Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    移籍金100億円超えが主流に!? 英国監査法人が分析「2025年には140億円が一般的になる」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    かつてはジダンの67億円が世界最高額も、移籍金は年々上昇

     

     サッカー選手の移籍金は年々上昇しているが、その傾向は今後も続いていきそうだ。英国の監査法人「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)」の見立てによれば、「2025年には1億ポンド(約140億円)の移籍が一般的になる」という。英紙「テレグラフ」が報じた。

     

     選手の移籍金のインフレは近年顕著だ。2001年に当時世界最高の選手とされていたジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)が、ユベントスからレアルへ加入した際の移籍金が4700万ポンド(約67億円)で当時の世界最高額だった。

     

     しかし、現在ではそれと同等の移籍が成立した例は一つや二つではなく、昨夏にはフランス代表MFポール・ポグバ(ユベントス→マンチェスター・ユナイテッド)が2倍近い8900万ポンド(約128億円)という、当時の史上最高額の移籍金を記録した。

     

     記事では、PwCのフィリップ・シェパード氏は「我々の分析では、2025年には1億ポンドの移籍が一般的に行われていると示されています。クラブの収益が上がるのに合わせて、消費も増え続けていきます」とのコメントを紹介。今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍したブラジル代表FWネイマールの2億2200万ユーロ(約290億円)という歴代最高額の移籍こそ例外としているが、今後も移籍金の上昇は避けられないと見ている。

     

     

     

    2024-25シーズンには平均額も91億円に上昇

     

     同氏によれば、今夏の移籍市場における移籍金トップ20の平均額が3500万ポンド(約49億円)だったのに対し、2024-25シーズンには6500万ポンド(約91億円)まで上昇するとの予測を示している。

     

     プレミアリーグのテレビ放映権料の高騰に代表されるように、クラブの収益は十年前と比べても大幅に上昇している。100億円規模の移籍は当たり前となる時代が、すぐそこまで迫っているようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【移籍金100億円超えが主流に!? 英国監査法人が分析「2025年には140億円が一般的になる」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    レアル、クラシコでことごとく10人に…直近26回中11回の退場処分 | ニコニコニュース



    2分間で2度の警告を受けて退場となったC・ロナウド [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     レアル・マドリードが敵地カンプ・ノウでバルセロナに3‐1で先勝するという結果に終わった、現地時間13日のスーペルコパ・デ・エスパーニャのファーストレグ。8日に行われたUEFAスーパーカップではマンチェスター・ユナイテッドを2‐1で下しており、早くも今シーズン2つ目のタイトルに王手を掛けたレアル・マドリードだが、その一方でバルセロナとの“エル・クラシコ”でのあまりの退場者の多さが話題となっている。

     今回の一戦では、途中出場から鮮やかな決勝点を決めたエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、わずか2分間で相次ぎ警告を受けて、“エル・クラシコ”では自身初となる退場処分を食らった。だが、ゴールを決めた後にユニフォームを脱いだことによる80分のイエローカードは妥当だったものの、シミュレーションを働いたことによる82分のイエローカードは主審の判断に疑問符が付けられている。むしろ、バルセロナがこの日唯一の得点となったPKを獲得した際のウルグアイ代表FWルイス・スアレスのプレーの方がダイビングの疑いが強く、またもやレアル・マドリードに不利な判定が下されたとの声も上がっている。

     というのも、直近の7年間で26回行われて来た“エル・クラシコ”で、レアル・マドリードは11回も退場者を出しているからだ。バルセロナが本拠地カンプ・ノウでレアル・マドリードに5‐0で圧勝した2010年11月29日の一戦で、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが退場処分を受けて以来、レアル・マドリードが10人で試合を終えたのは今回で11回を数える。その退場者の内訳は、S・ラモスが4回、元同代表DFラウール・アルビオル、同代表MFイスコ、ポルトガル代表DFペペ、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア、ドイツ代表MFメスト・エジル、ブラジル代表DFマルセロ、C・ロナウドがそれぞれ1回となっている。これに対し、バルセロナが10人で試合を終えたのはわずか3回で、退場者の内訳は元スペイン代表GKホセ・マヌエル・ピント、元同代表FWダビド・ビジャ、元同代表GKビクトル・バルデスが1回ずつとなっている。

     以前の対戦では、バルセロナが圧倒的にボールを支配するため、ファウルも辞さぬプレーで対抗したレアル・マドリードに退場者が出るのは必然的だった。しかし、両者の力関係が拮抗してきた近年も傾向が変わらないというのは不可思議にも映る。それどころか、レアル・マドリードは直近5回の対戦で4回も退場者を出すなど、流れに拍車が掛かっているとも言える。

     とはいえ、もちろん主審には意図的にバルセロナ有利に笛を吹いているつもりはないはずだ。むしろ、冷静な判断に狂いを生じさせてしまうほど、“エル・クラシコ”には当事者にしか分からない独特の熱気や妖気が流れているのだろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアル、クラシコでことごとく10人に…直近26回中11回の退場処分 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    神戸がネルシーニョ監督解任、吉田氏が暫定指揮…ポドルスキ加入後1勝3敗 | ニコニコニュース



    2015年から神戸の指揮を執っていたネルシーニョ監督 [写真]=Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     ヴィッセル神戸は16日、ネルシーニョ監督の契約解除を発表した。吉田孝行ヘッドコーチが暫定指揮を執ることも、併せて発表されている。

     ネルシーニョ監督は2015年から神戸を指揮。昨季は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージで2位に躍進し、クラブ史上最高の年間7位でフィニッシュを果たした。今季は悲願のタイトル獲得を目指し、開幕前にMF高橋秀人やFW田中順也、DF渡部博文、MF大森晃太郎らを補強。JリーグYBCルヴァンカップではノックアウトステージ(ベスト8)へ進出したが、明治安田生命J1リーグでは第22節終了時点で9勝2分け11敗、勝ち点「29」で11位に低迷。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがデビューを果たした7月29日の第19節、大宮アルディージャ戦は3-1と快勝したものの、現在は3連敗中と苦しい戦いが続いていた。

     同監督は1950年生まれの67歳。1994年7月からヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のコーチを務め、翌1995年から1996年4月までは同クラブの監督を務めた。以降はブラジルやチリのクラブを渡り歩き、2003年8月から2005年9月までは名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いた。

     そして2009年7月、柏の監督に就任。2009年にJ2降格が決まったが、1年でのJ1復帰を果たす。そして2011年は復帰1年目でJ1制覇を成し遂げた。同クラブでは2014年まで指揮を執り、昨年から神戸の監督を務めている。就任1年目の2015シーズンは明治安田生命J1リーグで年間12位、ヤマザキナビスコカップでは準決勝進出を果たした。そして昨季は明治安田生命J1リーグで年間7位に躍進。今季で3年目を迎えていたが、途中解任となった。

     クラブ公式HPを通じて「ファン・サポーターの皆さま、これまで全てのサポートと応援に心から感謝します。残念ながら目指していた目標を達成することができませんでしたが、チームとしてフットボールのタイトルを獲得するための大きな成長を私は見ることができました。しかしプロとして責任を応えられなかったことに大きな責任を感じています。同時にプロとして沢山の経験を積み、人として強くなることができました」

    「また、メディアの皆さま、いつも色々な話を聞いてくれ、愛情と大きなリスペクトを感じることができました。本当にありがとうございました」とコメントを発表した。

     暫定で指揮を執る吉田新監督は「この度、ネルシーニョ監督の後任として指揮を執ることになりました。これまで前監督が築き上げてきた基盤とサッカーへの情熱を受け継ぎ、スタッフ・選手が一丸となって戦っていきます。勝利を追求する姿勢を示して今シーズンを戦い抜きたいと思います。クラブスポンサー、ファン・サポーターの皆さまのなお一層のご声援をよろしくお願い致します」とクラブ公式Hを通じてファン・サポーターへメッセージを送っている。

     神戸は次節、20日に横浜F・マリノスをホームに迎える。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【神戸がネルシーニョ監督解任、吉田氏が暫定指揮…ポドルスキ加入後1勝3敗 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ