Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/14(金) 21:20:17.48 ID:CAP_USER9.net

    ボルシア・ドルトムントは現地時間14日に行われるブンデスリーガ第3節でフランクフルトとホームで対戦。クラブの公式ウェブサイトが予想するスタメンには、日本代表MF香川真司の名がMFマフムド・ダフードの代案として記載されている。

    ルシアン・ファーヴル新監督はここまでのリーグ戦では4-3-3を採用し、開幕節のRBライプツィヒ戦(4-1)、第2節ハノーファー戦(0-0)ではダフードとトーマス・ディレイニーをサイドハーフに、アクセル・ヴィツェルをボランチの位置に配置。MFマリオ・ゲッツェはこの2戦はベンチ入りするも出番は訪れず、香川はメンバー外となっていた。

    しかし、ここに来てゲッツェと香川の序列が逆転したかもしれない。ファーヴル監督は、12日の会見でゲッツェについて問われると、同選手の4-3-3におけるインサイドハーフとしての起用に「そのポジションには多くの身体能力と運動能力を必要とするし、中盤には多くの選手がいる」と難色を示すと、「9.5番の位置でもできるが、我々にはカガワと(マルコ)ロイスがいる」とライバルの名を挙げている。

    ドルトムントの公式ウェブサイトはフランクフルト戦での中盤ではダフード、ディレイニー、ヴィツェルのこれまでのリーグ戦と同様の先発を予想するも、指揮官の発言やインターナショナルブレイク中の練習試合での香川の好パフォーマンスを受けてか、“ダフード(香川)”とも表記。予想に過ぎないが、クラブの公式メディアは背番号23がダフードの代わりにスタートする可能性が十分考えられるようだ。

    なおドルトムント公式ウェブサイトによるフランクフルト戦の予想スタメンは以下の通り。

    GK
    ビュルキ
    DF
    シュメルツァー、アカンジ、ディアロ、ピシュチェク、
    MF
    ディレイニー、ヴィツェル、ダフード(香川)
    FW
    ロイス、フィリップ(アルカセル)、ヴォルフ(ブルーン・ラーセン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00010007-goal-socc


    【【ブンデスリーガ】 香川真司、ついに出場か…クラブ公式のフランクフルト戦予想スタメンではダフードの代案に】の続きを読む



    (出典 world-soccer-saikou08.xyz)



    1 Egg ★ :2018/09/13(木) 23:20:50.11 ID:CAP_USER9.net

    スペインにおいてFIFAワールドカップが行われた1982年から長い年月が過ぎた。次なる開催を目指して、マドリードのモンクロアにおいてスペインサッカー連盟(RFEF)会長ルイス・ルビアレス、スペイン首相ペドロ・サンチェス、FIFA会長ジャンニ・インファンティーノによる会談が行われた。

    会合の目的はスペインが2030年W杯の開催国として立候補するためだ。2つの可能性が検討されており、1つはスペイン単独開催、もう1つはポルトガル、モロッコとの共同開催だ。

    ルビアレスは後者の選択肢が他の立候補国を上回るための有効なプランだと考えている。

    インファンティーノにとってはここ2か月で2度目のスペイン公式訪問となった。前回は現会長のお披露目となったRFEFの全体総会だった。

    32年前、イタリアが西ドイツを3-1で下した82年大会決勝はサンティアゴ・ベルナベウで行われた。12か国で分散開催される次回2020年のユーロでは、ビルバオが開催地の一つとなっている。

    次回2020年W杯はカタール、2026年はアメリカ、メキシコ、カナダでの3か国共催が決まっている。

    9/13(木) 17:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010012-sportes-socc


    【【注目】<スペイン>2030年W杯開催地に立候補へ!】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/09/13(木) 01:53:43.95 ID:CAP_USER9.net

    この10年ほどサッカー界に君臨してきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの2大巨頭。

    カルロス・テベスは2人とともにプレーした経験を持つ選手だ。

    『ESPN』によれば、テベスはメッシとロナウドの違いについてこう語ったという。

    カルロス・テベス

    「いつも言ってるけど、メッシがジムにいるの見たことは一度もない。

    彼がボールを置き、そういったエクササイズをするのを見たことはない。

    彼にとってそれが自然なことなのさ。

    以前はフリーキックを蹴らなかったけれど、今ではトップコーナーに叩き込む。

    それは彼が練習したからだよ」


    「クリスティアーノについては、女性たちも分かってることだろうけど、ジムで一日中過ごしていたよ!(笑)。

    彼はそれに取りつかれていて、ジムで一日中過ごす。全てで最上を目指す。

    練習が朝9時開始だとして、8時に行くとやつはもう来てるはずさ!7時30分に行っても、すでにいるだろう!

    クソ、いつならいないんだよって感じだったね。

    ある日、俺は朝6時に行った。そしたら、やつはいたんだ!もう勘弁してくれ、兄弟!」

    https://qoly.jp/2018/09/12/tevez-on-messi-and-ronaldo-iks-1?part=1
    https://qoly.jp/2018/09/12/tevez-on-messi-and-ronaldo-iks-1?part=2


    【【衝撃】テベスが明かす!「メッシとロナウドの練習の違い」がおもしろい】の続きを読む

    このページのトップヘ