Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。

    例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズン新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。

    横浜FCで3シーズン目を迎える中村俊輔。今シーズンの開幕に向けては「去年の形、ビルドアップからしっかりというものプラス、今年はFWに4人も良い選手が入ってきて、それをどう生かすかというか、良い選手が入ってきただけで枝分かれして良い感じできています」と新戦力へ期待のコメント。「去年は回すところを、早めに2トップ当ててみたりとか、そういった状態がすぐに最初の和歌山キャンプで表れていました。練習試合で細かいところを積み上げてきてという状態です」と語り、新たな戦い方にも手応えがある様子を語った。

    また、「細かいところはJリーグ始まってからというのはありますが、選手の競争というか、誰が出ても今のところあまり遜色ないという感じです」と語り、チームとしての総合力も上がっているという印象のようだ。

    開幕戦で対戦する北海道コンサドーレ札幌については「ミシャさんは広島、浦和、札幌と[3-4-3]から[4-1-5]とかやりずらい戦術を使ってくる」と語り、「前に良い選手もいますし、去年もやられているので、反省を生かしながら今週は自分たちの形もありますけど、相手にどうやったらやらせないかということを含めて今日もやりました」と語り、苦手としながらもしっかりと対策を練っていると明かした。

    苦手と語るミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーだが、具体的には「[3-4-3]なんですけど、そこからフォーメーションが変わってというのは、ミシャさんがJリーグに初めてもたらせたと思います」とコメント。「選手の特徴が出やすくて、連動がすごく細かく、みないでもフリックしてとか、そういった部分です。戦術というよりも選手が特徴を生かしやすいところが一番です」と語り、選手個々の能力が最大限引き出される戦い方がやりにくさだと明かした。

    シーズンはケガもあり、あまり出場機会を得られなかった中村だが、J1で同年代の選手と対戦することについては「ジュビロから移籍して、その時はJ2で、J1に上がれて、またそういう舞台でやれると思っていなかったので、今年はより出場時間を長くしていけると思います。足首の状態も良いので」と語り、昨シーズン以上に試合に絡めるだろうとコメント。「遠征メンバーに入れたらと思いますし、伸二とまたやれればと思います」と、開幕戦での対決を楽しみにしていると語った。

    この日は同世代のMF小野伸二との合同会見だったが中村は小野について「開幕のカードが決まってからそういった質問が多いんですが、伸二は自分の中で一番うまい選手だと思います」と評価。「ライバルという感じでもないです。昔からの話をするといっぱいあるのでやめておきますが、対戦相手としてもそんなにないです。味方としてやったこともそんなにないです」と、実はあまり接点は多くないという。それでも「こうやって年齢がいいってJ1でやれるというのはあります。お互い良いものを出せれば最高だなと思います」と語り、ピッチ上で良いところを見せたいと語った。

    その中村だが、小野が持つ能力で欲しいものについては「両方蹴れるところと、体のバランスが僕は片方に寄っているので、バランスが両方にある分、動きやすいんだろうなと。反転とかトラップとか」と意外なところをチョイス。「キックとかドリブルとか視野の広さというよりも、一回、伸二の体になりたい。僕は片方しかできないので、そういう感覚になってみたい」と両足を器用に使う部分を感じたいと明かした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「足首の状態も良い」中村俊輔、横浜FCの仕上がりは「誰が出ても今のところあまり遜色ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     昨シーズンは、『宮本ガンバ』としては過去最高順位となるリーグ2位という成績を残した。首位・川崎フロンターレには大きく引き離されたものの、守備に対する意識の高さを含め、勝負どころで示した粘り強さは確実に勝ち点を積み上げていく上での後ろ盾となった。

     その戦いをもとに、今シーズンの戦いを迎えるにあたって宮本恒靖監督がチームに植えつけたいと明言したのが、「ボールを持った際のプレーの質の向上」だ。

    サッカーボールを持つ時間を競うスポーツではないので、そこだけに固執したくはないですが、ボールを持つことはチャンスの数をより多く作り出すことにもつながるし、守っている時間を減らすことにもなります。また、これまで以上に相手陣内へと押し入る試合展開に持ち込むためにも、ボールを持ちながら相手をどこまで引きつけられるのか、余裕を持って時間を作り出せるのかトライしていきたいです。と同時に、ゴールを陥れるには、相手のゴール前、ペナルティエリアでのプレーの選択の幅や、質の向上も必要だと感じています」

     その狙いを明確に示すのが、宮本監督が掲げた「数字」だ。

     今シーズンリーグ戦の試合数が例年の34試合から38試合に増えることを踏まえて、目標とする勝ち点は75に、得点数は65に設定した。

    「得点数は単純に『複数得点』を睨んでの数字です。昨年は1点差勝利が17試合ありましたが、これは勝負強さを示せたとも言えますし、追加点を取れなかったという見方もできます。実際、試合のラスト10分では攻めきって追加点を狙うというより守り切る展開になることが多かった。もちろん、だからこそ勝ちきれた試合もあるだけに試合によってはそういう戦い方も大事に考えたいですが、先ほどお話しした攻撃での成長を求めるためにも、後半の途中で2点目を、さらに終盤には3点目を狙えるような戦いを目指したいと思っています」

     そのための新たなチャレンジとして、沖縄キャンプでは4-3-3という新システムにも着手したと聞く。練習試合はすべて非公開で行われたため全容は明らかにされていないが、宮本監督によれば「去年の戦いをベースに置きながらもさらにチームとして成長するために、また対戦相手に応じてシステム的にも柔軟に対応できるようになっていきたいという考えでのトライ」ということ。これまでもシステムについては対戦相手に応じて柔軟に変化させたいと話してきた指揮官だけにあくまでオプションの1つという印象だが、いずれにせよ昨年の守備の安定をベースに、毎試合のように複数得点を重ねられるような攻撃が実現すれば、いよいよ2015年以来遠ざかっているタイトルに手が届くシーズンになりそうだ。

    ◆【KEY PLAYER】6 チュ・セジョン

    ボールを持った際のプレーの質の向上」を目指すには中盤でゲームをつくる役割を担う選手が不可欠だが、遠藤保仁が期限付き移籍中の今、キーマンとして期待されるのが足元の技術の高さに定評がある新加入のチュ・セジョンだ。先に書いた新システムでは、多くの時間をアンカープレーしてきたが、中盤であればどこでもプレーできるユーティリティさも魅力のひとつ。前線を預かる宇佐美貴史も「去年の戦いを踏まえて、ボランチで捌きながら圧倒的にボールの配給ができる選手が必要だと感じていたので、セジョンが入ってどれだけボールが回るようになるのか楽しみ」と、攻撃の変化を楽しみにしている。もちろん、セジョンにもその自覚はある。

    ガンバの攻撃をつくり上げる上で、僕の武器である長短のキックは活かすことができるはず。周りとうまく連動しながら、より多くのボールを前線に供給したい」

     セジョンにとっては初の海外移籍となるため、気になるのはリーグチームへの適応だが、本人曰く「もともと明るい性格だし、親しくなるほど距離も近くなって冗談も増える。ヨングォン(キム)をはじめ、他のチームメイト助けてくれているので適応にはそう時間はかからないはず」とのこと。「1日も早くJリーグの試合のテンポに慣れ、自分らしいプレーをより多く発揮したい」と意欲を示した。

    文=高村美砂

    今季チームは、2015年以来遠ざかっているタイトルの獲得を目指す [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】昨季は『宮本ガンバ』過去最高順位のリーグ2位…今季は新システムの4-3-3にもチャレンジ|G大阪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、1-0で勝利したアタランタとの試合を振り返ってコメントした。24日、UEFA公式サイトが伝えている。

     レアル・マドリードは24日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでアタランタと対戦。試合はホームのアタランタが序盤に退場者を出すと、そこから流れは一気にマドリーのものに。しかし自陣に引いたアタランタを攻めあぐね、スコアレスのまま終盤へ突入すると、86分にフェルラン・メンディが右足でミドルシュートを突き刺し、1人少ない相手になんとかリードを奪って第2戦への弾みをつけた。

     ジダン監督は、「彼らは守備面で素晴らしい仕事をした」とアタランタのパフォーマンスを称えながらも、「我々にとっては良い結果で、それが最も大切なこと」と勝利に安堵。そして、数多くのケガ人を抱えながらも勝利したチームに対しては、「我々は正しい道のりにおり、守備面も強く、チャンスを与えなかった」と称賛している。

     また今後の戦いに向けては、「まだセカンドレグがあるし、我々はホームでも勝利しなければならない」と、16日に迎える本拠地での第2戦に向けて気を引き締めた。

    アタランタ戦を振り返ったジダン監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】10人のアタランタに苦戦も、敵地での勝利にジダンは満足「正しい道のりにいる」】の続きを読む

    このページのトップヘ