Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 sport-japanese.com)



    『Talksport』は25日、「チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールは、レアル・マドリーに対して大きな給与を要求した」と報じた。

    チェルシーとの契約が2020年6月30日までとなっており、今夏チームを離れる可能性があると言われているアザール。移籍先として最有力とされているのがレアル・マドリーだ。

    記事によれば、アザールは彼を獲得しようとしているレアル・マドリーに対し、現在「年俸2000ユーロ(およそ24.9億円)」という条件を要求しているようだ。

    チェルシーは彼の移籍金を1億ユーロ(およそ124.3億円)と設定しており、レアル・マドリーの入札額は8000万ユーロ(およそ99.5億円)であると言われている。

    また、エデン・アザールレアル・マドリーに対して「10番を明け渡すように」と求めているとのこと。

    【関連記事】アザールが退団するなら…チェルシーが獲得すべき5名のアタッカー

    レアル・マドリーの10番はルカ・モドリッチが着用しており、彼はそれを手放す意思がないことから、クラブモかなりこれには悩んでいるようで…。

    レアル、給与はこれだけ払え!アザールの要求がでかい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル、給与はこれだけ払え!アザールの要求がでかい】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ドラゴンボールファンとして知られるメッシの帽子姿をリーガ公式インスタグラムが公開

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは世界的人気を誇る漫画「ドラゴンボール」のファンで知られる。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムメッシファッションに“ドラゴンボール要素”を導入していることを取り上げている。

     メッシは今季、リーグ戦で33ゴールを記録。2位につける同僚のウルグアイ代表FWルイス・スアレス(21ゴール)に11ゴール差をつけて得点ランキング首位を独走している。また、ベスト4に駒を進めたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも10ゴールで1位に立っている。

     国王杯(コパ・デル・レイ)を含めた3冠を視野に入れるバルセロナエースだが、リーガ公式インスタグラムメッシファッションに注目。「メッシは帽子に乗っかるベジータがお好き」と文章を添え、バルセロナジャージを着用しているメッシが、ドラゴンボールの主要キャラクターであるベジータが描かれたキャップを被っている姿を公開している。

     ファンの間でも、「メッシスーパーサイヤ人だ」「メッシは熱狂的なドラゴンボールマニアだ」「ぜひロナウドには悟空の帽子を被ってほしい」「彼もベジータ同様、王の立場だ」と反響を呼んでいた。

     現地時間2月25日に行われたリーグ第25節セビージャ戦(4-2)の試合後もベジータの帽子を被りながらファンサービスに応じていたことが取り上げられており、メキシコメディア「Medio Tiempo」公式ツイッターは「サイヤ人の王子! ベジータの帽子を被ったメッシは何十人もの少年たちにサインを書いていたが、その数日前にはブルマの帽子を着用している姿も目撃されている。ドラゴンボールファン!」と綴り、ベジータの妻にあたるブルマの帽子まで所有していたことが明かされていた。

     メッシドラゴンボール好きは、どうやら本物のようだ。(Football ZONE web編集部)

    バルサFWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサFWメッシ、熱狂的な“ベジータ仕様”の帽子姿に反響 「彼も王の立場だ」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    『FourFourTwo』は25日、「アイントラハト・フランクフルトフレディ・ボビッチ会長は、FWルカ・ヨヴィッチがレアル・マドリーに移籍する可能性があると認めた」と報じた。

    先日貸し出し元のベンフィカからフランクフルトに完全移籍することが決定したルカ・ヨヴィッチ。ドイツで25ゴールを決めた売出し中のエースは、現在今夏の去就が大きな話題になっている。

    スペインの2強であるレアル・マドリーバルセロナが彼の獲得に関心を持っていると言われており、今後どのような動きがあるのか注目されている。

    フランクフルトのボビッチ会長は『ZDF』に対して以下のように話し、現実的にはキープできないだろうと語ったそう。

    【関連記事】2018年下半期、最も価値を上げたFWはこの10人だ!

    フレディ・ボビッチ

    「ヨヴィッチがレアル・マドリーと契約する現実的な可能性がある。

    私はアイントラハト・フランクフルトにいてほしいと願っているが、現実的にもならなければならない。

    レアル・マドリーのような大きなクラブが彼の獲得を望めば、我々がヨヴィッチを引き止められるチャンスはない事も知っているのだ」
    ヨヴィッチ、レアル移籍はありえる…フランクフルト会長が明かす


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ヨヴィッチ、レアル移籍はありえる…フランクフルト会長が明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ