Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 pbs.twimg.com)



    【欧州蹴球探訪|第6回】“最悪な一日”の1カ月後に汚名返上、バイエルンを破りDFBポカール制覇

     2018年4月21日は、長谷部誠にとって最悪な一日だった。

     フランクフルトの本拠地コメルツバンク・アレーナで行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦。3バックのリベロで先発した長谷部は相手FWデイビィ・ゼルケに翻弄され、後半12分にペナルティーエリア内で足を引っ掛けてPKを献上してしまう。ゼルケのダイブにも見えた微妙な判定に長谷部は納得がいかず、自ら主審の下へ歩み寄って抗議し、ひとまずVARに持ち込むもジャッジは覆らなかった。

     集中力を保てなくなった長谷部は同32分に相手MFマシュー・レッキーにバックライン裏へ抜け出されて2失点目を喫し、一層焦燥の度合いを深めていく。そして直後の同34分、持ち場から離れて右サイドからボールを持ち出して前に進もうとしたところで、ゼルケにユニフォームを引っ張られて激昂し、おもわず右肘で相手を殴打してしまう。退場を告げられた長谷部は、その後の裁定で4試合の出場停止処分を科せられ、リーグ戦に関しては3試合を残してシーズンの終了を迎えた。

     2008年の冬にJリーグの浦和レッズからドイツへ渡ってからは思慮深く落ち着いた所作を保っていたが、浦和でプロデビューした頃の長谷部はむしろ血気盛んで、審判へ異議を唱えるだけでなく、チームメイトにも厳しい言葉を浴びせることがたびたびあった。彼の本質は熱情をたぎらせる闘士だ。ファウルを許容してはならないが、それでもヘルタ戦で見せた“素の姿”には、断固として譲れない勝負への意地が透けて見えた。

     そんな長谷部にはまだ、汚名を返上する機会があった。リーグ戦は来季2018-19シーズン開幕戦の1試合までが出場停止の対象になるが、チームが総力を結集して上りつめたDFBポカール(ドイツ・カップ戦)決勝の舞台に立つ権利は得られたのだ。


    アンカー起用に応えてバイエルンのパスを寸断

     決勝の相手はフランクフルトを率いるニコ・コバチ監督が、来季から指揮を執るバイエルン・ミュンヘン。バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリードに敗れてヨーロッパタイトルを逸しており、リーグに続いてポカールも制して国内二冠を達成し、今季限りで勇退するユップ・ハインケス監督に盛大な花道を作って送り出すモチベーションがあった。

     一方のフランクフルトは、長谷部が退場したヘルタ戦からリーグ最終節まで1勝3敗。一時はCL出場圏内の4位も視野に入れていたが、コバチ監督がバイエルンの指揮官に就任するニュースが流れた時期を境に急失速し、UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権をも逃す8位でフィニッシュしていた。ただ、ポカールを制すればEL出場権が得られるとあって、チームの中心選手であるケビン=プリンス・ボアテングは「僕たちのターゲットはポカールのタイトルだけ」と公言してもいた。

     迎えたベルリン・オリンピアシュタディオンでのポカール決勝。長谷部は約3週間も実戦から離れていたにもかかわらず先発に復帰し、このチームにとって欠かせない戦力であることを示した。

     ポジションはリベロではなく、最終ライン前に位置するアンカー。彼の役割はバイエルンの組織を分断しつつ、自チームをつなぎとめること。「アンカー」とは、元々船舶を水上の一定箇所に留めておくために鎖などで海底、川底などに沈める道具である「錨(いかり)」のことを指す。長谷部は文字通りその働きを全うし、ハメス・ロドリゲス、チアゴ・アルカンタラ、ハビ・マルティネスらの前に立ち、ロベルト・レバンドフスキ、トーマス・ミュラー、フランク・リベリーへのパス供給を許さなかった。


    1-1の同点とされた後、戦況を見極めて自らリベロへ

     そして前半11分、フランクフルトのFWアンテ・レビッチが敵陣でハメスからボールを奪うと、こぼれ球に反応したボアテングがすぐさまスルーパスを通し、レシーブしたレビッチがバイエルンDFの追走を振り切って右足でシュートを打ち込み先制した。しかし後半8分、ジョシュア・キミッヒのマイナスクロスからレバンドフスキがゴールを決めてバイエルンが同点に追いつくと、試合は緊張感を増していく。

     ここで長谷部は、ピッチ上で自らのポジションをシフトさせて修正を施す。相手の攻勢を感じ取った彼は、ボランチからリベロへ役割を変えることで、懸命に相手を食い止める自軍防御網を強化したのだ。これまでコバチ監督からボランチ、リベロと様々な役割を与えられるなかで、長谷部が指揮官の意図をピッチ上で汲み取れるようになっていた。

     牙を剥く盟主・バイエルンに対しては細心の注意を払い、虎視眈々と勝機を見出さねば相手を砕くことはできない。戦況に応じてシステムを可変させ、その時点での最良策をピッチ上で打ち出す。なぜ、コバチ監督が長谷部をチームの中心に据えるのか、その理由がこの一戦で一層明らかになった。

     後半37分、自らがハメスにプレッシャーをかけてこぼれたボールを、ダニー・ダ・コスタが素早く前線へクリア。このボールにレビッチが反応して相手バックライン裏へ抜け出し、GKスベン・ウルライヒとの1対1を制して2点目をゲットする。落ち着きを失ったバイエルンの面々が、主審のジャッジに過敏に反応するなか、この時の長谷部は3週間前に見せた動揺の欠片もなく、泰然とした佇まいで栄冠への道筋を見据えていた。

     アディショナルタイム、バイエルンのCKからフランクフルトのカウンターが発動し、独走したミヤト・ガチノビッチが無人のゴールへボールを蹴り込んだ瞬間に、フランクフルトの30年ぶりとなるポカール制覇が決まった。


    盛大な優勝セレモニーで長谷部がスーツを着ていた理由

     長谷部自身にとってはドイツへ渡った2季目の2008-09シーズン、ヴォルフスブルク在籍時代にマイスターシャーレ(リーグタイトル)を獲得して以来、2度目のタイトル獲得となる。約10年の歳月を経て知った「ポカール」の重みも、彼の心を高揚させているだろう。

     ロシア・ワールドカップ(W杯)前の壮行試合ガーナ代表戦に臨む日本代表27人のメンバー入りを果たすなかで、この3週間はやるせなく、悔恨の思いに囚われていたかもしれない。しかし試合に出場できないなかでも厳しいトレーニングを欠かさず、自らに信頼を寄せてくれる指揮官からチャンスを与えられ、その期待に応えられた。長く患っていた膝の問題もすでに解消し、ようやく彼は自身3度目となるW杯の舞台で戦える自信を備えられた。

     優勝から一夜が明けても、興奮の余韻が残るフランクフルト。街の中心部にあるレーマー広場には数十万人の市民が押し寄せて、盛大な優勝セレモニーが行われた。チームメイトがリラックスしたジャージ姿でビール瓶を片手にサポーター・ファンと歓喜に酔いしれるなか、長谷部はスーツを着込み、少しだけはにかんでその輪に加わっていた。正装の理由は、宴の直後に空港へ向かって再び挑戦の場へ赴くため――。

     長谷部誠は、ロシアへの道のりを辿るために、母国へと帰還する。


    (島崎英純/Hidezumi Shimazaki)

    長谷部誠が手にした「ドイツ二冠目」の価値、アンカーとして示したW杯への確信とは【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】長谷部誠が手にした「ドイツ二冠目」の価値 アンカーとして示したW杯への確信…】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-116.fc2.com)



     バルセロナというチームを語る上で欠かせない存在であるのがソシオ。一言で言うとクラブ会員のことを指し、会費を募って、その資金でクラブを運営していくというものになる。

     会員は年会費を払う一方で、チケットの優先獲得権や年間チケットの購入権などを得られ、バルセロナの会長・役員選挙に対しての投票権を持つことになる。情報として、ここまでは知っている人も多いと思うが、実際ソシオにはどうやってなることができ、実際に何ができるのか、得することは何か。2005年からソシオである都内在住の宇賀神さんに話を聞いた。

     1994年のアメリカ・ワールドカップ頃からオランダ代表のサッカーが好きになり、オランダ国籍選手が多数在籍したことでバルセロナに傾倒していったという宇賀神さん。ソシオになったのは2005年当時は、会長を務めていたジョアン・ラポルタ会長がソシオ制度を拡大したこともあって、日本に住んでいながらも運良く一員になれたそうだ。

     現在支払っている年会費は日本円で3万円強で、年々会費が上がっているとのこと。入会した当初は入りやすかったソシオ制度も、現在は厳しくなっており、宇賀神さんも2011年に日本の役所でちゃんとした戸籍を証明する書類を得て、その送付を求められたそうだ。戸籍の証明は5~6年に一度、送付が必要になる見込みで、年会費を支払う以外にこの手続きが求められる。

     こういった手続きを増やしたことは、ソシオが爆発的に増加したことでチケット転売や架空名義での入会が横行したため、その対抗措置としていることが理由の一つ。ただ、こういった行為をする人たちと役員会も共存していかなければいかない側面があり、転売行為自体を厳しく取り締まるまでには至っていない現実もあるようだ。

     ソシオになった特典としてはまず、チケットの優先販売がある。宇賀神さんも6日に行われたエル・クラシコを現地で観戦したそうだが、チケットを購入したのは何と試合4日前の2日。転売対策などもあるそうで、年間チケット未所持のソシオに向けて直前に販売されたようだ。


     年間チケットについては会員証に入っているナンバーが大事な要素となり、ナンバーが9万以下となってくると、購入できる可能性が増えるそう。これは若い番号
    から購入権が割り振られていくからのようで、カンプ・ノウのキャパシティが10万弱であるから。2005年入会の宇賀神さんは、ようやく8万台に入ってきたため、年間チケット購入を検討しているそうだ。

     もう一つは会長・役員選挙の投票権。投票は直接投票のみで代理や郵送での投票は不可となり、カンプ・ノウの周囲に複数できる投票所にて行われ、送付される投票権にどの場所で投票するべきなのかも記載されている。

     その他特典としてはソシオ向けのプレゼント企画(宇賀神さんはジョアン・ガンペール杯のポスターを当てたそう)や、ミニ・エスタディなどで行われている下部組織の試合、バスケットボールやハンドボールなど他競技のバルセロナの試合を会員証を見せることで観戦できるなどする。

     あと、気になるのはこれから入会するにはどうしたらいいのか、というところ。前述のとおり、新規でソシオになるには現在、難しい状況となっているようで、まずソシオになるための“準会員”になる必要があるそうだ。これはバルセロナの現地でのみ、入会手続きが行われていて、この“準会員”に数年在籍することで、ソシオになるための条件を満たすとのこと。なので、今すぐになれるわけではないので注意しよう。

     将来的にはバルセロナで生活したいとまで話した宇賀神さん。そこまで虜にしてしまった魅力は「正直わからないんです」と笑ったが、「クラブを取り巻く環境なども含め、追いかけるほどに好きになりました」と続け、『MÉS QUE UN CLUB(クラブ以上の存在)』と言われるクラブのスローガンが、カタルーニャ人が持つ意味合いとは違うかもしれないが、全世界の人々を魅了するクラブを表す一言になっているのは違いないようだ。


    カンプ・ノウに詰めかけたバルセロナのサポーター [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルセロナを支える“ソシオ”って実際どんな制度なの? 日本在住の現役ソシオに聞いてみた…】の続きを読む



    (出典 atsushihiguchi.com)



     フットボール界を代表する選手の名門クラブとの別れが印象的となった、ヨーロッパ主要リーグの最終節。レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、今シーズン一杯で繋がりの深いクラブを退団するライバルたちに惜別のメッセージを送った。

     そのライバルとは、アトレティコ・マドリードのアイドルである元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、バルセロナの主将のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ユヴェントスの主将のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンだ。

     自身のツイッターを更新し、左には“マドリード・ダービー”で直接マッチアップをして来たF・トーレス、中央には“エル・クラシコ”で激戦を繰り広げて来たイニエスタ、右にはクラブでも代表でもヨーロッパ屈指の強豪同士として激突して来たブッフォンと、3人の写真を並べたS・ラモス。拍手の絵文字を掲げながら、スペイン語と英語で3人の英雄に感謝の気持ちを伝えた。

    「君たちは、戦いをより美しいものに、フットボールを一段と偉大なものにしてくれた。ありがとう!」

     なお、「スペインではプレーを続けない」と明言しているF・トーレスは、MLS(メジャーリーグ・サッカー)行きが囁かれ、「バルセロナと対戦するチームには行かない」と宣言しているイニエスタは、ヴィッセル神戸への入団が濃厚とも報じられている。

     一方、「いくつかの興味深いオファーが届いている」と明かすブッフォンは、現役続行か引退か思案中であることを説明している。3選手とも近日中に去就を明らかにすると見られており、次のステップがどのような形になるのか、愛するクラブに別れを告げても注目の存在であることに変わりない。

    文=北村敦

    繋がりの深いクラブを退団する(左から)F・トーレス、イニエスタ、ブッフォン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】S・ラモス、名門クラブを退団するライバルたちに惜別のメッセージ…】の続きを読む

    このページのトップヘ