積極的に周囲に声をかけ、ジェスチャーを交えてコミュニケーションを取っていった。

     前半28分、PA内で味方に当たったボールが昌子の体に当たり、ニームの選手がハンドを主張。敵地のスタジアムが騒然とするも、主審はハンドの判定を取らず。その主審の判定に抗議した相手指揮官が退席処分となった。

     前半30分過ぎにはベンチから昌子に指示が出る。しかし、その指示は声ではなくスタッフが書いた紙。昌子は指揮官から紙を受け取ると、注意深く目を通していった。

     するとトゥールーズが前半41分に先制する。右サイドのDFケルビン・アミアンがアーリークロスを上げ、最前線のFWヤヤ・サノゴがスライディングでワンタッチ。トゥールーズがスコアを動かし、1-0で前半を折り返した。

     後半19分にはアクシデント。サイド際でMFイッサイガ・シラが相手選手と交錯した際に口論に。異常に気づいた昌子はいち早く両者の間に割り込み、仲裁に入った。

     試合はそのままトゥールーズが1-0で勝利した。昌子は初戦という状況と、1対1の対峙が激しいリーグアンの戦いに不慣れな中でもフル出場で完封に貢献。新天地で好スタートを切った。

    1/20(日) 5:52配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-20058871-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】<トゥールーズ昌子源>デビュー戦で完封白星!監督から紙で指示、口論仲裁も】の続きを読む



    (出典 zunzunblog.net)



    第97回の全国高校サッカー選手権大会は、青森山田(青森)の優勝で幕を閉じた。

    かつて柴崎岳を輩出した東北の雄は今大会も前評判通りの強さで勝ち進むと、決勝で前回準優勝の流通経済大柏(千葉)を3-1で退け、2年ぶり2度目となる栄冠を手にした。

    決勝で2ゴールを記録した檀崎竜孔(北海道コンサドーレ札幌)、大型DFの三國ケネディエブス(アビスパ福岡)はこれからプロの世界で凌ぎを削ることとなる。

    一方、今冬に鹿島アントラーズからヴィッセル神戸へ移籍したDF西大伍は、青森山田のあの選手が「プロ入りしない」ことに驚いたようだ。

    西が挙げた「天笠くん」とは、背番号6番のMF天笠泰輝のこと。

    天笠に関しては、青森山田の一年先輩で現在神戸でプレーする郷家友太も「チームの心臓」として太鼓判を押した逸材だ。

    中村俊輔に憧れていたという左利き18歳は天性の感覚と展開力を持つ守備的MFで、決勝でもその優れた技術によってチームを自在にコントロールしていた。

    その天笠は、中学まで地元の群馬でプレーしたもののプロ入りを目指して青森山田へ入学している。

    となれば当然プロ入りを希望しているはずだが現時点で獲得したクラブはなく、報道によれば関西大学へ進学する予定なのだという。

    プロが唸るほどの能力を持ちながら(本人が断った可能性もあるが)獲得するクラブがない…その事実は、日本代表経験を持つ西にとっても驚きのことだったようだ。

    西大伍、Jクラブが「獲得しない」ことに驚いた青森山田の選手って?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】西大伍、Jクラブが「獲得しない」ことに驚いた青森山田の選手って?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    バイエルントップターゲットであるハドソン=オドイに破格のオファー

     U-19イングランド代表FWカラムハドソン=オドイの引き留めに向け、チェルシーがメガオファーを提示する用意があるようだ。同選手を巡っては、バイエルンが今冬のトップターゲットと定めて獲得の意思を示し、チェルシーに再三オファーを出している。

     バイエルン18歳ハドソン=オドイ獲得に向け、移籍金を徐々に増額しており、最近ではチェルシーの評価額に届く3500万ポンド(約49億6000万円)で4度目の打診を行った。将来が楽しみな若手とはいえ、ここまでイングランドプレミアリーグにわずか2試合しか出場していない選手に対しては破格の金額を提示し、“本気モード”であることを示している。

     しかし、チェルシーは秘蔵っ子ハドソン=オドイをどうしてもバイエルンに渡したくない様子。英紙「デイリーメール」によれば、チェルシーは同選手に対し、最低でも週給5万ポンド(約707万円)、一定の条件を満たせば週給7万ポンド(約991万円)という新契約を提示する見込みで、移籍阻止に動く予定だという。現在のハドソン=オドイの週給は2万2000ポンド(約311万円)だというから、最高で3倍以上もアップすることになる。

     これが実現すれば、ハドソン=オドイは10代のサッカー選手としては最高峰のサラリーを得る選手となる。バイエルンが獲得に本気なら、チェルシーも慰留に本気ということだが、肝心の本人の気持ちはトップチームでより試合に出場できる可能性の高いバイエルン行きに傾いているともっぱらの噂。メガオファーの提示で同選手の心をつなぎとめることができるかどうかは不透明だ。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーのFWハドソン=オドイ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシーが18歳FWを全力で引き留めへ 週給最大991万円のメガオファー提示か】の続きを読む

    このページのトップヘ