Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    【クラブW杯】「先制点が全て」…浦和の主将・阿部勇樹、準々決勝敗退に悔しさにじませる!



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     FIFAクラブワールドカップ UAE 2017準々決勝が9日に行われ、開催国王者のアル・ジャジーラ(UAE)とアジア王者の浦和レッズ(日本)が対戦した。

     浦和が試合を優位に進めたものの、52分に喫した失点が決勝点に。準々決勝敗退となり、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)との対戦は叶わなかった。

     試合後のインタビューに応じた阿部勇樹は「負けてしまい非常に悔しいです。どちらが先に先制点を取るかだったので、それが全てかなと思います」と振り返った。

     続けて「アル・ジャジーラは非常にいいチームということは分かっていたので、その中でも勝たなければいけないと思っています。結果に結びつかなかったことは悔しいですし、責任を感じます」と悔しさをにじませた。次戦は11日、アフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦する。阿部は「試合はまだ続くので、最後までしっかり戦いたい」と抱負を語った。

    浦和は準々決勝突破とはならなかった [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【クラブW杯】「先制点が全て」…浦和の主将・阿部勇樹、準々決勝敗退に悔しさにじませる!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/09(土) 06:52:20.77 ID:CAP_USER9.net

     東アジアE―1選手権の初戦となる北朝鮮戦を翌日に控え、サッカー日本代表は8日、味の素スタジアムで冒頭15分のみ公開して約1時間、練習した。DF昌子源(24)=鹿島=は優勝に貢献し、DF槙野智章(30)=浦和=に奪われたセンターバックの定位置を奪い返す決意を明かした。

     原点に立ち返り、DF昌子がポジションを奪い返す。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)も「A代表に立候補してほしい」と期待するなど、国内組によるロシアW杯メンバー入りへのアピール合戦が注目される今大会。昌子は「まずはチームが勝つこと。それを意識すると、自然といいプレーができる。3試合勝って優勝することだけを考える」と先発が見込まれる北朝鮮戦を見据えた。

     W杯出場を決めたアジア最終予選のオーストラリア戦(8月31日)では、守備の要であるDF吉田麻也(29)=サウサンプトン=とコンビを組んだ。ところが、10月の合宿で指揮官に体脂肪率のオーバー、プレーのミスを指摘され、DF槙野にポジションを奪われた。そこで「俺は怒られて伸びるタイプ」と一層、1プレーに集中してきた。

     11月の欧州遠征(ブラジル、ベルギー戦)はベンチで吉田、槙野を見つめた。「攻撃の際にも(相手FWと)駆け引きをしている姿を見た。そこからヒントを得た」と参考にし、その後のJリーグ3試合を無失点に抑えた。今回の合宿では「昌子はよく意識してやってくれている」とハリル監督の信頼を取り戻した。

     「チームが負けたら(選手個々も)評価もされない。チームを勝たせられる選手になりたい。ならなきゃいけない」と昌子。勝利につながる守備で、W杯切符をつかむ。(内田 知宏)

    12/9(土) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000315-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<昌子源(鹿島アントラーズ)>槙野からポジション奪う!北朝鮮戦先発でアピール「俺は怒られて伸びるタイプ」】の続きを読む



    (出典 iwiz-rts.c.yimg.jp)



    1 豆次郎 ★ :2017/12/09(土) 22:56:12.51 ID:CAP_USER9.net

    12/9(土) 22:51配信
    骨折の悪夢から約3か月…ヘタフェ柴崎が途中出場で復帰!エイバル乾は途中交代で競演ならず

    [12.9 リーガ・エスパニョーラ第14節 ヘタフェ0-0エイバル]

     ヘタフェに所属するMF柴崎岳が、9月16日のバルセロナ戦以来、約3か月ぶり、11試合ぶりとなる出場を果たした。

     柴崎は9月16日のバルセロナ戦で移籍後初ゴールを決めていたが、同試合で左足第5中足骨を骨折。長期のリハビリを余儀なくされた。

     しかし柴崎は9日のリーガ・エスパニョーラの第14節、ホームでのエイバル戦でベンチ入りメンバーに復帰すると、後半29分から出場。同43分には相手選手へのファウルでイエローカードをもらった。

     なお相手チームのエイバルでは、MF乾貴士が先発していたが、後半18分で交代していたため、競演はならなかった。

     試合はスコアレスドローで終了。前半35分にはこぼれ球を乾がボレーで狙う場面もあったが、DFに防がれる。エイバルはさらに後半9分にPKで先制のチャンスを迎えたが、MFジョアン・ジョルダンが枠上に外してしまい、絶好機を逸した。

     ヘタフェは連勝ならず。エイバルも連勝が3でストップした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-01647383-gekisaka-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【リーガエスパニョーラ】< ヘタフェ0-0エイバル>骨折の悪夢から約3か月…ヘタフェ柴崎が途中出場で復帰!エイバル乾は途中交代で競演ならず】の続きを読む

    このページのトップヘ