Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任が発表され、後任として西野朗技術委員長が新監督に就任した。

     西野新監督は、1991年からU−20日本代表監督を務め、1994年にはアトランタオリンピック本大会出場を目指すU−23日本代表監督に就任。28年ぶりとなる本大会出場を果たし、本大会予選ではブラジル代表を1−0で破り、“マイアミの奇跡”を成し遂げていた。

     その後、1998年に柏レイソルの監督に就任すると、翌年にJリーグヤマザキナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)で優勝し、自身初タイトルを獲得。2000年にはJリーグ最優秀監督賞を受賞している。

     また、2002年からはガンバ大阪の監督を務め、2005年にはクラブと自身にとって初となるリーグ優勝を達成し、2度目の最優秀監督賞を受賞。2007年には、監督としてJ1史上初となる通算150勝を達成。2008年には、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制し、クラブ・ワールドカップでは3位となり、アジアサッカー連盟(AFC)からアジア最優秀監督に選出されている。さらに、この年は天皇杯で優勝を果たし、国内3大タイトルの全てを制覇した。

     2009年にはJ1通算200勝を達成し、天皇杯で連覇を達成。しかし、翌年無冠に終わると就任10年目となった2011年もタイトルを逃し、この年でG大阪を退任した。

     2012年にはシーズン途中で、ヴィッセル神戸の監督に就任するが、成績不振によりわずか半年で解任。2014年シーズンからは名古屋グランパスの監督を務め2シーズン率いたが、好成績は残せず、契約満了により2015年シーズン終了後に退任。2016年からは日本サッカー協会の技術委員長を務めていた。

     西野新監督はこれまで、J1リーグ優勝1回、天皇杯2回、ナビスコ杯2回、ACL1回、ゼロックススーパーカップ(現FUJI XEROX SUPER CUP)1回、パンパシフィックチャンピオンシップ1回と、数々のタイトルを獲得。Jリーグでは歴代1位となる通算270勝を達成している。

    日本代表の新監督に就任した西野朗氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】新監督の西野朗氏とは…Jリーグ歴代最多勝、総獲得タイトル8個】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    サッカー日本代表の長友佑都が、代表監督を解任されたハリルホジッチ監督へ感謝のメッセージを綴った。


    長友は、代表監督の解任発表後に自身のTwitterを更新。ハリルホジッチ監督に対し、「W杯出場が当たり前であるかのような風潮の中、日本をW杯へ導いてくれたことに感謝します」と綴った。続けて、これまでの戦いについて、「なかなか結果が出ず、苦しい時期を過ごしたけど、」とした上で、「日本サッカーのための尽力に対して敬意を表します」と功績を讃えた。


    日本サッカー協会は、サッカーW杯を2ヶ月後に控えながらも9日にハリルホジッチ監督の解任を発表。後任監督は技術委員長の西野朗氏が務める。ハリルホジッチ監督の解任について、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は会見を開き、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきたことなど総合的に評価し、解任を決めたと説明した。


    長友佑都のTwitterスクリーンショット


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】長友佑都、ハリルホジッチ監督に感謝「日本サッカーのための尽力に対して敬意を表します」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    田嶋会長がパリで直接通達、ハリルホジッチ監督の様子を明かす

     日本サッカー協会(JFA)は9日、JFAハウスで記者会見を行い、日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督の解任を発表し、西野朗技術委員長の後任監督就任を発表した。約2カ月後に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)を前に異例の人事となり、ハリルホジッチ監督に契約解除を伝えた様子を田嶋幸三会長が明かしている。

    「このたび、公益財団法人日本サッカー協会は4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督との契約を解除しました」

     そう切り出した田嶋会長は、7日付けでハリルホジッチ監督に自らの口で直接伝えたという。ハリルホジッチ監督とは度々コミュニケーションを取って来たという。「報道に敏感な人で、そのたびに話をしてきた。ずいぶん前ですが、メディアからハリルさんに解任を伝えるつもりはなく、言うなら直接言うと伝えた」という背景もあり、「4月7日にパリのホテルで会った」と振り返る。

    「紙1枚でも構わないと言われたが、彼が必死で日本代表を強くしてワールドカップ予選を突破したことを考え、礼を尽くして直接言うことを決めた」

     パリに直接赴いた田嶋会長がハリルホジッチ監督に内容を伝え、その時の様子について「ビックリしていたのが印象だった」という。さらに「まさかという動揺や怒りもあったのは事実だ。どうしてだという理由も聞かれた」と、指揮官は突然の事態に驚きを隠せなかった模様だ。ハリルホジッチ監督は納得がいかず、理由を求めていたという。

    「その理由を羅列するつもりはなく、事実として契約解除を伝え、総合的ないくつかのことがあるのは事実だが、辞めていただく方を傷つけるよりも事実を伝えた。彼は納得のいかない、この時期なのかという反応だったが、私の決断を伝えた」

     契約解除を決定した時点で一線を引いたという田嶋会長。思わぬ事態に直面したハリルホジッチ監督は困惑しながらも代表チームから去る形となったようだ。(Football ZONE web編集部)

    バヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】解任通達、ハリル監督の反応は? 「ビックリしていた」「怒りや動揺もあった」】の続きを読む

    このページのトップヘ