Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    「最悪」 本田圭佑がサウジ戦前に社会派ツイートで持論 「子供を引き取りにいったら…」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web

     

    5日のサウジアラビア戦前に自身のツイッターで社会問題に言及

     

     日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、敵地サウジアラビア戦を5日に控えるなか、自身のツイッターで子供が路上などに遺棄される社会問題について言及した。

     

     6大会連続6回目のW杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦で、本田はベンチから戦況を見つめ、最後まで出番は訪れず。2013年6月、同じく埼玉スタジアムでオーストラリアと激突し、0-1と日本ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにPKを沈め、日本をW杯出場へと導く活躍を披露したが、それから4年で自身の立場は大きく変化した。

     

     それでも先日のオーストラリア戦では、主審の判定に対してバヒド・ハリルホジッチ監督らとともに猛抗議するなどチームのために尽くし、虎視眈々と復権を狙っている。そんな本田がサウジアラビア戦の前にツイートしたのは、サッカーではなく、社会問題についてだった。

     

     子供が路上に置き捨てにされるというニュースを張り付けたうえで、本田は次のように持論を明かしている。

     

    「最悪。母親も父親も周りの家族にも全員に責任があるし、何よりも母親は後悔してるはず。これ、勇気出して子供を引き取りにいったら母親って捕まるんかな?それやったら根本的な問題が解決しないし、意味ないよね」

     

     

     

    反響呼び、コメント欄で本田がやり取り

     

     このツイートはすぐさま反響を呼び、コメント欄に多くの人からメッセージが届いた。本田も「僕もそう思います」や「母親手当を1人目の子供からかなり充実させるべきなんですよ。もちろんどう徴税するかという課題は簡単ではないですが」と返信するなどやり取りを見せている。

     

     本田はこれまでに受動喫煙防止法案などにも言及。若者の自殺数増加に関して触れた際には賛否両論が巻き起こり、改めて公式サイトで「言葉足らずで本意が伝わっていないのと、繊細な内容であるのに配慮に欠けた部分があると自覚し反省して、ここで想いを共有したい」と補足することもあったが、本田のツイートによってその事象の注目度が一層高まったという側面もある。

     

     サッカーはもちろん、ビジネスから社会問題まで多岐にわたって持論を展開してきた本田は、今度どのようなメッセージを届けるのだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     

    本田が公式ツイッターに投稿したメッセージ

     

     

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/904192029378445312

    本田が公式ツイッターに投稿したメッセージ

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「最悪」 本田圭佑がサウジ戦前に社会派ツイートで持論 「子供を引き取りにいったら…」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    モウリーニョ監督がキーパーに!? ロンドン火災支援試合で大立ち回り | ニコニコニュース



    モウリーニョ監督が支援試合で大活躍! [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     “スペシャル・ワン”と自ら称するマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が“ナンバー・ワン”のポジションでプレーし、会場を沸かせた。

     6月14日に発生した、ロンドンのケンジントン地区にあるグレンフェル・タワーでの火災事故への寄付を募るチャリティーマッチが2日に行われた。元イングランド代表FWレス・ファーディナンド氏と元同国代表FWアラン・シアラー氏がそれぞれ率いるチームに、サッカー関係者だけでなく、イギリス出身の歌手オリー・マーズさんやオリンピック陸上の5000メートル、10000メートルで金メダルを獲得したモー・ファラーさんら著名人が参加した。

     1-1で迎えた63分、モウリーニョ監督は元イングランド代表GKデイヴィッド・ジェームズ氏に代わって登場し、そのままGKに入る。大歓声に迎えられたモウリーニョ監督は相手コーナーキックに飛び出してパンチングを見せ、早速会場を盛り上げる。直接の65分にゴールキックを得たが、ボールパーソンから貰ったボールをポイっと投げ返してしまう。その後もプレーを再開する振りをして給水するなど、1分間ほど遅延行為を行ってイエローカードを受ける完璧な立ち上がりを見せた。

     GKとしてプロで活躍した父を持つモウリーニョ監督(自身の現役時代はMF)がボールを蹴る度に歓声が沸き、軽快なセービングを見せていたが、85分に失点してしまう。モウリーニョ監督はオフサイドだと鬼のような形相で審判に詰め寄るが、判定は覆らない。試合は2-2で終了し、PK戦に突入した。

     ABBAルールで行われたPK戦でもGKを務めたモウリーニョ監督。自身も3人目のキッカーとして、きっちり沈めたものの、オフサイドが認められ無かった不満からかぶすっとした表情を崩さない。5人目のキッカーが蹴る前にはグローブを観客席の子供にプレゼントしたモウリーニョ監督は結局1人も止められず、敗れてしまった。

     試合後、インタビューに応えたモウリーニョ監督はピッチに入った瞬間の歓声を期待していたかと問われると、試合中の無愛想な表情から一転、「イェー」とにんまり。「イエローカード? カードは問題ではないが、2点目のゴールは明確なオフサイドだった」といつものモウリーニョ節を炸裂させる(実際は明らかなオンサイド)。続けて「審判は『引き分けでPK戦という脚本なんだ、すまない』と言ってきた」とジョークを畳み掛けた。

     試合の意義に話が及ぶと、「こういう試合にはお楽しみが必要だった。犠牲者や被害に会った人々に少しでも幸せをもたらすため、何か違うことをしたくて、この決断をした。普段は監督だからプレーしたかった」と明かしたモウリーニョ。しかし最後には「PK戦にするつもりはなかったんだが…。これでまた私のPK戦での記録が悪くなった。10戦9敗だ」とぼやいて回りを笑わせた。

     犠牲者数は80人以上にも上るというこの火災事故。試合の80分には生還者4名と消火に当たった消防士2名がピッチに立ち、この日一番の歓声を受けた。この日のチケット収益、及びインターネットを通じた募金は支援団体に集められた後、すべての被害者に届けられるそうだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【モウリーニョ監督がキーパーに!? ロンドン火災支援試合で大立ち回り | ニコニコニュース】の続きを読む


    代表復帰のビジャ、スペイン代表でのプレーは「言葉にするのが難しい」 | ニコニコニュース



    久しぶりに代表のピッチに立ったビジャ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ニューヨーク・シティ所属のスペイン代表FWダビド・ビジャが、スペイン代表として再びピッチに立った感想を語った。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ビジャは2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選のグループG第7節イタリア代表戦に90分から出場した。わずかな出場時間ではあったが、ビジャにとってスペイン代表としての試合出場は2014年6月23日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ最終節オーストラリア戦以来となっており、実に約3年ぶりのスペイン代表でのプレーとなった。

     ビジャはスペイン代表でのプレーについて「とても幸せな気分だ。この気持ちを言葉にするのはとても難しい。ここまで大きな声援を受けてプレーできるのは本当に嬉しいことだ」とコメント。

     続いてビジャは「スペイン代表は素晴らしい試合をしたよ。イタリア代表はグループの中でも最も力のあるチームだし、このような結果になってとても嬉しく思う」と、イタリア代表撃破の喜びを口にした。

     最後にビジャは今後のスペイン代表について「私たちはグループを首位で突破しなければならない。しかし、何が起こるのか分からないということも事実だ。自分たちの力をピッチ上で証明し、勝利を重ねていきたい」と語った。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【代表復帰のビジャ、スペイン代表でのプレーは「言葉にするのが難しい」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ