Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 www.bettingtop10.com)



    スウェーデンのレジェンドがつま先を踏まれた相手にビンタで反撃、一発退場に

     米国のサッカーで、あの元スウェーデン代表のレジェンドが信じられないような愚行で退場処分を食らったシーンが話題を呼んでいる。つま先を踏まれた相手に対して、すかさずビンタをお見舞い。一発レッドカードが出された。このシーンをMLS(メジャーリーグサッカー)の公式ツイッターが動画で公開。米メディアもこの場面をクローズアップしている。

     ロサンゼルス・ギャラクシーのズラタン・イブラヒモビッチが、最悪の形で脚光を浴びてしまった。21日(日本時間22日)のモントリオール・インパクト戦だ。前半の41分。イブラヒモビッチを執拗にマークする、相手チームのマイケル・ペトラッソにつま先を踏まれた。

     次の瞬間だ。イブラヒモビッチのイライラがピークに達した。右手でペトラッソの右側頭部付近にビンタをお見舞いしたのだ。崩れ落ちる相手と同時に、自身も右足のつま先を気にするそぶりを見せながら、うずくまったのだ。

     誤魔化そうとしたが、この“蛮行”が見逃されるはずがない。ビデオ判定で確認したレフェリーは、つま先を踏んだペトラッソにイエローカード。そして悪質なビンタを繰り出したイブラヒモビッチにはレッドカードを提示した。イブラヒモビッチは両手を膝についてガックリとうなだれていた。

    「ズラタン・イブラヒモビッチが平手打ち後に負傷したふりをしレッドカード」

     こう報じているのは米地元紙「USAトゥデー」だった。

    「ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

    「ズラタン・イブラヒモビッチはLAギャラクシーの最もダイナミックな才能だろう。彼はMLSのレベルを変えうる――時に悪い方向へ。月曜、ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

     イブラヒモビッチの未だ衰えぬポテンシャルの高さは、誰もが認めるところだが、以前からしばしば垣間見られる素行の悪さも表面化したことを伝えている。

     このプレーを公開したMLSの公式ツイッターには、ファンからの呆れるような書き込みが相次いでいた。

    「レジェンドなだけで、MLSのルールより上ということではない」
    「競り合ってつま先を踏むのは許容範囲。平手打ちやパンチはノーだ」
    「二人同時に倒れこむ様子が好き」
    「サッカーって変なの」
    「ズラタンへのリスペクトが薄れゆく…」
    「ライオンの行動じゃないね笑」
    「いやいやいや。神たるズラタンに足を乗せるなど許されない。罪だよ」

     ロシアW杯のスウェーデン代表に返り咲くことはかなわず。そんなうっ憤もたまっていたのだろうか。イブラヒモビッチが米国でも“らしさ”を発揮してしまった。(THE ANSWER編集部)

    ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】悪童イブラヒモビッチ、足踏まれた相手にビンタ見舞い一発退場 「リスペクトが…」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



     セリエA最終節が20日に行われ、インテルはアウェイでラツィオを3-2で破り、逆転で4位に滑り込み、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。

     同試合で1得点を挙げ、ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレと共に、今シーズン29得点で得点王に輝いたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

    「ついに自分のゴールが価値のあるものとなった。インテルの一員としてCL出場権を得られることは最も素晴らしい褒美だ。とても嬉しく思う。ラツィオとの戦いは、難しいものだった。そのことは試合前から分かっていたことだった。この1年、彼らはとても素晴らしいプレーをしていたが、自分たちにも目標があったわけだから負けるわけにはいかなかった。この戦いに勝利することができて良かった」

    「PKを蹴る前には、全員のことを頭に浮かべ、そして目標のことも考えた。全員が自分に信頼を寄せてくれていたことも考えていた。今シーズン、PKの失敗は1回だけだった。キャプテンマークの腕章をし、インテルを代表するということは、このような機会で、こういった責任を負うものであるんだ」

     また、今夏の移籍も噂されるイカルディだが、自身はインテル残留に前向きであることを明かした。

    「去就については、まだクラブと話をするのに2カ月間ある。今は6年ぶりとなったCL出場を祝いたい。インテルの幹部と交渉をすることになるが、このクラブに残りたいという思いはある。自分は一番のインテルサポーターだ。どうなるのかクラブとの話し合いを待ちたい。毎年クラブとは話をしているが、自分にとってベストな選択を常に探し求めている。自分も、家族もミラノでの生活には満足しているんだ」

    得点王にも輝いたイカルディ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】逆転でのCL出場権獲得に貢献したイカルディ、残留に前向きと明かす…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    【青山が描く“新ボランチ像”|前編】心身ともに傷ついたなかで、唯一の心の拠りどころだったキャプテンマーク

     サンフレッチェ広島のMF青山敏弘にとってのこの2年間は、日本代表どころではなかった。

    「試合に使ってもらえるのが、不思議なくらい」
    「チームに迷惑をかけた」

     そんな言葉ばかりが口をつく。

     2015年のJリーグMVPは、その栄誉にふさわしいプレーができず泥沼に沈み込んだ。かつてのように動かない身体――。思い通りに走れない自分自身に絶望し、できていたことすらできなくなっていた。2015年は3得点7アシスト。その数字以上に絶大な存在感を生み出して攻撃のタクトを振るっていたのに、2016年は1得点2アシスト、2017年は0得点2アシスト。この数字すら意外に感じるほど、彼は有効なプレーができていなかった。そういう状況の選手が、日本代表に対して欲を出せるはずもない。

     昨季、広島は残留争いに巻き込まれた。勝ち点33での残留は幸運だったと言われても仕方がない。その責を一身に背負った男に対して周囲はこう囁いた。

    「もうキャプテンは難しいのではないか」
    「重責から解放させたい。キャプテン交代が必要」

     2017年、自分自身の闘いすら、全く記憶から失っていた。肉体はボロボロ、メンタルも傷だらけになり、立ち上がることすら難しい。だからこそ、周りは慮って青山という偉大なサッカー選手を、チームではなく自らのプレーに専念させたいと考えた。

     しかし、時に優しさは人を傷つけることがある。苦境に立った時、青山はキャプテンマークを心の拠りどころにしていた。「すがっていた」とのちに語るように、キャプテンの責任感だけでピッチに立っていた。そんな男から、キャプテンマークを取り上げてはならなかったと、今は思う。


    「過去に戻ろうとしたのではなく、もう一度生まれ変わろうとしていた」

     今季開幕前のタイキャンプに入った時、チームを見極めていた城福浩監督は、それまで決めていなかった主将人事を発表した。キャプテンマークは引き続き、青山に渡された。

    「昨年の苦しさをバネにして、その悔しさを晴らしたいという強い思いを感じた。だからこそ、選手としてもうワンランク、レベルを上げてほしい。サッカーを、そして自分自身を発見してほしい」

     1月29日、青山をキャプテンに指名した指揮官は、そんな期待感を言葉にした。そしてその言葉は、現実となる。

     池田誠剛フィジカルコーチとの二人三脚で肉体改造に取り組み、それまでチェーンのようにつながっていなかった全身の構成要素が一つずつ、噛み合い始めた。肉体の機能性について考えもしなかった青山にとって、池田コーチの指導は驚きそのもの。足の幅、足首を捻る角度、歩幅。「サイドブレーキをかけながら走っている」とコーチが指摘していたフォームも微調整されていく。

    「こんなに走れるようになるんだ。自分の身体じゃないみたいだ」

     第3節の鹿島アントラーズ戦(1-0)後、ドレッシングルームで深い感慨にとらわれた。ただ、肉体が動き始めた時、普通は「これで前のようなプレーができる」と感じがちになるもの。だが青山の考え方は違った、と城福監督は言う。

    「(青山は)自分自身が勝ち取った栄光ある過去に戻ろうとしたのではなく、もう一度生まれ変わろうとしていた。新たな自分を勝ち取ろうとしていた」

     1月29日に指揮官がキャプテンマークを手渡した時に込めた思いを、青山は戦術的に実践しようとしたのである。

     その戦術的成長とは何か――。それは、自分自身が中心になってボールを受けないといけないという呪縛から解放されたことにある。


    決定的な仕事をする役割からチーム全体をコーディネートするバランサーへ

    「真ん中にいる自分がボールを受けていかないと、チームは機能しない」

     以前の口癖だ。その言葉は、森保一監督時代やミハイロ・ペトロヴィッチ監督時代においては、まさにその通り。青山のポジションにボールが集まらないと攻撃は成立しなかった。

     だが、2018年バージョンの青山は、ボールを受けてそこから決定的な何かをするというスタイルから脱却し、チーム全体をコーディネートする役割を引き受けている。攻撃時にボールを頻繁に触って創造するのはサイドハーフのMF柴崎晃誠やMF柏好文であって、そこにMF稲垣祥が絡む。では青山は何をしているのか。常に良いポジションをとってサポートする。状況を見てボールを受けるべき時は受け、時に速攻、時に遅攻と緩急のリズムをとる。走りたがる稲垣が前に出れば、そのリスクマネジメントを行う。

    「相手にボールを持たれてCBが引き出された時、自然とアオがそのカバーに入るんです。この動きは気づきにくいかもしれないんだけど、こういうプレーをウチの若いボランチには身体に染み込ませてほしい。本当に素晴らしい」

     指揮官はこう称賛する。ただ、こういうプレーは実は、以前の青山にはなかったことだ。自分は攻撃の選手であり、前を向いて違いを作り出してナンボ。そういうスタイルから攻守の舵取り役、本物のボランチへと戦術的な進化を遂げた。

     そのうえで身体が動き始めた今の青山は、以前の「エンジン」と呼ばれた頃の縦横無尽さも取り戻しつつある。開幕戦の時のスプリント回数は4回だったのに、第13節のヴィッセル神戸戦(2-0)では17回を記録。第11節のV・ファーレン長崎戦(2-0)では左サイドで柏を追い越し、深い位置まで侵入しクロスを入れた。昨年はほとんど見られなかったが、かつてはよく見たプレーだ。


    城福監督も評価する復活「選手は何歳になっても成長できる。それを示してくれている」

     池田コーチの分析を、簡潔に紹介しよう。

    「間違いなくプレーエリアは広がっている。自分の現状を踏まえ、予測し、その上で相手へのアプローチもいけるようになった。トップ下からワイドまでいけるようになっているし、状態は間違いなく良くなっている。もっともっと良くなるし、まだ進化の過程の段階ですけどね」

     城福監督は「彼にはボランチとして、攻守にわたってやるべきことの整理をしてもらいたかった」と戦術的な部分での青山を語る。

    「僕が提示したところを、彼は忠実にやろうとしてくれた。ただ、その全てをどういうバランスでやればいいのか、そこは本当に悩んだと思います。もっとつなげるだろう、もっと裏を狙えるだろう。もっとゴール前に集結しないといけないし、もっと人にいかないといけない。そういう様々なところで、彼自身の12時の針(バランス)を自分で見つけた。そこから、アドリブも出てくるようになった。それが、成長ではないでしょうか。選手は何歳になっても成長できる。それを示してくれている」

     そしてパートナーを務める稲垣は、今の青山に対しての思いを語った。

    「広島に移籍して最大の収穫でありメリットは、アオさんの近くでプレーできていること。プレーもそう。人間性もそう。これだけの人があれだけの努力しているんだから、並の人間が並の努力をしていても敵わない。そういうことを改めて、アオさんに思い知らされた」

    (後編に続く)


    (中野和也 / Kazuya Nakano)

    サンフレッチェ広島MF青山敏弘は、3年ぶりの代表入りを果たしたが、苦悩から這い上がった“再生”の舞台裏とは…【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】広島MF青山敏弘、3年ぶりの代表サプライズ選出 苦悩から這い上がった“再生”の舞台裏】の続きを読む

    このページのトップヘ