Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    ユーヴェ、開始7分で2失点も逆転勝利…10番ディバラがセリエAで初のハット達成 | ニコニコニュース



    ディバラのハットトリックなどでユヴェントスが勝利を収めた [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第2節が26日に行われ、ジェノアとユヴェントスが対戦した。

     試合は開始早々に動く。1分、ゴラン・パンデフが右サイドを突破し、中央へ折り返す。するとミラレム・ピアニッチに当たったボールがゴールへ吸い込まれ、ジェノアがオウンゴールで先制した。

     さらに7分、ペナルティエリア内でアンドレイ・ガラビノフが倒されると、一度は流されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってジェノアにPKが与えられる。これをガラビノフが自ら決め、スコアは2-0となった。

     いきなり2失点を喫したユヴェントスは14分、左サイド高い位置に抜け出したピアニッチの折り返しをパウロ・ディバラが右足ダイレクトで合わせて1点を返す。

     勢いに乗るユヴェントスは前半終了間際、右サイドからフアン・クアドラードが上げたクロスのこぼれ球をマリオ・マンジュキッチが右足ボレーで狙う。ここはDFにブロックされたが、VARによってシュートがDFの手に当たっていると判断され、ユヴェントスにPKが与えられた。前半アディショナルタイム4分、このPKをディバラがきっちり決め、前半のうちに試合は振り出しに戻った。

     後半に入り62分、ユヴェントスが逆転に成功する。細かいパス交換で敵陣に攻め込むと、マリオ・マンジュキッチがエリア内右に浮き球のパス。抜け出したクアドラードが切り返しでDFを完全にかわし、左足のシュートをゴール左上に蹴り込んだ。

     終了間際の後半アディショナルタイム2分には左サイドで受けたディバラがカットインから左足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール右下に吸い込まれ、4点目が決まった。ディバラにとってはセリエAで自身初のハットトリックとなった。

     試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが逆転勝利で開幕2連勝を飾った。

     次節、ジェノアは9月10日にアウェイでウディネーゼと、ユヴェントスは同日にホームでキエーヴォと対戦する。

    【スコア】
    ジェノア 2-4 ユヴェントス

    【得点者】
    1-0 4分 OG(ミラレム・ピアニッチ)(ジェノア)
    2-0 7分 アンドレイ・ガラビノフ(PK)(ジェノア)
    2-1 14分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    2-2 45+4分 パウロ・ディバラ(PK)(ユヴェントス)
    2-3 62分 フアン・クアドラード(ユヴェントス)
    2-4 90+2分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーヴェ、開始7分で2失点も逆転勝利…10番ディバラがセリエAで初のハット達成 | ニコニコニュース】の続きを読む


    バルサに続き、レアルもSNSハッキング被害 「ようこそ、メッシ」の投稿は事実無根 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    バルセロナ同様、ハッカーグループ「OurMine」にアカウントを乗っ取られる事態に

     

     バルセロナに続いて、レアル・マドリードもSNSのハッキング被害を受けた。レアルの公式ツイッターとFacebookは現地時間26日の早朝5時30分に「ウェルカム、メッシ!!」と綴り、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴール動画を投稿したが、何者かによって“乗っ取られて”発信されてしまったようだ。衛星放送「ユーロスポーツ」や英誌「フォー・フォー・トゥー」などが報じている。

     先日、バルセロナは公式ツイッターでパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア獲得を発表してファンを騒然とさせた。しかし、これはハッカーグループ「OurMine」がアカウントを乗っ取ってツイートしたもので、事実無根だった。

     そして、新たな被害を受けたのはバルセロナの宿敵レアルだった。“白い巨人”の公式ツイッターとFacebookは、カタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語で「ようこそ、メッシ」を意味する「Benvingut Messi! Bienvenido Messi! Welcome Messi! Bienvenue Messi! #Messi.」とクラシコでのメッシのゴールシーンとともに動画付きで更新された。あたかもメッシを獲得したかのような投稿だが、これもバルセロナと同じく「OurMine」による仕業だったとレポートされている。

     ユーロスポーツによれば、当該ツイートは投稿から45分間で2万7000回以上のリツイートがあったとされているが、現在はすでに削除されている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    ■写真■ 

    【写真:Getty Images】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサに続き、レアルもSNSハッキング被害 「ようこそ、メッシ」の投稿は事実無根 | ニコニコニュース】の続きを読む


    “ゼロトップ”メッシが2得点! バルサがアラベス撃破…新戦力パウリーニョもデビュー | ニコニコニュース



    メッシの2得点でバルセロナが開幕から2連勝を飾った [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     リーガ・エスパニョーラ第2節が行われ、アラベスとバルセロナが対戦した。

     バルセロナは開幕戦から右サイドバックを変更。前節ゴールを決めたチームきっての万能プレイヤー、セルジ・ロベルトを起用し、ケガから復帰したアンドレス・イニエスタもスタメン入り。右のウイングにはアレイクス・ビダルが入った。また新加入のパウリーニョもベンチ入りしている。

     昨シーズンのコパ・デル・レイ決勝でも対戦した両チーム。バルセロナが“ゼロトップ”に入ったリオネル・メッシを中心に攻撃するが、決定機は作れない。カウンターを狙うアラベスはルベン・ソブリーノがジェラール・ピケとのスピード勝負を制してGKと1対1の状況を作るが、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの攻守に阻まれた。

     38分、バルセロナが右サイドからのFKでクロスをあげると、エリア内でピケを倒したとしてアラベスのロドリゴ・エリーにファールが宣告。バルセロナがPKを得たが、メッシのシュートはGKフェルナンド・パチェコの完璧なセーブで防がれた。

     後半開始早々にチャンスを作ったのはアラベス。ロングパスからイバイ・ゴメスが左サイドを抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロスを送るがアルフォンソ・ペドラサにはわずかに届かない。

     すると55分、ついに試合が動く。バルセロナが左サイドでボールをキープ。ジョルディ・アルバがイニエスタとのワンツーで左サイドを崩すとエリア内に折り返す。受け取ったメッシが4人に囲まれながらもシュートを放ち、相手に当たったボールがゴールに吸い込まれた。エースの今シーズンのリーグ初得点はリーグ通算350ゴールのメモリアルゴールとなった。

     さらに66分に相手のクリアミスからメッシが追加点を決めてリードを拡げる。77分にはレアル・マドリード指揮官ジネディーヌ・ジダン監督の長男エンゾ・ジダンがピッチに立った。

     87分にはイニエスタに代わってパウリーニョが投入。バルセロナデビューを飾った。またアウェイながら交代したイニエスタにはたくさんの拍手が送られていた。

     試合はこのままタイムアップ。バルセロナが開幕から2連勝を飾った。

     次節、アラベスは9月10日にアウェイでセルタと、バルセロナは9月9日にホームでエスパニョールとの“バルセロナダービー”に挑む。

    【スコア】
    アラベス 0-2 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 55分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    0-2 66分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“ゼロトップ”メッシが2得点! バルサがアラベス撃破…新戦力パウリーニョもデビュー | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ