Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



     ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、今シーズン限りで現役を引退するようだ。スペイン紙『スポルト』が12日に報じている。

     報道によると、サバレタはかつてプレーしていたエスパニョールの本拠地で、同選手の妻と出会ったバルセロナでの生活を望んでいるという。すでに家も決めており、15年のプロ生活に終わりを告げる準備を進めているようだ。

     現在33歳のサバレタは、サン・ロレンソでプロデビューを果たし、2005年夏にエスパニョールへ加入後、2008年夏にマンチェスター・Cに移籍した。同クラブでは9シーズンプレーし、通算333試合に出場。2度のリーグ優勝を含む、6つのタイトル獲得に貢献した。2017年夏からはウェストハムでプレーし、今シーズンリーグ戦第12節終了時点で9試合に出場している。

    昨季からウェストハムでプレーしているサバレタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】DFサバレタ、今季限りで現役引退へ…かつてはマンCで9年間プレー】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    ▽194cmの長身でアフロヘアーが特徴的な、マンチェスター・ユナイテッドベルギー代表MFマルアンフェライニが“アフロ”を卒業した。

    ロシアワールドカップではラウンド16で対戦した日本代表戦で途中出場すると、その高さで日本を苦しめ、逆転勝利を呼びこむ活躍。先日のチャンピオンズリーグ第4節のユベントス戦でも、投入後にチームは逆転。“戦術フェライニ”とも言われ、見た目だけでなくピッチ上でも目立つ存在だ。

    ▽そんなフェライニは14日、自身のツイッター(@Fellaini)を更新。「New year, new look」というメッセージとともに3枚の写真を投稿。その写真に写るフェライニは、特徴的なアフロヘアーをバッサリ切り落とし、スッキリした見た目となっていた。

    ▽なお、フェライニは22日に31歳の誕生日を控えており、新たな年、また2019年に向けたヘアスタイルと予想される。ちなみに、若かりし頃のフェライニはアフロではなく、当時を豊富とさせる髪型となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】“脱アフロ”のフェライニ、若かりし頃に戻る】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/15(木) 16:15:34.91 ID:CAP_USER9.net

    絶好調のチームで出場機会を得られない11選手を紹介

    現在ドイツ・ブンデスリーガで首位を快走し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもグループ首位に立つなど絶好調のドルトムントだが、そのなかで出場機会を得られず苦戦している選手たちもいる。ドイツメディア「sport.de」は「ルシアン・ファブレ監督下での敗者」と銘打って、苦境に陥っている11選手を紹介。そのトップとしてMF香川真司が挙げられた。”

     今季ファブレ監督を迎えたドルトムントは、現在ブンデスリーガで唯一の無敗を誇る。現地時間10日に行われた王者バイエルンとの一戦では、相手に二度リードされる苦しい展開ながら最後は底力を見せ、3-2での逆転勝利を収めた。CLでは6日の試合でアトレチコ・マドリードに0-2と敗れ、勝ち点9でアトレチコに並ばれたものの、得失点差でグループAの首位。グループステージ突破に向けて好ポジションにつけている。

     しかし香川は、この両試合でベンチ入りせず。アトレチコ戦の同日にはセカンドチームにあたるU-23チームで4部リーグの試合に出場し、アシストを連発して5-0の勝利に貢献していた。

     そんな香川について、記事では「観客のお気に入りからリザーブ選手へ」とのタイトルが付けられ、「日本人のゲームメーカーは現在のBVBにおける成功にあって、最も有名な“犠牲者”の一人である。カガワはクラシックな10番タイプでファブレ監督のシステムに合わず、スイス人指揮官の下、わずか4試合の出場にとどまっている」と考察。「さらに、最近の足首の負傷もあった」と、怪我による離脱が痛かったとも指摘され、「冬に退団する可能性も決して除外できない」と締めくくっている。

    プリシッチやヴァイグルら実力者の名前も…

    特集では香川のほかにMFユリアン・ヴァイグル、MFクリスティアン・プリシッチ、DFエメル・トプラク、MFセバスティアン・ローデら実力者の名前も11人の中に挙がっており、現在のドルトムントのレギュラー争いがいかに激しいものかが改めて浮き彫りとなっている。

     クラブで思うように出場機会を得られない香川は、日本代表にもロシア・ワールドカップ以降は招集されていない。冬の移籍市場が開く来年1月はアジアカップの開催時期と重なるなか、日本が誇るアタッカーはどのような未来を選ぶのか。現在の苦境が長引けば、去就に関する報道はさらに過熱しそうだ。

    11/15(木) 16:05 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00147928-soccermzw-socc


    【【ブンデスリーガ】<香川真司>ドイツメディアが「ファブレ体制の敗者」に選出! 「冬の退団も…」】の続きを読む

    このページのトップヘ